森長可/wikipediaより引用

織田家

森長可(信長家臣で蘭丸の兄)は戦国無双度最強クラス!愛槍の名は“人間無骨”

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
森長可
をクリックお願いします。

 

ノリノリで越後深くまで攻め込んだ、その時に!

先にも触れた甲州征伐で天正10年(1582年)に武田氏が滅ぶと、長可は海津城に入り信濃の統治をはじめます。

この地域には武田の旧臣もいて一揆が起きたりしますが、これを2日で鎮圧すると土地の有力者から人質を確保。

そして信濃を拠点に越後攻めを始めます。

越後ですから相手は上杉家ですね。

まさしくノリノリの織田家……というところで戦国史最大の事件が起きます!

本能寺の変】です。

すでに越後深くまで進軍していた長可は一転大ピンチ。越後から撤退し、信長の仇を討つと決意します。

ところが、信長の死を知った信濃の国衆は、ここぞとばかりに裏切りまくって、長可は行き場が無くなり、海津城の人質を盾にして木曽方面へ撤退します。

唯一裏切らなかったのが出浦昌相(真田丸で寺島進さんが演じた武将)という人望のなさでした。

それでも日和って終わらないのが人間無骨の恐ろしさです。

木曽義昌による自身の暗殺計画を知ると【ニセの到着予定日を記した書状】を義昌に送り、前日深夜に城門ぶっ壊しで城に乱入!

木曽義昌
木曽義昌(信濃の戦国武将)はもう一人の表裏比興者? 武田を裏切りそして

続きを見る

義昌の息子を盾にして旧領である岐阜・金山まで撤退しました。

なお、旧領とは弟・蘭丸のもので、本能寺の変で亡くなったため長可が領主に。

裏切りの連鎖で周囲は敵だらけになってしまいましたが、各個撃破で攻めまくり、わずか1年弱で周囲の統一に成功しました。

まさに戦マシーン!

 

中入り部隊で家康の本拠地を衝こうとしたら

そんな鬼武蔵にも最期は訪れます。

小牧・長久手の戦い】で豊臣秀吉についた長可は、小牧山の攻略で徳川家康の奇襲を受けズタボロに負けます。

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

むろん、このまま黙っている人間無骨ではありません。

リベンジや!
とばかりに岡崎城攻略の【中入り部隊】に第二陣総大将として参加します。

【中入り部隊】とは、徳川家康の本拠地をつくために派遣された、豊臣の別働隊です。

このとき秀吉と家康は別々のところにいて、秀吉は、留守になっていた岡崎城を攻め取ろうとしたのです。

ところが、です。

家康がこれを察知。

徳川四天王の一人・井伊直政の部隊が急襲すると、両軍はたちまち混戦に陥り、結果、森長可は水野勝成の家臣に眉間を撃ち抜かれて戦死してしまいます(あるいは安藤直次に討ち取られたとも)。

安藤直次(家康の側近)恒興と長可を討ち取った忠義の名将が胸アツ!

続きを見る

あの人間無骨も、銃の前には呆気ないものですね……。

享年27。

小牧・長久手の戦い(豊臣vs徳川の総力戦)複雑な戦況をスッキリ解説

続きを見る

戦場で、身分の低い武者の如く戦っていた長可は、

「まさか大将首じゃないでしょ」

と鼻だけ削がれて捨て置かれ、後に部下が金山へ持ち帰っています。

最後になりましたが……。

いかにも殺戮マシーン&脳筋なキャラに見える長可ですが、必ずしも頭脳がないワケじゃありません。

地元・金山では、塩と魚の専売を認める代わりに税をとるなど、巧みな政策を行っており、要は【性格がヤバめ】の武将だったようです。

戦場で会うはもちろんイヤ!

シゴト仲間としてもイヤ!

ここでは記しきれませんでしたが、他にも、同僚に暴言はいたり、同僚の奉公人を槍で突き殺したり。

それでいて実はバカじゃないってんですから、一歩間違えればサイコパスってやつで、日常ではあまり関わりたくないタイプです(´・ω・`)

つーことで、こんなワル査定にしてみました。

悪人度  ★★★★☆
影響力(権力)★★★☆☆
実は戦国無双度 ★★★★★

あわせて読みたい関連記事

戦国一の狂槍「人間無骨」人の身体は骨無き肉塊【戦国浮世絵ANARCHY 6】

続きを見る

森可成(信長お気に入りの重臣)蘭丸や長可の父はどんな武将だった?

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

長島一向一揆で信長が宗徒2万人を虐殺! 徹底的に潰したのは何故か?

続きを見る

本多忠勝
本多忠勝(徳川四天王)63年の生涯と5つの最強エピソード!年表付

続きを見る

立花宗茂
立花宗茂が戦国最強と称されるのはなぜ? 浪人から大名へ復活を遂げた生涯

続きを見る

安藤直次(家康の側近)恒興と長可を討ち取った忠義の名将が胸アツ!

続きを見る

前田利家(織田家の重臣)血気盛んな槍の又左は加賀百万石をどう築いた?

続きを見る

細川忠興
細川忠興(藤孝の長男で光秀の婿)は文武両道かつキレ体質~83年の生涯まとめ

続きを見る

水野勝成(家康のイトコ)こそ最強武将! 全国を流浪したリアル傾奇者とは

続きを見る

武田勝頼(信玄の四男)風林火山を使えぬ悲劇が武田家の滅亡へ 37年の生涯

続きを見る

木曽義昌
木曽義昌(信濃の戦国武将)はもう一人の表裏比興者? 武田を裏切りそして

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

井伊直政
井伊直政(徳川四天王)武田赤備えを継ぎ「赤鬼」と恐れられた42年の生涯

続きを見る

小牧・長久手の戦い(豊臣vs徳川の総力戦)複雑な戦況をスッキリ解説

続きを見る

イラスト・文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

【編集部より】
アマゾンの戦国本ランキングで1位を獲得した、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』が発売中です!

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典』(→amazon
織田信長家臣人名辞典』(→amazon
森長可/wikipedia
ほか

TOPページへ

 



-織田家
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)