絵・小久ヒロ

織田家

おつやの方(信長の叔母)は絶世の美女にして四度結婚~岩村城の女城主

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
おつやの方(お直の方)
をクリックお願いします。

 

秋山虎繁「おれの妻になれ」

しかし、そこは戦国、1573年 再び秋山虎繁が岩村城侵略を企ててやってきました。

女城主おつやの方は、領民たちと共に長い籠城を覚悟して、攻防します。

信長の援護を待ちながら三ヶ月の間城に立て籠るのです。

その間も信長のもとに使者を送ったり、また敵の情報を得るために乱波を放ったり、城主としての働きは見事だったようです。

しかし、当時の信長は、長島一向一揆などで道を阻まれ、結局岩村への援軍を出すことはできませんでした。

長島一向一揆で信長が宗徒2万人を虐殺! 徹底的に潰したのは何故か?

続きを見る

そのような状況を知った虎繁は、和議を申し入れてきたのですが、その内容は受け入れがたいものでした。

開城すれば五坊丸や領民、城兵の命を守る。

その代わり「虎繁の妻になれ」というものだったのです。

 

二人は以前に顔を合わせていた

敵の武将との結婚はすなわち信長への裏切り行為となり、城も取られることになります。

女城主であるおつやの方は1人悩んだことでしょう。

当時は、開城の条件で城主の首を差し出すのが習わしで、実質はおつやの方が城主であっても、男子である五坊丸の命を差し出すことになります。

可愛い五坊丸の命。

領民や城兵の命を守りたいという母の愛と女性としてのプライド。

その狭間で相当悩んだのではないでしょうか。

しかし、自分だけのプライドより城主として母として、信友との結婚を受け入れたのです。

実は以前、虎繁とおつやの方は顔を合わせています。

織田信長の子・奇妙丸(織田信忠)と武田信玄の子・お松の方の婚姻の使者として岩村城を訪れていたのです。

織田信忠(奇妙丸)信長の跡継ぎってどんな人? 最後は光秀に命を狙われ

続きを見る

信長嫡男と信玄娘の切ない『恋文物語』信忠から松姫へ~信長公記118話

続きを見る

当時はまだ景任の妻として迎え入れたわけですが、虎繁はおつやの方の美しさに、おつやの方は虎繁の精悍な姿に、実はお互いに一目惚れをしていたのではないか?と私は思っています。

信長との決別――それは政略結婚の終わりも意味していたのかもしれません。

しかし、運命は非常な方向へと転がっていくのでした。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)