絵・小久ヒロ

大友家

立花宗茂―戦国最強と讃えられた猛将 浪人から大名へ復活を遂げる

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
立花宗茂
をクリックお願いします。

 

雷を斬る猛将の家へ婿養子に

立花宗茂(統虎=むねとら)は、平安時代の大宰府にまでさかのぼる筑前の岩屋城(福岡県太宰府市)の名門武家・高橋紹運(鎮種)の長男として生まれた。

あるいは豊後国国東郡筧の生まれという説など諸説ある。

高橋紹運は、もともと豊後(大分県)の大名・大友宗麟の重臣であった吉弘氏の出身。大友氏が筑前へと進出するのに合わせて、中国の毛利に通じようとした高橋氏を「乗っ取る」という側面もあった。

高橋から立花となったのは、父の高橋紹運が大友氏の重臣である立花山城(立花城・福岡県福岡市東区)の城督である立花道雪(戸次鑑連=べっきあきつら*)の娘むこに入れたからだ。

城督とは、大友氏や同じく九州を基盤とする戦国大名の大内氏などが九州での地域支配のためにもうけた職で、城の実質的な支配者であり、のちの「城代」に近い。

道雪は、愛刀の千鳥で雷を切った(しかし半身不随に)という逸話で知られる猛将である。
一方の高橋家は弟の直次が継いだ。兄が別の家に養子にでたのは、筑前一国全体の支配を任されていたのが立花道雪だったからだ。

雷切の主・立花道雪の何が凄いのか「勇将の下に弱卒無し」に痺れる憧れる!

続きを見る

嫡男を他家に養子に出すというのはかなり異常な事態である。

背景には、主家・大友氏の衰退があった。豊後(大分県)を本領とする大友氏は、博多の港がある筑前(福岡県)が力の源泉だった。

この重要地点をまかされていたのが道雪の戸次氏と高橋氏。両氏は同僚ながらも別の家であり、大友氏が没落の道を転がる中で、筑前を保つには2つの家を合併して新たに「立花家」を作る必要があったからだと考えられる。

実際、今では「立花道雪」と呼ばれているが、当時の道雪は「立花」を名乗らず「戸次」のまま人生を終えている。

豊後由来の吉弘姓はすでに筑前の名門「高橋」に変わっていたが、同じく豊後由来の戸次を筑前の武家の名前である「立花」へ変えることで、一種の独立大名に近いかたちと力を持つための選択であった。

むろん、この時点では主家の大友氏からの了解は得ていた。
そして、結婚相手と約束されたのが立花誾千代(ぎんちよ)である。

家を移ったとはいえ、義父の立花道雪と実父の高橋紹運が合同作戦で、筑前から筑後へと遠征するなど、両家の関係はより一体化した、非常に近いものとなった。

 

島津の猛攻に耐え10万石の大名に

しかし、天正12年(1584年)、立花道雪は遠征中の筑後で病死してしまう。

娘の誾千代は幼く、もちろん女性であるため、宗茂が代官として立花山の城督となり、今度は実父の高橋紹運とともに大友氏の筑前支配を担う両輪となった。

この頃の九州は、東の大友氏、西の龍造寺氏、南の島津氏の「三国志」状態。その中から島津氏が怒涛の進撃を見せ始めた頃である。天正14年(1586年)7月には、島津氏が筑前まで侵攻してきた。

大友氏は豊臣秀吉に援軍を要請しており、宗茂の立花山城、紹運の守る岩屋城、弟の高橋直次が入った宝満城の3城に立てこもり援軍を待った。

しかし、岩屋城と宝満城は陥落(紹運は自害で弟は降伏)。立花山城に迫った2万とも4万ともいわれる島津軍は、降伏を勧告した。

宗茂はこれをアッサリ拒否。
島津の大軍の猛攻に耐えていると、秀吉軍先方であった毛利氏の九州上陸の報が届き、島津軍は撤退をはじめた。

宗茂が勇名を轟かしたのは、ここでホッと一安心となったのではなく、すぐに追撃に走り、島津方となっていた高鳥居城(若杉城、福岡県篠栗町など)を攻め落としたことであろう。

秀吉はこの武功を高くかい、天正15年6月、小早川隆景の与力として、南筑後(三池郡・山門郡・三潴郡・下妻郡)計10万石を与えている。なお、三池郡は弟・直次領で1万石だった。

宗茂は、山門(やまと)郡の柳川城(福岡県柳川市)を本城とした。
ここに大友氏から独立した一大名となる。

秀吉によって10万石の大名に抜擢されたことから、豊臣への恩が大きく、後の関が原の戦いでも西軍に従軍した。

 

朝鮮出兵で大活躍 猛将の名を轟かす

文禄元年(1592年)文禄の役では、九州勢として、朝鮮に出兵した。

翌年に現ソウル北部の碧蹄館の戦い(へきていかん)でわずかな軍勢で明の大軍を破り、それまで劣勢だった日本軍を立て直す。

この戦いの勇名がのちの「最強」につながっていくのだが……。碧蹄館の戦いはどんな戦いだったのか?

国史大辞典から引用してみよう。

朝鮮宣祖二十六年(一五九三、明の万暦二十一)正月二十七日(日本の文禄二年正月二十六日)、朝鮮の漢城の北方、約十里にある碧蹄館でおこった日明間の戦闘。

同年正月九日、明軍の提督李如松は平壌の戦で小西行長を破り、余勢を駆って漢城めざし南下した。

宇喜多秀家を総大将とする漢城の日本軍は協議のすえ、漢城の外で迎撃する作戦を立て、その場所として碧蹄館を選んだ。

碧蹄館は平壌・義州への宿駅であり、それは南北に長い渓谷をなしていた。

そのため明軍の包囲作戦は不可能であった。

日本軍は小早川隆景・立花宗茂らの鉄炮隊を先鋒としてここに備えを固め、碧蹄館で細長くなった明軍を撃ち破り、李如松は平壌へ逃げた。

この戦いの勝利により、日本軍は軍事的劣勢を挽回し、これを契機に日明間に講和の機運がもちあがった。

かくして秀吉は宗茂を「鎮西一の剛勇」と讃え、「西の立花、東の本多(本多忠勝)」とまとめたという。

まんが戦国ブギウギ 漢が惚れる最強武将 戦場に月輪輝き、敵将兵みな倒るる

続きを見る

 

大津城の戦いと「大津の死骸返し」

慶長五年(1600年)、関ヶ原の戦いでは、前述の通り豊臣恩顧の大名として西軍につく。

関ヶ原(岐阜県)に向かったが、すぐ近くの大津城攻め(滋賀県)に手間取り参戦できなかった。

「もしも、立花宗茂が関ヶ原に間に合ったら西軍が勝っていただろう」

そう言われるのは、大津城が開城したのが奇しくも関ヶ原の戦いと同じ日の9月15日だったからだ。

もしも、大津城の降伏が一日でも早く、西軍最強の立花宗茂ら1万5,000という大軍が関ヶ原に着陣すれば、すでに東軍への裏切りを決めていた松尾山の小早川秀秋も少なくとも動くに動けなかった可能性が高い。

この大津城の戦いを見ていこう。

大津城の京極高次は、もともとは西軍だった。
妻の「初」は、豊臣秀頼の母の淀殿と徳川秀忠の妻の「江(おごう)」と姉妹。いわゆる浅井三姉妹である。

近江の戦国武将・京極高次が「蛍大名」と呼ばれた切ない理由とその生涯

続きを見る

7月に西軍が挙兵すると、西軍に属して、東軍の前田利長に対抗するために北陸方面へ兵2000を供出して出兵した。

しかし、岐阜城が東軍によって落とされると高次は大津城へ戻り、籠城。
東軍には弟の京極高知(たかとも)がいたが、真田氏のように兄弟で東軍と西軍にわかれるという選択はしなかった。

【岐阜城の戦い】信長の孫と恒興の息子が対決した関ヶ原の前哨戦

続きを見る

西軍にとって裏切り者の京極をおとすため、9月12日に立花宗茂をはじめ、毛利元康、毛利秀包、筑紫広門、宗義智ら1万5000が同城を取り囲み攻撃した。

ただでさえ大軍のうえに率いるのが名将・宗茂である。

水に囲まれた鉄壁の大津城も耐えきれず、14日に本丸まで攻め込まれた状態で、西軍は高野山の僧侶・木食上人応其(もくじきしょうにんおうご)を降伏の使者として送った。

降伏を決めた高次は15日朝、近くの名刹・三井寺に行き剃髪し、高野山にのぼった。

ちなみに、この戦いで、宗茂隊は鉄砲を速射する逸話を残している。
足軽たちに縄タスキをかけさせ、その縄目に早合(はやごう・速射用の薬莢)を挟ませ、矢をつがえるよりも素早く鉄砲を打たせたというのだ(『常山紀談』巻14)。

また、同じく常山紀談には、宗茂がとある武士の死体を返してほしいと甲冑の色と共に城内へ伝えたところ、城からすぐその遺体が返され、あわせて「山田三右衛門の首を返してほしい」と頼まれると、宗茂はその首に兜をつけて返したという。

この戦場での「美談」は「大津の死骸返し」と呼ばれたとの逸話が載る。

ともあれ、大津城の開城がもう少し早ければ、もしくは降伏の使者を送らず一気に本丸を落していれば……。

 

秀忠から評価され11万石で復活の奇跡

関ヶ原での西軍大敗を知った宗茂は大坂経由で柳川に戻った。

肥後の東軍・加藤清正や肥前の鍋島氏と戦い、負け戦にもかかわらず奮闘するが、清正の説得を受けて降参。家臣を預けて浪人となる。

しかし、慶長八年(1603年)、再び大名として取り立てられ、陸奥国棚倉(福島県棚倉町)に1万石を与えられた。その後、陸奥と上総に計1万石を加増されてもいる。

この厚遇は、もちろん徳川家康と徳川秀忠が、宗茂の戦上手を評価したからで、大坂の陣には冬と夏の両方を徳川方として参戦している。

冬の陣では大坂城北側の淀川の対岸を任されていた。

もしも南側の真田丸方面に配置されていたら、真田信繁を相手にどんな城攻めを行ったか……。想像するだけで胸アツとなる。

大坂の陣の功績も評価され、元和六年(1620年)、宗茂は再び柳川に戻った。しかも、約11万石という大盤振る舞いである。

柳川の川下り

二代将軍・徳川秀忠はとにかく「マッチョな」強い武将が大好きだったようで、将軍の相伴衆(宴席をともにする将軍のいわば「お友達内閣」)にも登用するほど。

その後、隠居して、弟・高橋直次の子・忠茂を養子として跡を譲ったが、隠居後すぐに起きた島原の乱では、三代将軍徳川家光から命じられ、島原で戦っている。

高齢であってもその武門の誉には期待がかかったのだろう。

寛永19年(1642年)11月25日に死亡。
法名は大円院松隠宗茂である。

文(1ページ目):長月 七紀
文(2ページ目):恵美嘉樹

【参考】
国史大辞典
『人物叢書 立花宗茂(吉川弘文館)』(→amazon
『関ヶ原合戦と大坂の陣(吉川弘文館)』(→amazon
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon
立花家史料館HP
立花宗茂/Wikipedia

【TOP画像】
アニィたかはし

 



-大友家
-

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)