大友家

雷に打たれても死なない戦国武将~ただし脚が不自由になった~道雪さん!

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
道雪の落雷伝説
をクリックお願いします。

 

稀に電撃麻痺が永続することがあり

続いて、道雪の左足の後遺症について考察したいと思います。

なお、私が『雷に打たれた人を診察したことがない』点はご了承ください。

雷が直撃するとまず死にます。

なので、状況からして道雪も側撃であったと推測。雷に打たれて助かった場合、後遺症が残らない場合も多いそうです。

しかし、脳がダメージを受けたり神経が損傷する場合もあるとのこと。

左足の後遺症として考えられるのが電撃麻痺の永続でしょう。

落雷を受けた後、両脚が一時的に麻痺して青白くなり、感覚を失うことがよくあります(雷撃麻痺)。

これは交感神経が不安定になることで起き、通常は数時間で治るものの、稀に症状が永続する場合もあるようです。

馬ちゃん先生的には、この電撃麻痺が原因だと思っております。

 

35歳で雷に撃たれ、57歳で誾千代さんが誕生って!?

他にも「落雷による神経損傷」や「落雷の衝撃で吹っ飛ばされて左足に外傷」、あるいは「鎧などの金属部分まわりの火傷」などが考えられます。

足が不自由になった道雪さんですが、その後も騎馬に乗って戦ったり(しかも強い)、晩年は輿に乗り戦場に出向いていたそうです。ほんと凄い♪

というか、道雪さんが中心だったころの大友家は、九州を制する勢いで、他にも勇猛果敢な名将がおりました。

よろしければ以下の関連記事をご覧ください。

ちなみに道雪さん、35歳の時に雷に打たれたとのことです。

が、57歳の時に娘の誾千代さんが生まれております。

さすがタフな御仁。

真ん中の脚は大丈夫だった様ですね……ナンチャッテ。

あわせて読みたい関連記事

立花道雪
戦国大友家を躍進させた立花道雪の一体何が凄い?勇将の下に弱卒無し

続きを見る

立花宗茂
立花宗茂が戦国最強と称されるのはなぜ? 浪人から大名へ復活を遂げた生涯

続きを見る

立花誾千代
鬼道雪の娘にして最強宗茂の妻・立花誾千代! 戦国一のガチ女城主か

続きを見る

吉弘鑑理(よしひろあきただ)
戦国最強武将の祖父・吉弘鑑理~大友家を躍進させ豊後三老と称えられ

続きを見る

もう一人の九州最強・吉弘統幸(宗茂の従兄弟)が戦国大友家で奮戦!

続きを見る

雷を切る名刀を持った車椅子の戦国武将とは儂のことじゃ!【戦国浮世絵ANARCHY10】

続きを見る

大友宗麟(大友義鎮)
大友宗麟(大友義鎮)は戦国九州の王者か非道の暗君か?58年の生涯まとめ

続きを見る

 

文&イラスト・馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

戦国診察室表紙

戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪

【参考】
雷から身を守るには/気象庁
雷撃傷/MSD
立花道雪/wikipedia
落雷による外傷/メルクマニュアル医学百科
人が雷によって死亡する確率はどのくらい?とっても意外な雷の被害!/Naverまとめ
安心安全情報/イッツコム

TOPページへ

 



-大友家
-