画像はイメージです

諸家

鬼義重こと佐竹義重の生涯!外交上手で政宗も窮地に追い込むが……

更新日:

日本で恐ろしい者の例えといえば「鬼」。
鬼のつく異名を持つ戦国武将は多く存在します。

「井伊の赤鬼」こと井伊直政
「鬼柴田」こと柴田勝家
「鬼武蔵」森長可(ながよし・森蘭丸のお兄さん)。

などなど鬼オールスターズといってもいいほどです。
今回の主役もその一人ですが、武勇だけでなく外交戦略にも長けた万能選手でした。

天文十六年(1547年)2月16日、佐竹義重が誕生しました。

黒田官兵衛と同世代で豊臣秀吉ともちょくちょく関わっていた人です。

しかも佐竹氏は平安時代からの名家(ご先祖様は源義光で武田信玄と同じ)で、ずっと常陸(茨城県)に基盤を置いていた由緒正しいお家です。

北条氏との戦で一度に七人を切り伏せたという逸話から「鬼義重」ともいわれていた人ですが、武勇だけでなく頭脳戦も得意でした。

 

関東の雄・後北条氏とぶつかる一方で

義重は15歳で家督を継いでいます。

父・佐竹義昭が健在の間は実権を握っていたとは言いがたいものの、上杉謙信と結んで小田氏や武茂氏などの関東諸将の城を奪っています。
やはり戦や外交の才能は元々持っていたのでしょう。

やがて関東の大大名・後北条氏ともぶつかることになります。

が、その度に関東や東北の大名と連携するなど、臨機応変に対処。
関東・東北の大名としては比較的早く豊臣秀吉にも接近しており、足元だけでなく上方と連絡を取ることの重要性にも気付いています。
上方対策は、もっと北(山形)にいた最上義光なども上手でしたね。

 

北には政宗、南には氏政で絶体絶命

時代が進み、佐竹氏は二つの困難に直面します。

北からは伊達政宗、南からは北条氏政。
そんな野心家たちのサンドイッチ状態になってしまったのです。

北条氏政/wikipediaより引用

普通の人ならここで泣き言をほざくところですが、鬼と言われるほどの人ですからそんなことはありませんでした。

まず、政宗に対しては東北の事情を鑑みて、伊達家に反感を抱く大名へ連絡を取ります。

すると出るわ出るわ不満の嵐。

まあこれは政宗がとある城で撫で斬り(皆殺し※ただし実際は記録の数ほどではないとの説も)をやってしまったからで、彼にしても【生温い奥州の小競り合い続きにケリをつける】という目的もあったらしい。

しかし東北のほとんどの大名には、傍若無人な政宗の恐ろしさだけが印象付けられ、伊達家への反感が強まっていたのです。

 

あと一歩のところまで伊達家を追い込むも……

これに目をつけた義重は、対伊達家を掲げた大同盟を組んで政宗と対峙し、合戦となります(1585年 人取橋の戦い)。

結論から申しますと、この同盟はうまくいきませんでした。

義重が自国の外へ目を向けている間に、足元の常陸で反乱を企んだ者がいた……と言われています。
よほど恥ずかしい裏事情でもあったのか、記録がハッキリ残っていないので断言できませんがとりあえずこの説で。

さすがの鬼も、自宅が火種になってしまっては退かざるを得ません。
結局、戦ではあと一歩というところまで伊達家を追い詰めたものの、この撤退により形式上の勝者は政宗になってしまいます。
伊達成実の踏ん張りが戦線を保った

後年、徳川家光がこのときの話を所望した際、政宗が上機嫌で喋りまくったのに対して義重は終始しかめっ面だったという逸話がありますので、よほど悔しかったのでしょうね。

まさに「相撲に勝って勝負に負けた」状態ですからむべなるかなというところですが。

イラスト・富永商太

 

今度は自分があわや!のところで小田原征伐始まる

その後も嬉しくないサンドイッチ状態はしばらく続き、あわや佐竹家も滅亡か――というところで義重の根回しが効いてきます。

豊臣秀吉が小田原征伐にやってきたのです。

これを聞きつけた義重は、嫡男の佐竹義宣を連れてさっそく攻め手に参加。
大きな戦功を挙げることこそありませんでしたが、「よしよし、その殊勝な態度はよいぞ。領地を増やして進ぜよう」ということで大幅に加増してもらうことができました。

関東・東北の大名の半数が減封や移封・改易になったことからすると、かなりの勝ち組といえます。

ちなみに遅参した政宗は減封の上移封でした。

おそらく義重は「ザマミロwwwwww」と思っていたでしょうね。
後でひっくり返されるんですけど……。

 

息子の義宣は外交センスゼロ!?

一応カタチとしては小田原征伐の前に隠居し、義宣へ家督を譲渡。
義重の父親と同じく、しばらくは実権を握っていました。

文禄の役(朝鮮の役前半戦)では義宣が兵を率いていますので、名実共に隠居の身になったのは小田原征伐から文禄の役の間のようですね。

しかし縁側で日向ぼっこするような楽隠居はできません。

なぜかというと、息子の義宣には父親の外交センスがちっとも遺伝しなかったからです。

佐竹義宣/wikipediaより引用

顕著に現れたのは、関が原の戦いのときでした。

家康につくか三成につくか。
あるいは一族が分かれてどちらが勝っても家名を残せるようにするか。

多くの大名が工夫する中で、義宣はどっちつかずな態度をとり続けたのです。

律儀な性格だったため、秀吉への恩は捨てがたく家康の権勢にも抗いがたいと思っていたのかもしれません。

さすがにトーチャン義重も見るに見かねて
「息子よハッキリせんかい。たぶん家康のほうがいいぞ」
と口を出しました。

が、親子の意見が一致せず、外から佐竹氏全体を見ると「お前ら何がしたいんだ」といわれても文句の言えない状態になってしまいました。

そして一日で家康が勝ってしまったものだからさぁ大変。

 

54万石→20万石への大減封

義宣は大急ぎで狸親子へお詫びと戦勝のお祝いのため使者を出します。

隠居の身ながら義重も「不肖の息子の気が利きませんで申し訳ない! 改易だけはご勘弁を!!」と嘆願して、どうにか家名を残すことには成功します。

が、当然ながら全くお咎めナシというわけにもいきません。

佐竹氏は54万石から20万石という大減封の上、常陸国(茨城県)から出羽国(秋田県)へと移封の憂き目にあってしまいました。さらに後の【大坂の陣】では今福へ突撃させられ、あまりの激戦ぶりに家老が討ち死にするという散々な目にも遭ってしまいます。

それでも現代まで血筋が続いているのですから、最終的に悪くない結果ではあるんですけどね。

 

秋田に美人を大量に連れてった!?

秋田県知事の佐竹敬久(のりひさ)氏が末裔の一人で、「佐竹のお殿様」と呼ばれることもあるなど今でも名家という扱いをされているようですね。

最近はあの世界最強の大統領に秋田犬を贈り、お返しにサイベリアン(シベリア原産の猫・モッフモフ)をもらったそうです。海外でも戦国武将の末裔って有名なんでしょうか。

ちなみに敬久氏は愛猫家だそうで、贈られたサイベリアンのミール君以外に複数飼っていらっしゃるとか。
しかも、たまに動画をアップしていて、猫好きの方は見てみるといいかもしれません。実にうまやらしい!

義重自身は動物好きだったかどうかわかりません。
が、常陸から移封される際国内の美人をまとめて連れて行った――なんて話もあり、もしかしたら女好きだったのかもしれません。ただの嫌がらせとは思いたくないですし。

秋田美人の源流がこのとき同行した女性たちだともいわれています。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
佐竹義重/wikipedia
佐竹義宣/wikipedia

 



-諸家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.