和歌山駅にある太田左近像

諸家 れきしクン

紀州征伐と太田左近~雑賀衆の意地ここにあり~信長&秀吉に徹底抗戦

こんにちは!
「れきしクン」こと長谷川ヨシテルです。

一般的にはマイナーかもしれないけれど、ある地域ではバツグンの知名度を誇るご当地武将をご紹介している当連載。

9人目は、レペゼン和歌山市の「太田左近おおたさこん」さんです!

今回は戦場となった和歌山県(特に雑賀エリア)のドタバタの戦乱と、織田信長豊臣秀吉による【紀州征伐】とリンクさせて、太田左近さんを追っていこうと思います!

 

紀州征伐で秀吉に水攻めされた太田城

和歌山市の歴史スポットと言えば?

江戸時代御三家・紀州徳川家の居城となった「和歌山城」が有名です。

私は大河ドラマ『真田丸』が始まるタイミングで、真田信繁さなだのぶしげ真田幸村)と父の昌幸の謹慎地となった九度山くどやま(和歌山県九度山町)を訪れたときにあわせて登城してきました。

御橋廊下と水堀と石垣と天守群の組み合わせ。
実に美しかったなぁ。

和歌山城の天守閣と御橋廊下(画像はpixtaより)

和歌山城だけでも大満足でしたが、私にはもう1つ行きたい場所がありました。
それが同じ和歌山市内にある「太田城」です!

嗚呼……私が【豊臣秀吉vs太田城】のことを知ったのはいつだったでしょうか……。

おそらく『信長の野望 革新』をプレイしていた20代前半だと思うのですが、その頃からいつか行こう、絶対行こう!と決めていた太田城。ここは秀吉が“水攻め”をしたレアなお城だったのです。

秀吉が水攻めをしたお城といえば―――

天正10年(1582年)

本能寺の変】前後の「備中高松城びっちゅうたかまつじょう」(岡山県岡山市)

天正12年(1584年)

小牧・長久手の戦い】における「竹ヶ鼻城たけがはなじょう」(岐阜県羽島市)

天正18年(1590年)

小田原征伐】での「忍城おしじょう』(埼玉県行田市)※総大将は石田三成

そして、もう1つ!
それが……。

天正13年(1585年)

【第二次紀州征伐】における「太田城」

だったんですね。

太田城石碑(来迎寺)

味方の被害を最小限にとどめるため、水攻めを選択したとされる秀吉。

太田城の場合は、いかなる流れでそうなったのか?
まずは同エリアの歴史を振り返りながら見て参りましょう。

和歌山県、実はめちゃくちゃアツい土地なんです!

 

太田左近さん ゲームでの数値は低いけど……

戦国時代の紀州(和歌山県)というと、やっぱりキャラの濃いアノ地侍集団がですよね。
そう! 雑賀衆さいかしゅうです!

鉄砲をいち早く戦闘に大量使用した傭兵集団だったとされ、織田信長と10年戦争(石山合戦)を繰り広げた石山本願寺(後に「大坂城」が築かれる)にも援軍として駆け付け、織田軍を大いに苦しめました。

その頭領だったとされる「雑賀孫一」(鈴木孫一・鈴木重秀しげひでとも)は、司馬遼太郎さんの『尻啖しりくらえ孫一』(→amazon Kindle)でも描かれたりして、現在は様々な戦国ゲームにも登場するなど、メジャーな戦国武将となっております。

私も『信長の野望 革新』では、非常にお世話になりました。

だって、めちゃくちゃ強いんですもん。
能力は次のような感じ。

雑賀孫一『信長の野望』データ

統率91
武勇94
知略82
政治28

政治が低いのは置いておきまして(笑)、特筆すべきはやはり戦闘能力でしょう。実に高い!

それに対する、今回の主人公・太田左近(実名は宗正むねまさ)さんの能力は?

太田左近『信長の野望』データ

統率68
武勇55
知略42
政治38

よ、弱い……。
おまけに顔グラフィックも雑賀孫一に比べてチョー地味…。

しかし、しかしですよ!
アノ飛ぶ鳥を落とす勢いで天下人ロードを突っ走っていた豊臣秀吉が攻めあぐねた結果、水攻めをしているわけですから、能力値や知名度はさておき放っておけるわけがありません。

たとえ数値は低くても太田左近さんだって雑賀衆の1人とされる人物です。彼らは非常に謎多き集団なのですが、それは土地の成り立ちから見ていくとわかりやすいかもしれません。

太田さんの出自でもある雑賀衆とは、雑賀とは?

 

雑賀衆vs雑賀衆!第一次紀州征伐

「雑賀」とは、現在の和歌山市全域と海南市の一部を合わせた地名のことです。

つまり雑賀衆というのは、雑賀に住む人々の集団(一揆)を指すんですね。もっと端的&現代風に言えば「和歌山市民」です(笑)。

この雑賀という地域は5つの「そう」と呼ばれるブロックで形成されていました。

【紀ノ川の河口部】

十ヶ郷じっかごう
雑賀荘さいかのしょう

雑賀荘には本願寺の別院である雑賀御坊ごぼう(現在の鷺森さぎのもり別院)や雑賀孫一の平井城や雑賀城がありました。

【内陸部】

中郷なかごう
宮郷みやごう
南郷なんごう

今回のクライマックスである太田城は宮郷(「社家郷」とも)にありました。

雑賀衆というと、先ほど触れたように―――
「一向宗が一枚岩で一致団結! 石山本願寺と共に信長と戦った!」
とまとめられてしまうこともありますが、実はそれは間違いです。

確かに一向宗(浄土真宗)は数が多いですが、それは河口部(十ヶ郷&雑賀荘)の方々で、内陸部(中郷&宮郷&南郷)では根来寺ねごろじ(和歌山県岩出いわで市)を中心とする「新義真言宗」(真言宗の一派)を信仰する方々が主流派だったようです。

根来寺大伝法堂/photo by 663highland wikipediaより引用

そのため、合戦においては一枚岩になるとは限らず、天正5年(1577年)の織田信長【第一次紀州征伐】では分裂しています。

河口部の雑賀孫一たちが鉄砲戦術やゲリラ戦法などを駆使して織田軍を散々に苦しめたのに対し、内陸部の太田左近さんたちはなんと織田信長に味方しているのです。

そのため、雑賀孫一ら“海の雑賀衆”は信長と和睦を結んだ後、裏切った報復として“陸の雑賀衆”でリーダー的な存在となっていた太田左近さんの太田城を攻撃。
これが天正6年(1578年)に起きた【第一次太田城の戦い】と呼ばれる合戦です。

アツいですね。

なんせ
【太田左近さん vs 雑賀孫一】
という鉄砲の達人たちによる身内争いですからね。

陸の太田左近さん軍には、根来衆(根来寺の辺りに住んでる僧兵たち)が援軍として駆けつけました。

そしてこの攻城戦は、城を包囲した雑賀孫一が優位に戦いを進めました。

しかし、堅城の誉れ高い太田城に籠城する太田左近さんもしぶとく、戦いは約1ヶ月にも及びます。攻めあぐねた海の雑賀衆は鍬を使って堀を崩そうともしたそうですが、結局、こう着状態が続き、最終的には和睦が結ばれノーサイド。

和議ではあったのですが、太田左近さんは本願寺に謝罪をすることとなり、今後は海の雑賀衆と一致団結して戦う旨を伝えて許しを得ています。

まぁ、太田左近さんは事実上の敗戦と言えるかもしれません。

 

石山本願寺 ついに信長に屈する

それから2年後の天正8年(1580年)。
太田左近さんが詫びを入れた石山本願寺も、ついに信長と和睦に至りました。

こちらは言ってしまえば降伏です。本願寺の法主ほっしゅ(教団の最高指導者)・顕如けんにょは石山本願寺を去り、信者が多かった雑賀の地を頼って雑賀御坊へ。

貝塚かいづか御坊(大阪府貝塚市)に移るまでの約3年間、ここを本拠地としました。

本願寺鷺森別院/photo by ブレイズマン wikipediaより引用

一向宗の総本山である本願寺が信長に降伏したことで、太田左近さんら雑賀衆も信長に従うことになりました。

雑賀衆の中でも一番メジャーな雑賀孫一は「信長と敵対し続けた!」と思われがちですが、孫一もこの時から信長と急接近。織田家の忠臣となっています。

ところが、です。雑賀衆の中ではアンチ信長の勢力も当然残っていました。

その代表が土橋守重つちばしもりしげという人物。娘が雑賀孫一に嫁いだという説もあり、雑賀孫一の義父ともされるお方です。つまり身内同士で方針が大きく変わってしまっている。

と、雑賀孫市は天正10年(1582年)1月23日、刺客を送り込んで義父・土橋守重を殺害! アンチ信長勢力を粛清しました。雑賀衆は内部が結構ドロドロですね……。

ところがです。
皆さんご承知の通り、1582年6月2日に【本能寺の変】が勃発!

明智光秀に攻められた信長は敗死し、後ろ盾を失った雑賀孫一は、アンチ信長勢力から反撃を受けて失踪。歴史の表舞台から一時的に姿を消します。

その後は、秀吉の家臣となって【小牧・長久手の戦い】などにも従軍したと言われていますが、詳しいことは分かりません。
物語では“権力者に従わないあっけらかんな傾奇者かぶきもの”として描かれる雑賀孫一ですが、実情はやはり戦国生き残りをかけたイチ国衆だったのかもしれません。

ちなみに、雑賀孫一の息子とされる「鈴木重朝しげとも」(雑賀孫一と同一人物説もあるなど出自の詳細は不明)も秀吉の家臣として【小田原征伐】や【朝鮮出兵】に従軍したとされます。
【関ヶ原の戦い】の前哨戦である【伏見城の戦い】では西軍につき、徳川家康の幼馴染的な忠臣・鳥居元忠を討ち取る功績を挙げました。

伏見城の戦い 20倍の兵力相手に炸裂した三河武士の意地と忠義がパネェ!

続きを見る

戦後は西軍に味方したため浪人となったものの、しばらくして伊達政宗の家臣に。
その後は徳川頼房よりふさ(水戸徳川家の初代・徳川光圀みつくにの父)の旗本となり、末裔は代々、水戸徳川家の家臣となっています。

 

岸和田合戦~秀吉には屈しない!

話を本能寺の変に戻しまして……。

信長の死をキッカケにアンチ信長勢力が主導権を握った雑賀衆。その後は、海と陸、さらには根来衆との間に協力システムが築かれることとなりました。

リーダー的な存在だったのは土橋重治つちばししげはるというお方。この人物は暗殺された土橋守重の弟です。

「あれ? どっかで見た名前だな……」と思われる戦国ファンの方もいらっしゃるかもしれません。

そうです、この土橋守重という人物は、明智光秀が【本能寺の変】後に協力をしてもらおうと書状を送った相手として、歴史の書物等々で名前がちょこちょこ出てくる雑賀衆の筆頭です。
今年の大河ドラマでも登場するかもしれませんね。

太田左近さんをはじめとする雑賀衆が明智光秀と連携を取ろうとしたかは不明ですが、これまたご存知の通り明智光秀は【山崎の戦い】で秀吉に敗れて、敗走中に死去。時代は秀吉に傾き始めます。

山崎の戦いでナゼ光秀は秀吉に負けたのか? 本能寺からの流れで考察

続きを見る

雑賀衆は、この時勢に大胆にも逆らいます!

天正12年(1584年)、元旦のこと。雑賀衆や根来衆の連合軍は紀州を北上して、なんと秀吉方の岸和田城(大阪府岸和田市)に朝駆けを仕掛けたのです。

天下まっしぐらの秀吉に、まさかの先制攻撃!

岸和田城(photo ACより)

雑賀衆による渾身の城攻め――。

しかし、その相手も秀吉と共に修羅場をくぐってきた強者です。

豊臣政権の重臣で、岸和田城主の中村一氏なかむらかずうじは、この奇襲を防ぐと、1月3日、逆に雑賀衆へ攻撃を仕掛け、両軍は16日に激突します。
結果、雑賀衆たちは敗れ、紀州に戻りました。

これに怒った秀吉の紀州征伐が始まる……かと思ったら、そうではありませんでした。
3月に入ると、雑賀衆たちは再び秀吉の隙を突いて挙兵します。

実はこの時、秀吉は織田信雄おだのぶかつ(信長の次男)と徳川家康を相手にした合戦【小牧・長久手の戦い】に出陣しなくてはならない状況だったのです。

家康らと連携を計っていたという雑賀衆は、このタイミングで軍勢を2つに分け、水陸から襲撃。
1つの部隊は2ヶ月前と同じ岸和田城を攻め、もう1つの軍勢が攻め込んだのはなんと摂津国の大坂城でした! 超大胆!

大坂城(pixtaより)

大坂城はまだ築城中ということもあって防御力は低く、城下は雑賀衆たちによって焼き払われたといいます。
雑賀衆、どんだけ秀吉が嫌いなのよ!

かように大坂城を脅かした雑賀衆たちですが、結局は多勢の中村一氏に追い払われ、紀州へ撤退を余儀なくされます。

明確な記録は残されていないものの、太田左近さんも雑賀衆の大将クラスですので、これに参戦していた可能性はあるでしょう。
いやはや、雑賀衆の放胆さを物語る合戦ですね。

なお、この岸和田城を巡る一連の戦いは【岸和田合戦】と呼ばれています。

 

ついに勃発……第二次紀州征伐

秀吉ではなく家康&織田信雄に味方する道を選んだ雑賀衆。

しかし、戦略巧みな秀吉は織田信雄と和睦を結んで合戦を終結させ、結果的に家康も配下に加えることに成功し、雑賀衆の同盟相手を次々にサレンダーさせていきました。

小牧・長久手の戦い 豊臣と徳川の複雑な戦線&戦況がバッチリわかる!

続きを見る

残されてしまった雑賀衆……。ヤバくないわけがありません……。

「あの雑賀衆め!絶対に許さん!!」

秀吉がそう言ったかどうかは知りませんが、事あるごとに北上して攻撃を仕掛けてくる雑賀衆ら紀州の軍勢は、秀吉の次なる討伐のターゲットとなってしまいます。

さぁ、お待たせしました…。
こうして、太田左近さんがその名を残すことになる天正13年(1585年)【第二次紀州征伐】が始まったのです!

3月20日に豊臣秀次とよとみひでつぐ(秀吉の甥)が先陣として3万の軍勢で出陣。翌21日には秀吉が10万以上という大軍で出陣し、岸和田城へ入城しました。

そして、岸和田城の南に築かれた雑賀衆たちの支城群へ攻撃を仕掛け始めます。

主な支城は5つ。
現在の貝塚市の近木川こぎがわ沿いに、北から

畠中城はたけなかじょう

沢城さわじょう

積善寺城しゃくぜんじじょう

高井城たかいじょう

千石堀城せんごくぼりじょう

と連なって築かれていました。

岸和田城(左下)と右側の近木川に連なって築かれた支城郡(この地図では南が上になります)/wikipediaより引用

 

大爆発! 千石堀城の戦い

5つの支城郡の中で最も激戦となったのが千石堀城でした。

秀吉が岸和田城に入城した3月21日の夕方から豊臣秀次が大将となってさっそく攻撃が開始。

攻め手の武将には“名人久太郎”と称された元信長の側近・堀秀政ほりひでまさや、“洞ヶ峠を決め込む”という慣用句の由来となった筒井順慶つついじゅんけい(かつては明智光秀の与力大名・大河キーマンの1人?)などもいます。それに対し……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-諸家, れきしクン

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.