諸家

戦国大名はどうやって戦国大名になった? 18武家の成り立ちを見てみよう!

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
守護大名と戦国大名
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

今川氏

足利氏の三代目・義氏の孫である国氏。

その父・長氏より三河国幡豆郡今川荘を与えられ、今川氏を名乗ったのが始まりです。

今川国氏の孫である今川範国が南北朝時代足利尊氏について戦功を立て、遠江・駿河両国の守護に任じられ、東海道の要という立場を確立します。

また、範国の次男・今川貞世は、侍所頭人や九州探題などの要職も経験するのでした。

さすがは将軍家に連なる名門ですね。

今川氏は、特に大きな問題もなく家が続き、九代・今川氏親のときには斯波氏から遠江を奪って勢力を拡大します。

しかし、氏親の長男だった今川氏輝が早くに亡くなったため、次男の今川義元がお家騒動の末に家督を継承。

あの【桶狭間の戦い】で織田信長に敗れ、義元の息子・今川氏真の代になると、戦国大名としての今川家は滅亡しました。その後は徳川家康に庇護され、子孫は江戸時代まで続いています。

「名を捨てて実を取った」

そう考えれば、氏真も暗愚とはいえない気がします。戦や外交、統治に向いていなかったのは、もう否定しようがありませんが。

今川義元「海道一の弓取り」の実力はダテじゃない!42年の生き様を見よ

続きを見る

今川氏真は愚将か名将か~敵だった家康や信長と友好的に振る舞えるのはなぜ?

続きを見る

 

細川氏

足利氏の祖・足利義康の長男である足利義清。

さらにその孫である義季が、三河国の額田郡細川郷(愛知県岡崎市)に移ったことから細川氏を名乗りました。

鎌倉時代末期には、足利義季の曾孫の代で和氏・頼春・師氏兄弟と、顕氏・定禅・皇海兄弟が、足利尊氏に従って軍功を挙げ、多くの国の守護職や重職を得ています。

正平七年(1352年)には細川頼春が戦死。

さらには足利顕氏が病死したのち、頭角を現わしたのが細川和氏の嫡子・細川清氏でした。

清氏は二代将軍・足利義詮の代で戦功も挙げたのですが、増長しすぎて義詮に疎まれ、南朝方へ帰順(という名の家出)をしてしまいます。

その後、清氏は頼春の嫡子であるイトコ・細川頼之と讃岐で戦い、敗死しました。

頼之はこれまでの戦功と清氏討伐の戦果により、義詮の遺言によって室町幕府管領の職を与えられます。

そのため、頼之は幼い三代将軍・義満を守り立てながらも出過ぎることはしませんでした。一時は政争に敗れて中央から四国へ引っ込みますが、やがて復帰していますしね。

頼之には自分の子供がいなかったため、弟・頼元を養子として家を継がせました。

この時点で細川氏は【摂津・丹波・讃岐・土佐】四ヵ国の守護を世襲する大きな家になっています。

嫡流である【京兆家】

庶流である【阿波守護家・備中守護家・淡路守護家・和泉半国守護二家】

など、藤原氏にタメを張りそうなくらいの規模。

細川氏は子だくさんな人と子供に恵まれなかった人の差が激しいのですが、やっぱり前者のほうが多かったみたいですね。

しかし、応仁の乱で東軍の総大将だった細川勝元の息子・細川政元が【空を飛びたい】がために、清い身を保ったことで家が真っ二つに割れ、細川氏全体の力がガタ落ちしてしまいます。

その中で、和泉半国守護の家系である細川藤孝(幽斎)・細川忠興親子が巧みな処世術と実力で織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の時代を生き残り、江戸時代を生き抜いて今に至るわけです。

政元が普通に子供を作っていたら、日本人の中で細川家の血が流れている人の割合が高くなっていたかもしれません。

細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友!しかし本能寺後は……

続きを見る

細川忠興
細川忠興(藤孝の長男で光秀の婿)は文武両道かつキレ体質~83年の生涯まとめ

続きを見る

戦国時代を招いた当事者の一人・細川勝元から見た『応仁の乱』とは?

続きを見る

延暦寺を焼いたもう一人の戦国武将・細川政元~ホンキで空飛ぶ修行をしていた!?

続きを見る

 

武田氏

言わずと知れた武田信玄の武田氏。

その祖はいかなる経緯で甲斐に根を張ったのか?

河内源氏二代目・源頼義の孫であり、源頼光の子である源義清。

その義清が、常陸国吉田郡武田郷(茨城県勝田市)に定着して「武田冠者」と名乗ったことから武田氏となりました。

常陸を追われて甲斐に落ち着いてから、武田氏の歴史が本格的に始まります。

初代は武田信義。

【甲斐武田氏の初代】であり、源義光からの【甲斐源氏で考えると4代目】になりますね。

その信義は十二世紀末、治承・寿永の乱(源平合戦)で源頼朝につき、遠江守に任じられました。

親戚には信濃守・小笠原長清がおり、全体として甲斐源氏が鎌倉からの北西守備を請け負うようなポジションになります。

しかし、頼朝自身が、武田氏を含む甲斐源氏の勢力拡大を危惧し、彼らを冷遇し始めます。

信義は養和元年(1181年)に、「後白河法皇が頼朝追討使に任じた」という風聞が立っていたので仕方ない面もありますが……。

このときは起請文(「神に誓って悪いことはしてません」という内容の書状)を出して何とかなりますが、その後、信義の息子・武田忠頼が暗殺されたり、頼朝に兵を出されたりして散々な扱いを受けています。

頼朝さんも、この時点で、まだ平氏が片付いてないんですよ。

なのに、身内を疑ってどうする(´・ω・`)

信義の子・武田信光は頼朝に信頼されており、安芸の守護も兼任。

以降の子孫たちは甲斐守護と安芸守護を世襲し、また、甲斐の荘園における地頭職も、武田氏が多数を占めるようになりました。

信玄の時代も、甲斐国内の至るところに親類が根ざしています。

武田信義/wikipediaより引用

信光の子・武田信政以降の四代については記録が乏しく、働きぶりがよくわかっていません。

信光が【承久の乱(承久三年=1221年)】のしばらく後まで当主をやっていたので、それ以降の代は鎌倉での政争に巻き込まれずに済んだものと思われます。

他の鎌倉幕府重鎮が、北条氏に粛清されまくった事を考えれば、「手紙がないのは元気な証拠」ならぬ「記録がないのは平穏な証拠」といえなくもない……ですかね。

鎌倉時代末期~南北朝時代の当主・武田信武は足利尊氏に従って活躍し、あらためて甲斐と安芸の守護に任じられました。

このため、彼は【武田中興の祖】とされています。

信武の長男・武田信成は、父の転戦中に甲斐の守護代として留守を守り、次男の武田氏信は安芸国守護を継承、【安芸武田氏】の祖となりました。

源氏にしては珍しく兄弟間で平和に役職が分担されてますね。

※なお、この安芸武田氏から若狭武田氏(初代は武田信栄)も始まっております

若狭の戦国武将・武田義統は光秀の伯父?若狭武田氏と甲斐武田氏の関係は?

続きを見る

地勢上、鎌倉幕府とも室町幕府とも物理・心理両方の面で密接ではなかった武田氏ですが、応永二十三年(1416年)に起きた【上杉禅秀の乱】から少し情勢が変わってきます。

ときの当主・信満が禅秀(氏憲)の妻の兄であったことから、鎌倉府内の政権抗争に巻き込まれてしまったのです。

武田は禅秀方につき、すぐさま鎌倉公方・足利持氏に敗れて本国の甲斐まで攻め込まれ、武田信満は山梨郡の木賊山(とくさやま・現在は天目山・東山梨郡大和村)で自害しました。

その後、信満の弟、および長男・武田信重は、反武田氏を掲げる勢力に押され、近畿や高野山まで流れていきます。

一時期、甲斐を離れていたんですね。

やっと地元に戻れたのは、室町幕府六代将軍・足利義教の庇護があったから。

将軍の引き立てがなければ、甲斐武田氏はそのまま歴史に埋もれていたかもしれません。そうなれば信玄も生まれていなかった可能性が……。

武田信重の子・武田信守は早くに亡くなり、その子・武田信昌が九歳で家督をつぐと、跡部景家が守護代として専横を働きました。

信昌は、成人するのを待ち、寛正六年(1465年)に跡部一族を滅ぼして権利を回復。

しかしその信昌も、明応元年(1492年)に隠居して家督を長男・武田信縄に譲ったにもかかわらず政治に口を出しまくり、次男・信恵をえこひいきしたために兄弟間で争いが勃発してしまいます。トーチャン勘弁して!

影響は小さくなく、甲斐の国人層も真っ二つに分かれてしまい、国内は荒れ放題になるのでした。

結局、信昌が永正二年(1505年)に没すると、信縄もその二年後に亡くなり、信縄の長男・武田信虎が十四歳で家督を継ぎます。

信虎とは、信玄のトーチャン。ご存じの方も多いかもしれません。

このあたりから今川氏や後北条氏に介入されたり一戦交えたりが常態化し、信玄や勝頼の時代に続くわけです。

その後の話は有名ですし、大河ドラマでも何回もやってますので、今回は割愛しておきます。

よろしければ以下の別記事をご参照ください。

武田信虎は暴君なんかじゃない! 信玄飛躍の土台を築き 追放された悲哀の将

続きを見る

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

武田義信(信玄の嫡男)はなぜ自害へ追い込まれたか?儚い30年の生涯

続きを見る

武田勝頼(信玄の四男)風林火山を使えぬ悲劇が武田家の滅亡へ 37年の生涯

続きを見る

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-諸家
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)