木曽川と犬山城

信長公記

木曽川畔に築いた伊木山砦~戦国初心者にも超わかる『信長公記』第45話

更新日:

主に身内の妨害を退けつつ、合戦の準備を重ねてきた織田信長
いよいよ美濃侵攻を始めます。

と言っても、いきなり大本命の稲葉山城(後の岐阜城)へ攻めることはできません。

手前に築かれた斎藤家を守る小さな城々。
それを攻略せねばなりませんでした。

 

最初の難所は木曽川

当時の信長の勢力圏から美濃へ行こうとすると、まず二つの障害がありました。

ひとつは木曽川です。

現代の地理の授業やニュースでも話題になりますが、木曽川を含めた「木曽三川」は、古来から水害を多く起こしてきました。
ある程度落ち着くのは、信長死後に起きた天正十四年(1586年)の大洪水の後のことです。

当然ながら、信長が美濃へ攻め込もうとしていた時期はこれより前なので、うまく水量を見極めて渡河しなければなりません。

信長公記』にはこの時点での渡河に関するトラブルなどの記述がないので、ここはうまく行ったと思われます。
若い頃から領内を馬で駆け回っていた信長のことですから、季節や天気と川の水位の関係なども、おそらく頭に入れて動いていたのでしょう。

 

伊木山で宇留摩城にプレッシャーを

そしてもうひとつの障害が、木曽川近隣にあった斎藤氏方の城です。

前回でも触れた、宇留摩城(うるまじょう・鵜沼城とも)と猿啄城(さるばみじょう)です。

早い段階で内応を申し出てきた加治田城と違い、この二つの城は信長と戦う姿勢を明らかにしていました。
とはいえ、最終目標が堅牢で知られる稲葉山城なのですから、手前の小さな城に兵力や時間を割いてはいられません。

そこで信長は、ここでも敵の精神を攻撃する手段に出ました。

宇留摩城から3kmほど西にある伊木山という山に布陣し、堅固な砦を築いたのです。

地図で見ますと、
・赤色(上)→猿啄城跡
・赤色(下)→宇留摩城(鵜沼城)
・黄色(上)→伊木山
・黄色(下)→小牧山城
となります。

拡大していただけるとよくわかりますが、伊木山から宇留摩城(鵜沼城)に対する圧がかなりのものだとご理解いただけるでしょう。

 

最終的に水源を断ち両城を攻略

本連載の42話でも同様のケースがありましたね。

信長が小牧山城に移転したことにより、そこから見下されることになった於久地城(おぐちじょう・小口城)が、織田方のプレッシャーに耐えられず自ら開城した……というものです。

小牧山城移転に見る信長の知恵~戦国初心者にも超わかる『信長公記』第42話

信 ...

続きを見る

宇留摩城も同様の状態になったため、城主・大沢基康(次郎左衛門)はあっさり城を明け渡しました。
もしかすると、日頃から斎藤氏にうんざりしていて、このことを口実にしただけかもしれません。

基康は身長2m以上で怪力の大男だったという話もあるので、臆病風に吹かれたというよりは、見限る口実にしたというほうが納得できそうです。

猿啄城のほうは、伊木山からもう少し離れていることもあって、抵抗の姿勢を続けていました。

……が、丹羽長秀の隊が猿啄城の水源を絶ったことにより、やはり信長に降参しています。

丹羽長秀/wikipediaより引用

現代人にとって、信長にはまだ荒っぽいイメージが強いですが、於久地城・宇留摩城・猿啄城攻略のように、戦以外の策略で解決することもありました。

これも意外な一面といえるかもしれませんね。

長月 七紀・記

※信長の生涯を一気にお読みになりたい方は以下のリンク先をご覧ください。

織田信長49年の生涯をスッキリ解説!生誕から本能寺の死まで【年表付】

織 ...

続きを見る

なお、信長公記をはじめから読みたい方は以下のリンク先へ。

信長公記

大河ドラマ『麒麟がくる』に関連する武将たちの記事は、以下のリンク先から検索できますので、よろしければご覧ください。

麒麟がくるキャスト最新一覧!武将人物伝&合戦イベント解説付き【常時更新】

本 ...

続きを見る

【参考】
国史大辞典
『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon link
『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon link
『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon link
『信長と消えた家臣たち』(→amazon link
『織田信長家臣人名辞典』(→amazon link
『戦国武将合戦事典』(→amazon link

 



-信長公記

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.