高天神城は命を喰らう超絶肉食系!信玄すら諦めた道を実際に歩いてみよう!

更新日:

城(城址)を愛して早30年。

「石を見て何が楽しいの?」
なんて身内や友人に揶揄されながら、それでも懲りずに西へ東へ足を運ぶ皆さまに負けじとご報告させていただきます。

今回は、静岡県掛川市の【高天神城】へ!

 

信長の野望でも奪い合いになる要衝・高天神城

掛川といえば司馬遼太郎大先生の「功名が辻」の掛川城があります。

が、掛川城より歴史的にもマニア的にもガチなのが、こちらの高天神城。
以下の写真は、城の北側より撮影しました。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン2-1

道路上の案内板通りに向かうと、こちらに誘導されてしまいますが、こちらは城の北側、城の裏門とでもいうべき搦め手側です。

のどかな景色に惑わされてはなりませんぞ。
既に高天神城との謀略戦は始まってます!

ということでマニアは、あえて大手門のある南側を目指します。
高天神城への行き先を示す大きな案内板(トラップ)をやり過ごしてしばらくすると追手門の場所を示す小さな案内板が見えてきますので見落とさないようにしましょう。

地図を見てみましょう。

これだけ見ると
「お城野郎さん、登山っすか?」
という素っ頓狂な声が聞こえてきます。

えぇ、もう山なんですよ。

しかし……。
ちょっと南に行けば太平洋。
ちょっと北東に向かうと駿河の国、
ちょっと西に向かうと浜松。
北を仰げば南アルプスです。

もうお分かりでしょう。
ここは信州・東海地方における【THE 交通の要衝】なり!
だからこそ城があるのです。

ここ高天神城は今川、徳川、武田がガチで激しく奪い合いました。
『信長の野望』でも奪い合いになる城なのです。

 

登山自体は割とイージーモード

城の入り口に掲げられたこの想像図もガチです。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン2-2

「おいおい。ネットの情報では簡単に登れますって書いてあったのはガセかよ」
と思わせる気合いの入った想像図ですよね。

山肌見える荒涼感が凄まじい。

途中、落ち武者の霊に谷底へ突き落とされそうな怖さすら漂っています。

が、ご安心を♪
高天神城は、この手の城の中では登山自体は割と初心者向きで簡単に登れます。

世の中には荒れ放題の雑草で急に道が消えてしまう城とか(末森城)、急に道が崖になってつかまれと言わんばかりにロープが無造作に垂れ下がっているような城とか(戸石城)、クレイジーな城がたくさんあります。

それに比べればイージーイージー!

 

道は本当によく整備されている

ということで入ります。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン2-3

訪れた時期も良かったのでしょうが、太平洋側の城は日当りもよく悲壮感が漂っていないのが特徴ですね。

「高天神城の戦い」では人がいっぱい死んでいますけどね(;´Д`)

ちなみに「追手門」と「大手門」は同じ意味で城の表玄関です。

読みも同じ「おおてもん」です。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン2-4

遠江を代表する有名な城の一つなので、道は本当によく整備されています。

なんとトイレまで完備。
その辺でしちゃった方が早いと思いますが。

 

城の東側 三の丸からの眺めは絶景だけに

まずは城の東側を守る三の丸へ向かいます。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン2-5

三の丸には休憩所が完備。

ガチな城だからと言って、ここでツッコミを入れるのをためらってはいけません。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン2-6

「せっかくの城跡に関係ないものを作るな!」というツッコミではありません。

「城に入って10分経たないのにもう休憩所かよ!」というツッコミです。

とはいえ城の東側に突出した三の丸からの眺めは最高♪

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン2-7

地平線の先がもう海です。かすかに遠州灘の水平線も見えますね。

ここ高天神城は今川家によって支配され、今川義元亡き後に独立した徳川家康が奪います。

が、そこに南アルプスを越えてあの御方がやってきます。
そうです。
武田信玄です。

ともなれば、壮絶な合戦が起きて、両軍、さぞかし多くの方が亡くなられたのでしょう……と思いきや違うんですね。

信玄は、この高天神城の様子を見て『やべぇ、こいつはガチだ……』と一瞬で判断。
こんな城に構っていると時間も兵士も俺様の寿命も足りないわ、とスルーして浜松方面に向かって行くのです。

さすが老練。見極め早し。

 

戦国サバイバルのプロ 小笠原与八郎と記念撮影♪

先は長いのでどんどん進みましょう。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン2-8

ところでトイレはどこだ!?

本丸の手前「御前曲輪」まで来ました。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン2-9

高天神城は古くは平安時代から修験者の修行場だったという神域です。
その辺でしちゃった方が早いと思わず失言してしまいましたが、本当にしちゃったらバチが当たりますね。

その神域を勝手に城に造り替えて、殺し合いをしていた戦国時代の人たちも相当なバチ当たりですが(笑)。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン2-10

この写真。
武田信玄のように華麗にスルーしようと思いましたが、ムリでした。

遠州灘をバックに「小笠原与八郎長忠」と「その妻」になろう!というハイパーローカルなアトラクション。

小笠原与八郎は地元出身で、高天神城城主にして今川→徳川→武田と目まぐるしく変わる領主にその都度降服して臣従してきたという戦国サバイバルのプロであります。

しかし最後に武田に付くという痛恨のミスを犯し、歴史の彼方へと消えて行きました。
こういうご当地武将に出会えるのもお城巡りの楽しみの一つですね。

 

本丸 なんだかフツーの公園の雰囲気です

いよいよお待ちかねの本丸です!

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン2-11

何ということでしょう。
もはや公園の雰囲気しかありません(笑)。

武田信玄はあっさりスルーして行きましたが、信玄死後に跡を継いだ武田勝頼は、自軍の死傷者を多数出しながらもこの高天神城を力づくで徳川から奪取しました。

「どうだ親父!俺は遂にやったよ!」

勝頼がそんな風にドヤ顔で遠州灘を見ていたのかなぁ……と思うと何となく微笑ましい気持ちになりますが、大量の死傷者を出していて、もしも自分が家臣だったら、そんな気分になれないかもしれません。

喜ぶよりもむしろ
『おいおい。やり過ぎだろ。てか、武田家の戦線、どんだけ伸ばすんだよ!』
と文句を言いいたくても口を開けない家臣たちの姿がチラついてしかたありません。

実際、この城の後詰め(救出)に行けなかったことが、武田崩壊の契機になったという見方もありますしね。

ただし、そうした負の妄想を働かせない限りは、結構のどかです。

本丸の公園っぽさといい、御前曲輪のご当地武将といい、三の丸の休憩所といい。
高天神城はその戦歴から抱くコワモテイメージとは異なり、ピクニック気分も楽しめます。

 

家康の家臣が8年間も幽閉されていた牢屋

武田vs徳川の激戦のあった「的場曲輪」を通り、本丸の真下に回り込むと牢屋の跡が残っています。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン2-12

最後まで武田勢に抵抗し、降服もしなかった家康の家臣、大河内某さんが8年間閉じ込められていたという牢屋跡です。

武田勝頼は高天神城を奪った後、結局は「長篠の戦い」で織田信長・徳川家康の連合軍に惨敗します。

家康は、その勢いで、ここを再び方位。
「付け砦」戦略で徹底的に囲い込み、じわじわと締め付けた末に総攻撃をかけました。

そして激戦の末、再び高天神城を奪い返すのです。

大河内某さんはその間ずっとこの牢屋にいたとか。

戦国時代の人の我慢強さというか強情さを感じずにはいられませんが、一方でそういう人間を殺さずに、あっぱれな武士よといつまでも面倒を見ていたという武田の武士もなかなかの器量ですね。

次のページへ >



-
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.