小牧山城

信長が初めて築いた【小牧山城】が織田家の戦略を一変させた

桶狭間の戦いで、織田信長は見事に今川義元の首を取りました。

しかし、その勝利の背景には、尾張の城が戦国武将としては恥ずかしいほどショボかった――籠城戦に耐えられず、他国で野戦(先制攻撃)に出るしか尾張の防衛はできない――という事情も浮き彫りにしております。

要は、城が弱い。

安土城のネームバリューから、城に強いコダワリのあるイメージの信長ですが、桶狭間でエポックメイキングを迎えるまでは大したことなかったんですね。

では一体いつから城に対する考え方が変わっていったのでしょうか。

中世の「館」から戦国の「山城」へ!

今回は清州城から小牧山城への変遷に伴う、織田家の城戦略の進歩に目を向けてみたいと思います。

 

小牧山城は安土城のプロトタイプだった!?

皆さんは、小牧山城をご存知でしょうか?

この名前は秀吉と家康による「小牧・長久手の戦い」の方が有名で、城については知らない、あるいは興味のないという方も多いかもしれません。

小牧・長久手の戦い 豊臣と徳川の複雑な戦線&戦況がバッチリわかる!

続きを見る

小牧山城は、最近まで岐阜城の中継ぎ程度に見られて、マニア中のマニアしか手を出さないような非常に影の薄い城でした。

そもそも築城の目的も「美濃の稲葉山城(のちの岐阜城)攻略の拠点にするために美濃方面に拠点を移動させた」とか「信長の強権発動や突飛な発想」によるものと、やや誤解されて伝わっていました。

しかし!
最近の発掘調査により、いろんな事がわかってきました。

小牧山城では城下町が新設され、さらにこの時期には珍しく本丸には石垣を張り巡らされ、基本構造も後の安土城にウリ二つの【本格的な大城郭】だったことが分かってきたのです。

この前まで「型落ち中古の国産車で十分。走りゃあいいんだよ。実際、桶狭間走って勝ったし」って言ってたくせに、「やっぱりクルマは頑丈でないとね。この米軍仕様の軍用車見てよ!向こうから避けてくわ!低燃費?はっはー」というくらいの変貌ぶり。

いったい何があったのか?
気になりません?
なりますよね。

てなわけで、絶望的な築城後進国であった尾張の国に突如現れた、この小牧山城の築城を見ていきましょう!

 

信長 美濃の斎藤家に目をつけられる

永禄3年(1560年)の桶狭間の戦い後、とりあえず尾張東方の脅威は収まりました。

桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

この間に松平元康徳川家康)は今川家から半ば独立したかたちで三河の平定を目指します。

「信長とは旧知の仲で、人質時代には信長によく遊んでもらったりしたので同盟もすんなりいった」

そんな心温まるエピソード的な扱いをされてしまいますが、実際は、今川義元の死後、多少の混乱期を経て織田―徳川の国境が確定。利害関係を一致(尾張-三河間の安全を保障)させたことにより講和が成立し、その後「清須同盟」に発展しております。

そうです。戦と外交はどこまでもリアリズムが追求されるのです。

家康の幼名は竹千代

家康の幼名は竹千代

成り立ちからしてこの「清須同盟」は「共に戦う」という性格のものではなく、「お互いに領地を侵さない」という程度のものでした。

信長による苦戦の連続の美濃攻めや最初の上洛までの間に家康がさっぱり出てこないのはそのためです。

この時期はまだ尾張は統一できていません。尾張北部は半独立勢力の織田信清の勢力範囲でした

この時期はまだ尾張は統一できていません。尾張北部は半独立・織田信清の勢力範囲でした/©2015Google,ZENRIN

 

道三を倒した義龍は、父に似た(?)智将

それでは桶狭間の戦い直後の尾張を取り巻く勢力図を見ていきましょう。

尾張は、清洲城を中心に、北部には犬山城を中心とした織田信清の勢力圏。
その北の木曽川の北岸には美濃の斎藤家。
南東に三河の松平(徳川)家。

もうお分かりのように信長の当面の目標は尾張を完全に自分の支配下に置くこと、すなわち尾張の統一が第一の課題でした。
そして、背後で織田信清を操る美濃の斎藤家をなんとかしなければいけないわけです。

では、この美濃斎藤家との仲はどうだったのでしょう。

美濃の斎藤家というと真っ先に思い浮かぶのは斎藤道三でしょうか。

斎藤道三(利政)マムシの生涯63年まとめ! 最期は息子に殺された

続きを見る

その娘・帰蝶が織田信長に嫁ぐというのはあまりに有名な話ですが、この斎藤道三は桶狭間以前に息子・斎藤義龍の謀反で敗死してしまいます。信長も道三に援軍を出したものの、結局は間に合いませんでした。

帰蝶(濃姫)信長の妻はどんな人だった?『麒麟がくる』で川口春奈さん熱演

続きを見る

その後、斎藤家を率いた斎藤義龍は、かつての斎藤―織田家の婚姻関係はまるでなかったかのように織田家への圧力を強めます。義龍は父に劣らぬ智謀に優れた武将だったようで、織田家の内紛に何かとちょっかいを出しては尾張を混乱させていました。

信長も背後の斎藤家がうっとおしくて仕方がなかったのですが、尾張国内の織田家同士の勢力争いに巻き込まれて美濃どころではありません。

斎藤義龍(斎藤高政)はなぜ父の道三を殺した?マムシの息子33年の生涯

続きを見る

 

義龍に見限られた浅井が織田と接近し、お市が!?

また、義龍の妻は近江の浅井家から嫁いできておりましたが、義龍は何を思ったか、その浅井家の妻と離縁。そして近江で浅井家と敵対していた六角家に娘を嫁がせるのです。

この突然の外交方針の転換により、斎藤家は浅井家とも敵対します。そしてこれが遠因となり浅井家は織田家に接触、信長の妹「市」との婚姻につながっていくとは、あまり知られていない話かもしれません。

戦国一の美女・お市の方(信長の妹)なぜ勝家と共に死んだ? 37年の儚い生涯

続きを見る

ちなみに信長の妹「市」の結婚は永禄10年(1567年)説と永禄4年(1561年)説があります。

永禄10年説だと「市」は20才を過ぎており、この時代にしては結婚が遅く(そのため再婚説もあり)、永禄4年説だと、市の年齢(14~15才)も当時の結婚適齢期で辻褄が合うと言われております。

1561年前後でしたら、斎藤家が浅井家との同盟を破棄しており、信長とも敵対している時期ですので、浅井&織田の対斎藤家という外交戦略からしても永禄4年説はかなり有力な気がします。

いずれにせよこの後に続く織田家vs斎藤家のガチンコの争いは、信長に対しての度重なる嫌がらせと斎藤家の外交方針の転換がきっかけだったことが分かります。

これが桶狭間の戦い前後の尾張―美濃の緊迫した状況です。

 

またしても強運な信長! 義龍が急死す

しかし、です!
ここでまたしても信長にビッグチャンスが到来します。

なんと目の上のタンコブであった美濃の斎藤義龍が永禄4年(1561年)に病で急死してしまうのです。

いったい、度重なる嫌がらせの連続はなんだったんでしょうか。

ともあれ、戦国時代の他人の不幸は自分のチャンス。当主の死こそ最大のボーナスステージです。

信長は一気に美濃へ攻め込みます。

その素早さといったらありません。
通常、当主の死は伏せられるのですぐには情報が伝わってきませんが、信長は義龍の死の直後から兵を集めます。

この辺はさすが、城がショボかった(まだ言うか!)ため情報収集と野戦に明け暮れていた、父・織田信秀以来の伝統です。

織田信秀(信長の父)は経済重視の似た者親子!? 道三や義元相手に大暴れ

続きを見る

電光石火で美濃に侵攻いたします。

 

尾張から美濃への最短ルートは結局使えない!?

以下の地図の通り、尾張から稲葉山城を目指すには、北方の木曽川渡河が最短のように見えます。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20150503-3

戦国期と現在の河川の流れはかなり違いますので注意が必要です。現在の木曽川を消してみました。こうしてみると美濃攻めのためには斎藤方の主力部隊が到着する前に渡河することが重要です。尾張北部では稲葉山城に近過ぎます/©2015Google,ZENRIN

しかし、川の対岸に橋頭堡となる拠点を信長は持っていません。

仮に渡河してもその先は河川が入り組んだ広大な平野で、縦深防御が可能な斎藤軍が待ち構えています。

信長の父、信秀の代から北方の木曽川渡河は殆どうまくいったことはありません。そもそも清須城からかなりの距離を進軍しなくては木曽川にたどり着けず、その間に斎藤方に気付かれてしまっては稲葉山城からの方が早く木曽川にたどり着けます。

よって、進軍にとって最も危険な渡河という行軍を素早く済ませるためには、清須から木曽川を最短で渡河できるポイントに素早く移動するか、斎藤方の主力部隊がやってくる前に渡河ポイントから美濃に侵入しなければならないのです。

そこで信長は稲葉山城から最も遠い長良川が大きく南に蛇行していく下流の渡河ポイントを選択します。

 

笄事件で謹慎中の前田利家が森部の戦いで大活躍!

「ひ、卑怯な!このドロボウ猫!」と、斎藤家からの罵声も届かないうちの鮮やかな美濃侵攻。信長に渡河を許した斎藤方は態勢を整えねばならず、いったん墨俣の砦に兵を集結させて信長の侵攻に備えます。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20150503-4

森部の戦い。信長は斎藤方の武将を多数討ち取ります/©2015Google,ZENRIN

信長は川沿いを北に進み、森部という場所で斎藤方と交戦し、これを撃破。この時に活躍したのが若き日の前田利家と云われています。

前田利家(織田家の重臣)血気盛んな槍の又左は加賀百万石をどう築いた?

続きを見る

利家は信長の寵臣を殺害した罪(いわゆる笄事件)で謹慎中でしたが、勝手に参加した桶狭間で首を取ってもまだ許されず、この【森部の戦い】で、名の通った敵将の首を取ってようやく復帰を認められたとされております。

人生何事もやさぐれてあきらめてしまってはいけませんね~。

この野戦の勝利で信長は墨俣(洲俣)を確保し、さらに大垣城と稲葉山城を分断できる西部美濃の奥深くまで進軍しました。

 

あの半兵衛が駆使した「十面埋伏の計」とは?

しかしここはさすがの斎藤家。

当主が変わっても優秀な家臣団がまだまだ揃っています。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20150503-5

「十四条の戦い」では野戦で斎藤方が勝利。続く「軽海(かるみ)の戦い」で織田方が斎藤方の奇襲を察知して撃退しますが、伸びきった補給線が心配だったのか、墨俣まで撤退します/©2015Google,ZENRIN

義龍の息子、新当主の斎藤龍興も出陣し、斎藤家が一丸となって織田家の侵攻を食い止めます。

この時には「十面埋伏の計」を駆使して竹中半兵衛重治が活躍したと言われています。

「十面埋伏の計」の戦術は、はっきりしたことは分かっていませんが、おそらく美濃の広い平野を利用した縦深防御のことでしょう。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20150503-5.5

©2015Google,ZENRIN

桶狭間で見せたように電光石火で直線的に切り込んでくる信長の戦術は、ある程度我慢してやり過ごすことによって両側面が敵にさらされます。

それを待ち構えていた斎藤方の部隊が前後左右から襲いかかればいいのです(ただしこのような戦術は、濃尾平野のような縦深のある広い地形でこそ生かされます)。

最終的に、信長は西美濃から撤退しますが、墨俣を美濃への橋頭堡として兵を一部残存させて尾張に退きます。

 

美濃攻めといえば【墨俣一夜城】はどうしたんだ?

ここでいったん一呼吸おき、豊臣秀吉若かりし頃の超有名な逸話についても触れておきましょう。

逸話とは他でもありません。墨俣一夜城のことです。

【さっきから地名が何度も出てくるが、いったい当時はどうなっていたのだ?】

なんて一応疑問は呈したものの、皆さんお気づきかもしれません。
信長の侵攻ルートと電光石火の進軍があれば、墨俣に一夜で城を造る必要なんてありません。

というかそもそも森部の戦いでの斎藤方の集結地点、つまり最前線の拠点が墨俣の砦でした。墨俣一夜城の話はもう少し後の話ですが、残念ながらこの時点で既に砦=城は存在していたのです。

ということで新当主・斎藤龍興は織田信長の侵攻を食い止めて、信長は尾張に撤退していきます。ついでに墨俣の砦も結局は斎藤方に奪い返されて、信長の火事場泥棒的な美濃侵攻は事実上失敗しました。

しかしこれはあくまでボーナスステージ。それほど痛手ではありません。信長は当初の戦略に戻ればいいのです。

斎藤龍興は国を追い出されてからが本番!信長にネチネチ攻撃を続けた道三の孫

続きを見る

 

信長、境目の城「犬山城」に裏切られる

この後、斎藤龍興は尾張犬山城主の織田信清を誘い自陣に引き込むことに成功します。

実際に信清が反信長の行動を起こした記録は、義龍死後の永禄5年(1562年)に、信長方の「楽田城(がくでんじょう)」を落としたというのがありますが、これより前、斎藤義龍が存命のときに既に調略にかかっていた可能性があります。

というのも斎藤義龍は桶狭間以前から尾張領内で調略しまくっていたからです。

有名なところでは信長の弟・織田信勝織田信行で有名です)や、岩倉織田家を信長から離反させたのも斎藤義龍によるものとされています。

織田信勝(織田信行) 信長に謀殺された弟は当主の器だったか?

続きを見る

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20150503-6

信清が離反したことで尾張の北半分は実質的に斎藤のものに。信長ピンチ!/©2015Google,ZENRIN

織田信清は信長の従兄弟にあたる人物で、信長の姉「犬山殿(犬山城に嫁いだので犬山です。ちなみに「お犬の方」は別人です。ややこしい・・・。)」を妻にも迎えた親戚中の親戚でした。

桶狭間以前に尾張で勢力を誇っていた岩倉織田家の織田信賢を攻めたときは信長に援軍を送り、形勢を逆転させた功労者でもあります。

が、その後の岩倉織田家の旧領地の分け前に不満を持っていました。それが思わぬ……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.