『武田三代』著:平山優(→amazon link

武田・上杉家

戦国甲斐武田の軌跡がバッチリわかる!『信虎・信玄・勝頼 武田三代』平山優

更新日:

2019年春、戦国史ファンの間で、あるザワザワが起きました。

「あの平山優先生が“薄い本”を出したらしい!」

「『真田丸』以来のコスプレ(※いや、歴史行事への参加ですので!)だけでは飽き足らず、薄い本だとおっ!」

「いや、薄いといっても同人誌でなくて!」

武田信玄の甲斐武田氏を始めとした戦国史研究において、当代きっての平山優氏が「薄い本」を出したというのです。

『信虎・信玄・勝頼 武田三代』平山優(→amazon link

これに対し、戦国史ファンは
【あっぱれ!これぞ平山先生である!】
と大絶賛した聞き及んだのですからやぶさかではない。

入手するしかなかろう!
そんなわけで秘かに評判となっている『武田三代』を案内しましょう。

 

「薄い本」にはいろいろありますな

薄い本――と、一口に言っても中身は色々。
しつこいようですが、同人誌の話ではありません。

歴史系の本は、文庫、新書、単行本までいろいろなサイズがあります。
そんな中でも、比較的薄く、A4判ともなればちょっとライトな印象を受けます。

典型的なものが、大河関連ムックですね。
大河ドラマの時代背景を、複数の執筆陣が書いているもので、冒頭には手に取りやすく出演者グラビアなどを入れるのがお約束だったりします。

ぶっちゃけて言いましょう。
これはなかなか難しいものです。

その道の研究者というよりは、歴史作家の方が語るものもあります。
大河ファン向けであれば、原作者や脚本家の声が聞きたいと願うのも、当然のことです。

ただし、それが歴史的な説として妥当かどうか。
そこは話が別でしょう。

もちろん、大きな判型をフルに使った良書もあります。
例えば千田嘉博先生のものは、大きな写真とイラストを多用していて、一家に一冊置きたい、お城の魅力がぎゅっと詰まっています。

コストパフォーマンスは抜群。

年末年始も必携!『一生に一度は行きたい日本の名城100選』千田 嘉博 (監修)

年 ...

続きを見る

さて、ここで疑念が湧いてきます。

その手の薄い本とゴリゴリの研究者・平山先生の相性ってどうなん?
ありなの?

そこなんですよね。
やっぱり実際に買って見てみないと!

 

ぬかりない……「地図」の時点でぬかりがない

そんな思いを抱きながら、広げた『武田三代』。
付録の地図だけで引っくり返りそうになったわーーーー!!

ぬかりがない。
すごいマップです。
よくこのクオリティでやりますよね。こんなん、正気を疑うわ!

「信虎・信玄・勝頼 武田三代広域歴史マップ」

ドンッ!と武田氏の所領が地図としてあり、細かく点が打ってあります。
この点の位置を見ているだけで、ワクワクしてきます。

こうやって領土が拡大していったんだな――そんな感慨にふけることができるのです。

『武田三代』凄まじき付録の地図(→amazon link

そう思いつつ裏面を見て、またも腰が抜ける!

解説と現地写真、布陣図、それだけではない戦場を俯瞰する航空写真まで付いているのです。
どういうことなんだよ!

これを作るために、どれだけ歩き、調べ、シャッターを切ったんですか?
普段からの積み重ねなんでしょうね。にしても、ものすごい労力です。

私もこういうものを見るのは好きですので、図書館で調べたりすることもあります。
ただ、どうしても図だけで終わりだったり、情報に偏りがあるんですよね。
それも仕方ない。取材には予算も時間も限りがある。

と思っていたら、本書は限界突破していませんか?
もう、ちょっと、意味がわからないレベルでぬかりがなさすぎるのです。

全国の戦国大名で作って欲しい!!!

結論から言いましょう。
この地図だけでも買う価値ありです。

むしろ、この価格で、この地図を入れている時点で、ちょっと理解ができなくなってきます。

 

年表と系図、写真にもぬかりがない!

次にチェックしたいもの。
それが年表と系図です。

これもいいですねえ。
新書でも、星海社はじめ、この点充実したものは多いですが、何が素晴らしいかってカラーなんですよ。

薄い本の可能性を引き出しています。
星海社新書は、フォントの使い方が素晴らしいと感じたものですが、本書に関してもそうです。

ビジュアルがぐっと印象的になっているのです。

「武田三代年表」は、祖父・子・孫の人生がどう重なり合うかが一目瞭然で、まさに本書ならでは!
巻末の系図は詳細で、かつ三代の花押入りです。
サービス精神にもほどがあるでしょう。

筆跡鑑定ができたくちではありませんけれども、花押にはその人となりや性格が出るのではないかと興味津々になってしまうものです。

家系図に花押をつける。
そういうセンスがもうお腹いっぱいになってしまいます。価格は900円ですからね。

 

デザイナーさんも素晴らしい仕事をしていますね!

ビジュアルといえば、圧巻なのが写真です。

よくぞここまで撮影したな、と言いたくなるほどの満足感。
チョイスがいちいち素晴らしい。

「義信事件」のページは、愛宕山に沈む落日を背景にした、義信の墓写真を使用しています。

『信虎・信玄・勝頼 武田三代』平山優(→amazon link

この黄色く染まる空が、なんとも哀切でして。
この写真一枚で、彼の死がもたらすものが伝わってきて、ページにじっと見入ってしまいました。

勝頼の生い立ちには、諏訪湖に沈む日です。
これも意味深に思えてしまう。

武田三代が生きてきた信濃。
その美しさや土地の息遣いまでわかるような、素晴らしい写真ばかりです。

これは暴言だとわかった上で書きます。

本文がなくても買いです。
この写真だけでも、写真集にできる。武田三代写真集。その企画でも通りそうです。

もう眼福。
見ているだけで幸福感が湧いてきます。
写真担当者もあっぱれでござる!!

 

総大将が強いからこそ、本書は素晴らしいのです

本文なくても買う価値があると書いておいて、なんだか後付けのようで恐縮ですが。

言うまでもなく平山先生あっての本書だと思います。

彼が指揮したからこそ、この陣容。
いわば本書の武田信玄、総大将ですね。

平山先生の本は、片っ端から買って損はない。
どれを読んでも後悔しない。

そう言い切れるのですが、それでも初めの一冊はどれにしようかな?と迷う方には一番のお勧めですね。
最初の第一歩に相応しい。

三代の軌跡がまとめてあって、わかりやすい。
めくっているだけでも『風林火山』や『真田丸』が浮かんできて圧巻。スッと入り込めるという点では、これに勝るものはなかなかありません。

他の薄い本と違うこと。
それは彼のカラー、軍配の振り方が隅々まで及んでいるという部分もあります。

先に触れた大河ムック本あたりは、執筆者によってテンションの違いが結構あるものです。

ロマン重視か。
史実重視か。
フィクションをこめる作家か。
研究者か。

その点、本書は平山先生がカラーを統一しているからスッキリしている。
テンションの高低差が薄く、最初から最後まで充実の読後感があります。

本書の見事さは、薄い本ならではのビジュアル面での特性と、総大将の指揮系統が水際立っている。
そこががっちりと噛み合っているところだと思います。

この適性を余さず使い切るところ。あなたが武田信玄でしたか。
そう言いたくなるくらい、テンションがあがります。

研究者さんにこういうことをいうのは、ちょっと気が引けますが。

もしかして、研究テーマに思考回路が染まっておりませんか?
武田氏の研究に没頭した結果、武田氏の思考ルーチンが身についていませんか?
風林火山が常に脳裏にありませんか?

これは『真田丸』鑑賞時も考えてしまったことです。
あのドラマも、論理がきっちりしていて、ハキハキとした爽快感がありました。

本書にも同じ風があります。
なんだか武田信玄や真田昌幸もそういう指揮を執っていたのではないか。そう思えて来るのです。

 

それでも敢えて言うのであれば

欠点がないかのように思える本書。
それでも敢えて探すとすれば、こう言いたくなってしまう。

けしからん!
900円だと?
ふざけおって!!
おのれ武田め〜〜〜!!

三方ヶ原の戦いや、第一次上田合戦のあとに徳川家康が真田昌幸を罵るようなニュアンスです。
なぜか読了後、家康気分になれるんですよ。

過去、戦国関連の書籍を調べていると、どうしても惜しいと思う点がありました。

◆この写真をもっと綺麗な写真で見たい。
できればカラーで。

◆花押を並べて比べたい。
父子で並べているものはそう多くない気がします。

◆史跡巡りの地図をよこせ。
でかいやつ、折りたためてカバンにさっと入るやつ。

そういう痒いところに、本書はぬかりなく手を伸ばしてくる。
今までコピーして、自分なりにノートを作っていたあの時間はなんだったのか!

今すぐ武田だけでなく、全国大名でこれをやって欲しい!
他の時代でも頼みます!!

そう主張したくなるほど、満足感とともに悔しさがこみあげてくる。
おそろしいものを作ってしまったな。そう興奮しながら叫んでのたうちまわりたい。

そんな力作です。

今、日本全国で流通している、もっともけしからん薄い本をあげろと言われたら。
『武田三代』をあげます。

迷いなんて1ミリもありませんよ。

文:小檜山青

【参考】
『信虎・信玄・勝頼 武田三代』平山優(→amazon link

 



-武田・上杉家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.