絵・富永商太

武田・上杉家

武田家の子孫は何処へ? 江戸時代に復興した者もいた?【戦国滅亡譚】

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
武田家の子孫
をクリックお願いします。

 

諏訪頼豊は、それでも勝頼と共に最後まで戦います。

戦隊物とかアニメの主人公だったらここで良いフラグが立つところですけども、残念ながら歴史の主役は勝頼ではなかったので焼け石に水も同然でした。残念でなりませんね。

ちなみに頼豊をはじめとした勝頼の近縁に当たる人々とこの時点まで残っていた重臣達は、勝頼の自害よりも前に織田軍に捕まって処刑されています。

 

1417年の武田信満滅亡に続き、またも天目山で…

追い詰められた勝頼は、最後の最後まで寡兵ながらに頑強に抵抗します。

しかし、その行軍はもはや生き延びるためではなく、ふさわしい死に場所を求めるものになっていました。

辱められるよりは……と考えたのでしょう。妻子や侍女を含めた500人ほどの一行は、かつて一度武田家が滅びた山・天目山(厳密には天目山という山はなくその地区にあるお寺棲雲寺の山号で、木賊山=とくさやまが正式名称)へ向かいます。

一度目の滅亡は、1417年の武田信満。

普通そんな縁起の悪いところへは近寄らないでしょうが、本当に最期だと思ったからこそ、先祖と同じ死に場所を選んだのでしょうか。

しかし、天目山では地元の人たちが入山を拒否。勝頼を支援したとあとで織田軍にバレると自分たちも大変なことになるから、見限られたのです。

そして3月11日。
勝頼は天目山(木賊山)の麓の田野というところで、織田軍の滝川一益隊に玉砕覚悟の最後の戦いを挑みます。

滝川一益こそ信長家臣で最強のオールラウンダー!62年の波乱万丈な生涯まとめ

続きを見る

北条氏から来た妻は自害、子で正式には武田氏をついだ息子の武田信勝は壮絶な戦死。勝頼は自害したとも乱戦で戦死したとも言われており、はっきりしていません。

ともかく意図した通り、先祖とだいたい同じ場所で二度目の滅亡を果たしたのでした。

勝頼と夫人のお墓/Wikipediaより引用

勝頼と夫人のお墓/photo by Sakaori Wikipediaより引用

次は生き残った人々の話に移りましょう。

 

大久保家の家臣となった武田旧臣・大久保長安

上記のような経緯のため、武田家の関係者で生き残ったのは、最期まで勝頼と行動を共にした人ではありません。

そういう人は勝頼を逃がすために討死したか捕まって処刑されてしまいましたからね。

具体的にいえば、女性であれば結婚で、家臣なら勝頼を見限って他の家にいた人たちです。

そのため「武田旧臣」と呼ばれる人は有名無名含めて案外多いのですが、中でも後々強烈なエピソードを残したのが大久保長安です。

長安は、猿楽衆の家に生まれ、武田家に仕え、のちに武田の重臣である土屋昌次(直村)から土屋姓を授けられました。

相当に優秀だったのでしょう。
武田家が滅びた後、家康に仕え、家康の重臣の大久保忠隣の家臣になり、今度は「大久保」姓を与えられました。

本能寺の変の後、徳川領になった甲斐の道路や河川を整え、金山の発掘なども手がけて才能を認められていきます。家康直轄領の管理を任されたり、関が原の戦いでは秀忠隊の補給線を担当したり、まさに命綱といっていい役目を歴任しました。

が、晩年というか死後にそれを全てひっくり返すほどのデカいポカをやらかします。

遺品から武田家の紋が描かれた幕や道具類が発見。長安は武田の遺臣を庇護して大名の座を狙っていた――という疑惑が浮上したのです。

あわせて長年金山を任されていたことを悪用して、幕府に収める分をちょろまかしてたにちがいないという疑惑も当然でてきます。

ついでに「ワシが死んだら、金の棺に入れて葬ってくれ」というマズイ遺言をしていたことも(フェイクニュースかもしれませんが)伝わってしまいました。

 

七人の息子も全員斬首刑

実際は調べてみたら私腹を肥やすなんて証拠も見つからず、武田の思い出の品で昔を懐かしんでいただけ。大名の座を狙っていたというのもほとんど言いがかりに近いものでした。

それでもともかく家康が激怒したのだから仕方ありません。

「皆知ってて隠してたんだろ! 息子どもも同罪!!」

徳川家康像(駿府城本丸跡)photoby戦国未来

ということで長安の七人の息子は全員斬首刑に処されてしまいます。既に埋葬されていた長安の遺体を掘り返して磔にするという徹底ぶりでした。

更には縁戚関係にあった大名たちも改易や流罪などの処分がされているのですから凄まじいですね。

長安は家康六男・松平忠輝の家老も兼任しており、忠輝の正室が伊達政宗の娘だったことから「政宗に金を流して謀反を企んでいたのでは?」ともいわれていますが、そこははっきりしません。

伊達政宗70年の生涯まとめ 数々の伝説ってどこまで本当なの?【逸話正誤表付】

続きを見る

この大久保長安事件の背後には、大久保忠隣 vs 本多正信・正純の勢力争いがあったとも指摘されています。

本多正信(家康の側近)は謀臣にあらず? 敗者に優しい平凡武将が徳川を支えた

続きを見る

 

とばっちりで信玄の孫が伊豆大島へ流される

この事件、武田一派の謀反!とまで大騒ぎされてしまったので、武田の幕を長安に渡したのは誰だ、と当然犯人探しが始まります。

なんと、その人物は生き残っていた武田信玄の孫・武田信道でした。

信玄次男の息子ですから信玄にとっては孫。9歳で父親をなくし、甲府の一向宗のお寺でお坊さんとして育てられていました。

ずっとお坊さんだったので武田家滅亡後も生き残っていたのですが、偉くなった長安と仲良くなり、「武田のグッズ貸して」と言われて、軽い気持ちで貸したのが運の尽きでした。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-武田・上杉家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.