武田・上杉家 北条家

信玄の娘にして氏政の妻だった黄梅院~同盟破棄により起きた悲劇とは

永禄十二年(1569年)6月17日は、黄梅院武田信玄の長女・おうばいいん)が亡くなった日です。

この時代、信玄の娘という立場に生まれただけで波乱の悪寒であり、まさにそんな生涯を送った人でした。

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

彼女の一生を見ていきましょう。

 

盛大に祝福された結婚だった

黄梅院は、武田信玄とその正室・三条夫人の間に生まれた娘です。

三条夫人(信玄の正室)は本当に高慢ちきな公家の姫だったのか

続きを見る

場合によっては、武田の有力家臣に嫁いで、家を守り立てる道もあったでしょう。

しかし、当時の情勢から、信玄は長女を他国へ嫁がせることを決めます。

黄梅院は12歳で後北条氏の次代を担う北条氏政に嫁ぐことになりました。

北条氏政はなぜ最期まで秀吉に反抗したか? その生涯53年【戦国北条五代記】

続きを見る

まさに政略結婚のテンプレな経緯で相模に輿入れした彼女でしたが、両家の喜びはなかなかのものでした。

輿入れに際して信玄は、お供の騎馬3,000をつけるなど合計1万人規模で娘を送り届けたと言います。

さぞかし華やかな行列だったことでしょう。

 

義元が信長に討たれ、三国のバランスが崩れる

いざ嫁いだ黄梅院と夫・氏政との仲も良好でした。

公家の姫である三条の方から生まれたので、生来の気品や身につけた教養など、夫から大切にされるような美点もたくさんあったのでしょう。

後に後北条氏を継ぐ北条氏直をはじめ、子宝にも恵まれました。

北条氏直30年の生涯 秀吉と対峙した関東覇者の最期とは【戦国北条五代記】

続きを見る

しかし、大国の事情が絡んだこの蜜月は、長くは続きませんでした。

当時、武田・北条・今川の三家は、通称【甲相駿三国同盟】と呼ばれる同盟を結んでいたのですが、【桶狭間の戦い】で今川義元が斃れたことにより、徐々に三家の絶妙なパワーバランスが崩れていくのです。

今川義元「海道一の弓取り」の実力はダテじゃない!42年の生き様を見よ

続きを見る

桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

北条と武田は、上杉謙信という共通の敵がおりました。

しかし信玄は、強敵・謙信との戦いを避け、南進戦略に切り替えていくのです。

要は駿河の今川へ攻め込んだのですね。

それが永禄11年(1568年)のこと。

話は単純に【甲相駿三国同盟】の破綻にとどまりませんでした。

今川家で義元の跡を継いだのが今川氏真であり、その正室が後北条氏の姫・早河殿(はやかわどの)だったため話がこじれます。

今川氏真とは?人質だった家康を頼り 親の仇・信長に蹴鞠を披露する不思議

続きを見る

端的にまとめますと「信玄の攻撃により今川家臣に見放なされた氏真は北条のもとへ逃避。妻(北条の娘)は着の身着のまま、徒歩で逃げざるを得なかった」という感じです。

 

なぜ信玄ほどの者が敵を増やすような真似を……

自分の娘がそんな目に遭わされ、いい気分になるわけがない――。

当然ながら北条氏康は、武田家に対して激怒。

北条氏康の関東制覇!謙信や信玄と争った57年の生涯【戦国北条五代記】

続きを見る

信玄が自ら強敵を敵に回してしまったというのも腑に落ちないのですが、まぁ、それだけ海のある駿河が魅力的であり、謙信が強敵だったのでしょう。

ともかく手切れとなれば、北条にしたところで、これ以上、敵の娘を家にとどめておく理由はありません。

かくして黄梅院は永禄12年(1569年)、甲斐へ送り返されることになりました。

「堪忍分」という収入(領地・権益)をつけてくれたので、舅の北条氏康としても、黄梅院個人に対しては悪い印象はなかったのでしょう。

堪忍分とは、客として身を寄せていた人や、家臣が討ち死にした場合に、遺族に与えられるものです。

氏康はおそらく、前者の意味で黄梅院に堪忍分16貫文を与えたのでしょう。

まぁ、跡継ぎを産んでくれた上、息子とも仲良くやっていた人を別れさせなければならないのですからね。

良心があれば呵責を覚えるのは至極当然ですね。

もともとは信玄の攻撃があったわけですが。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-武田・上杉家, 北条家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.