武田・上杉家

第五次川中島の戦いは地味じゃない! 関東や越中をも巻き込む大戦構想だった

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
第五次川中島の戦い
をクリックお願いします。

 

ようやく始まる!第五次川中島の戦い

前回は長沼城方面で千曲川を越えて、北國脇街道に沿って松代方面の海津城包囲に向かいました。

が、今回は善光寺からまっすぐ南に向かい犀川を越えて北国街道に沿って川中島の中心部へ進軍します。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20150225-9

一見、背水の陣のようですが、旭山城に近い地で、犀川方面に退却路をしっかりと確保しています/©2015Google,ZENRIN

前回は海津城をおとりに後詰めにやってくる武田本隊を狙おうとして失敗しました。

しかし戦の天才は前回の反省と戦いで得られたデータを生かします。

前回の戦いで、海津城は千曲川のために川中島方面への出撃が苦手なのがわかりました。

ということで川中島でも海津城とその支城ネットワークから十分に離れた場所、「小田切館」(現・今井神社)に本陣を置きます。

これでもかというほど海津城や千曲川から離れた場所で、すぐに善光寺方面にも退却可能。

背後に回り込まれる心配もない位置に本陣を置いていて、プロフェッショナルというのは本当に前回の反省を生かすんだなあと関心しつつも、なんだか微笑ましくもあります。

 

海津城に高坂昌信を置いて上杉方の動向を探りつつ

一方、武田信玄は上杉謙信の出陣を知って、塩崎城まで動きます。

理想は第二次川中島の戦いのように犀川を最前線にしたかったのでしょうが、旭山城はいまだに上杉方の城だったのでしょう。犀川を最前線にするのは不可能でした。

信玄は塩崎城に本陣を置き、もちろん海津城には高坂昌信を中心に信濃の国人衆を置いて上杉方の動向を見張ります。

しかし双方動きません。結局60日間動くことなく経過し、上杉謙信は飯山城まで兵を引きます。

第四次の戦いの異説として、妻女山布陣はなかった説を紹介しましたが、結局、犀川渡河から川中島への進出はこのように決戦は見込めないのはこの第5回の滞陣から分かります。

双方に決戦の戦略があれば別ですが、明らかに武田信玄にその気はありませんからね。謙信もそれは分かっていた上での犀川渡河ならば、今回の謙信にも決戦の意図はなかったのかもしれません。

結局、これが第五次、そして最後の川中島の戦いになります。

って最後は全然戦ってませんけどね。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20150225-10

 

10年に渡る戦いも呆気なく終了 信玄は駿河へ

ということで10年にも渡る川中島の戦いは、あっさりと幕を閉じました。

この後、善光寺平を巡る戦いは起こりません。

というか予定調和のように武田信玄は南下して駿河侵攻にのめり込み、上杉謙信は関東へと進出していきます。

このとき武田、上杉で密約が交わされたという陰謀説も考えられますが、その後、西上野で武田と上杉は細かい衝突を繰り返していますし、確たる証拠もありません。

信玄は息子の勝頼に「困ったら謙信を頼れ」と遺言したなんて話もありますね。

武田勝頼
武田勝頼は最初から詰んでいた? 不遇な状況で武田家を継いだ37年の生涯

続きを見る

言外に含まれる何かがあったかもしれません。今となってはそれも不明です。

ただ、当時の状況、起こったことを一つずつ検証していくと見えてくるのは、上杉謙信が関東管領に就任した今となっては、武田信玄が北信濃の飯山城や野尻城にちょっかいを出さなければ謙信は動かないということです。

戦の天才同士は暗黙の了解でここを落としどころにしたのかもしれません。

上杉謙信にとっては亡命してきた村上義清を始めとする北信濃国人衆を多数抱えており、北信濃の奪還を強く要請されていたことでしょうし、武田信玄も北条家との同盟で、関東に侵攻する謙信のけん制のために北信濃からの攻撃を強く要請されていたことでしょう。

村上義清(信玄に2度勝った戦国武将)川中島の導火線となった男の生涯とは?

続きを見る

しかし環境の変化とともに宿敵同士の利害が一致するようになり、特に信玄にとっては今後の南下政策で北条氏康今川氏真の義父)との同盟が邪魔になることは目に見えています。

今川氏真は愚将か名将か~敵だった家康や信長と友好的に振る舞えるのはなぜ?

続きを見る

嫡男・武田義信(嫁が今川義元の娘)と譜代家臣の飯富虎昌を中心とする親今川派との派閥抗争、場合によっては親今川派の粛清にも着手しなければいけません。

武田義信(信玄の嫡男)はなぜ自害へ追い込まれたか?儚い30年の生涯

続きを見る

謙信の場合は独立色の強い家臣の統制と上杉憲政や足利幕府との関係のはざまでバランスをとっていかなければなりません。

戦国大名やるのもたいへんよね、ま、お互い新天地でがんばりましょ」ということで双方折り合いがついたといったところでしょうか。

 

最後に……

武田信玄の城を追いながら川中島の戦いをみてきましたが、いかがだったでしょうか。

九割九分が城郭戦で川中島の戦いのイメージが変わったと思います。

「俺は第二次の謙信の旭山城付け城戦術が好きだな」とか。

「城の力攻めは愚策よ。そういう意味では真田幸隆、あいつの調略はパネエ」とか。

「海津城? まあ松代方面では機能するけど川中島での運用はかなり難しい城でもあるね」など。

「一騎打ち」や「きつつきの戦法」のイメージしかなかった川中島の戦いに、新しい視点で盛り上がってもらえるとうれしいですね。

そして川中島の古戦場だけでなく雨飾城の断崖に挑む城マニアが一人でも増えることを期待して、川中島シリーズを終わりたいと思います。

「謙信の留守を狙え」→修正「手を出さなければ謙信は常に留守」 by信玄

信玄については、駿河へ侵攻してから城が巨大化して、より楽しくなるのですが、いったん視点を変えて、信長の城なども見て参りたいと思います(予定につき変更の可能性もあります)。

 

みんなが読んでる関連記事

川中島の戦い
第四次川中島の戦い(信玄vs謙信)一騎打ちなくとも超激戦になったのはなぜ?

続きを見る

武田信玄
武田信玄 史実の人物像に迫る!父を追放し三方ヶ原後に没した53年の生涯

続きを見る

会津の名将・蘆名盛氏の野望!伊達と手を組み武田&北条とも繋がった手腕

続きを見る

川中島の戦い
第四次川中島の戦い(信玄vs謙信)一騎打ちなくとも超激戦になったのはなぜ?

続きを見る

足利義昭(覚慶)61年の生涯! 信長と共に上洛し京を追われてどうなった?

続きを見る

今川義元
今川義元が「海道一の弓取り」と呼ばれた実力とは?42年の生き様を見よ!

続きを見る

信玄を六度も撤退させた男・長野業正!上州の黄斑と呼ばれた名将とは?

続きを見る

真田幸隆(真田幸綱)
信玄の快進撃を支えた真田幸隆(幸綱)昌幸や幸村へ繋げた生涯62年

続きを見る

長篠の戦いで信長の戦術眼が鬼当たり!真の勝因は土木工事? 信長公記121話

続きを見る

井伊直政
井伊直政(徳川四天王)武田赤備えを継ぎ「赤鬼」と恐れられた42年の生涯

続きを見る

北条氏を滅亡に追い込んだ名胡桃城事件~関東の小城が戦国史を動かした

続きを見る

武田勝頼
武田勝頼は最初から詰んでいた? 不遇な状況で武田家を継いだ37年の生涯

続きを見る

村上義清(信玄に2度勝った戦国武将)川中島の導火線となった男の生涯とは?

続きを見る

今川氏真は愚将か名将か~敵だった家康や信長と友好的に振る舞えるのはなぜ?

続きを見る

武田義信(信玄の嫡男)はなぜ自害へ追い込まれたか?儚い30年の生涯

続きを見る

筆者:R.Fujise(お城野郎)

武将ジャパンお城野郎FUJISEさんイラスト300-4

日本城郭保全協会 研究ユニットリーダー(メンバー1人)。
現存十二天守からフェイクな城までハイパーポジティブシンキングで日本各地のお城を紹介。
特技は妄想力を発動することにより現代に城郭を再現できること(ただし脳内に限る)。

TOPページへ

 



-武田・上杉家
-