小幡昌盛

小幡昌盛/wikipediaより引用

武田・上杉家

武田二十四将・小幡昌盛も犠牲者?田んぼに入っただけで死ぬ日本住血吸虫症

西郷隆盛さんの睾丸が大きく腫れてしまったのは「バンクロフト糸状虫」のせい?

以前、そんな記事を掲載したところ妙に反響ありましたようで、今回も寄生虫ネタ。

西郷の睾丸
西郷さんのタマが大きく腫れた原因は寄生虫か!? 歴女医さんの見解は?

続きを見る

皆さんのご興味は、もしかしたらソッチじゃなかったかもしれませんが、本稿では「日本住血吸虫症(にほんじゅうけつきゅうちゅうしょう)」に注目します。

字面からしてなんだか薄気味悪いですよね。

しかし現実はもっと怖い。

かつては「田んぼに入っただけで寄生→死を迎えてしまう」という、凄まじく恐ろしい寄生虫でした。

 

経皮感染 つまり肌から通って体内へ

日本住血吸虫は哺乳類の血管内に寄生する吸虫の一種です。

字面からして、なんだか生き物のように見えないかもしれませんが、れっきとした寄生虫……って、なんか変な言い方ですね。

名前に「日本」が入っているため、日本固有の寄生虫という印象ながら、実際には、中国やフィリピン、インドネシアなど他の国にもいて、各地でイヤ~な被害をもたらしております。

症状を聞いたら……眠れなくなりますよ(´・ω・`)

まず、大きさは雄雌で若干異なりながらだいたい2㎝くらい。

日本住血吸虫のセルカリア・これが皮膚を通じて哺乳類に感染する/Wikipediaより引用

このサイズにして、血管内に生息します。

この段階で想像するだけで恐怖になりません?

さらには何が怖いって、感染経路です。

日本住血吸虫は『経皮感染』いたします。要は肌から入るわけです。

となれば、もう、どうやったって防げないじゃん!

と、慌てないでください。少し詳しく説明してまいりますね。

 

卵は壊死した組織と共に腸の中に落ちる!?

日本住血吸虫は、最終宿主の糞便と共に排出された卵が水中で孵化して幼生となり、次に、中間宿主のミヤイリガイに寄生。

そこである程度まで育つと、今度は最終宿主が水に浸かった時、すかさず皮膚から侵入し感染します。うげぇ~。

血管の中に入った後、虫体は門脈まで移動し、そこで成体になります。

門脈というのは、消化管から栄養を吸収した血液が、肝臓へと流れ込む部分の血管のことを指します。

あれ?
血管の中に寄生するのに、なぜ糞便中に卵なの?

そう思われたアナタは鋭いです。

卵を産む時期になると、この寄生虫は雄雌抱き合ったまま血管を遡り、消化管に分布する細血管に移動します。

そこで卵を産むのですが、卵は細血管に詰まるため周りの粘膜組織を壊死させ、卵は壊死した組織と共に腸の中に落ちます。

これで体外に卵をバラ撒けますね!

よくできた仕組みですが、寄生される側からしたら気持ち悪いことこの上なしです。

しかし、この卵たちが腸に落ちるのはまだ許せます。

本当に怖いのはここから……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-武田・上杉家
-