徳川家

リーフデ号漂着!関が原の戦い直前の家康がイギリス&オランダと出会った

更新日:

慶長五年(1600年)3月16日、オランダ商船・リーフデ号が豊後(現大分県)に漂着しました。

1600年と言えば関ヶ原の戦いが行われた大転換の年。

中心人物の一人・徳川家康は、このリーフデ号の漂着により

英国人ウイリアム・アダムス(三浦按針
和蘭人ヤン・ヨーステン(耶楊子)

という2名の外国人と接触を持ち、後の外交方針に大きな影響を受けます。

一体どんな経緯でどう影響を受けたのか?
見て参りましょう。

 

100名以上の乗員は20数名に激減

オランダを出たときは五隻の船団でした。

途中で難破したり引き返したりしたため、無事、目的地の日本に到着できたのはこの一隻だけ。
乗組員も当初は100人以上いたのに、日本に着いたときには20数名だった――という戦争並みの生存率です。

目的は当時「極東」と呼ばれていた東アジアとの交易でした。
成功すれば莫大な利益を手にすることができるとはいえ、ここまでするど根性も凄まじいですよね。

リーフデ号そのものは現存していませんが、船尾に飾られていたというエラスムス(オランダの神学者)の像だけは今も残っています。

エラスムス像(龍江院所蔵)/photo by Ihimutefu wikipediaより引用

旗本の一人が貰い受けたのを、菩提寺である龍江院というお寺(栃木県佐野市)へ寄贈したそうで。
「ちょっと変わった仏像」として残されたらしいです。

いや……確かに手の感じとかは少しだけ仏像っぽいですけどね。こんな景気の悪そうな顔では、うーん、四天王とか明王系の像だと思えばまだイケるかな? なんと言いましょうか、ちょっと怖い。

 

ウィリアム・アダムスとヤン・ヨーステン

さて、この船には江戸時代の外交に関わることになる人物が二人乗っていました。

イギリス人ウィリアム・アダムスと、オランダ人ヤン・ヨーステンです。
正確に言えば当時はイングランドと神聖ローマ帝国ですけども、こまけぇこたぁいいんだよ。

アダムズは若い頃、初代海賊紳士フランシス・ドレークの指揮下でアルマダの海戦に参加したこともある度胸の据わった船乗りでした。
この航海には弟と共に参加していて、弟は途中立ち寄った場所の先住民に襲われて亡くなっています。

って、おいおい。何当たり前のように語ってるんだって?
そりゃ、まぁ、何も知らない現地の人からすれば「いきなりヘンなのが来て、色々奪おうとしている!ふざけんなブッコロ!」と思ってもしょうがない。

ヤン・ヨーステンはどういう役割をしていたのかよくわからないのですが、もともといいお家の生まれだったので、そこそこ良い地位についていたと思われます。

 

スペイン&ポルトガル vs イギリス&オランダ

日本に着いた彼らは、当初、海賊と勘違いされ、罪人同然の扱いを受けました。
誤解であることがわかると徳川家康との会見になります。

これには当時の宗教事情も絡んでおりました。またか。

先に日本である程度地盤を築いていたスペイン・ポルトガルの宣教師はカトリックで、プロテスタントであるイギリスやオランダのことが気に食わなかったのです。

そのため、「プロテスタント共は海賊ですから、何か起きないうちにふんじばったほうがいいですよ!」と家康らに吹き込んでいたのでした。

が、アダムズ達がそれらを含めたヨーロッパ事情を事細かに説明したため、疑いが晴れ、家康に気に入られます。
関が原の戦いが起こる直前に、そんなヤリトリがあったなんて、ちょっと胸熱。

 

家康のもとで働き出した2人

二人は江戸城に招かれ、やがて給料をもらって家康の下で働くことになりました。

母国からやってきた人との間で通訳をしたり、私的に交易をして儲けた分を献上したり、世界情勢を語ったり。
家康だけでなく、徳川秀忠の代でも貴重な外交窓口として活躍していたようです。

イギリスとオランダは、それぞれ東インド会社を持っており、交易を巡って衝突することも珍しくありませんでしたから、当然アダムズたちも不仲かと思いきやそうでもありません。

アダムズの留守中にヤン・ヨーステンがイギリス商館と幕府の間を取り持ったこともありますし、逆にイギリス商館長からヤン・ヨーステンの妻子(日本人)に贈り物が届けられたことも記録されています。
まあまあ良い関係を築いていたようですね。

危険な航海を共に乗り切ったからか、両国ともプロテスタントだったからか、あるいは両方か。

ウィリアム・アダムズはその後、帰国を希望しましたが、家康からの許しが出ず、代わりに「三浦按針」という名前と領地をもらって引き続き日本で働きました。

しかし、家康が亡くなって徳川秀忠の時代になると「ヨーロッパに深入りするのはあんまり良くないんじゃない?なんかややこしいし」という風潮が少しずつ強まり、失意のうちに平戸で亡くなります。

帰国させなかったくせに、これは可哀想すぎる……。

 

八重洲の地名由来←これはマジ

ヤン・ヨーステンはアダムズよりもう少し長生きしました。

しかし、幕府の外国に対する態度から「もうここでは穏やかに暮らせないかも」と考え、帰国を考えるようになります。
許可が下りないうちに航海に出て、途中、船ごと行方不明になっております。

インドネシアで何かしようとしていたようで、具体的なことはわかっていません。日本に戻る途中で船が座礁したとも言われているので、交易でしょうかね?

二人とも決して幸せな最期とは言えません。

ただ、彼らによって江戸幕府の目が海外に開かれたことは日本史に大きな影響を残したといっても過言ではないでしょう。

ヤン・ヨーステンの屋敷があった周辺は「八重洲」として都内の一等地になっていますし、アダムズの領地だった横須賀では彼を主役として大河ドラマの誘致を行っているなど、今も二人の名前は語り継がれています。

アダムズの屋敷も日本橋周辺だったそうですから、互いの家を訪ねることもあったでしょうね。

異国人の二人が袴姿で正座をし、日本酒を酌み交わす……なんて逆ハイカラな光景もあったのかもしれません。ちょっと和む。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典

『江戸・東京の中のドイツ (講談社学術文庫)』(→amazon link

 



-徳川家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.