画・富永商太

徳川家

杭瀬川の戦い【関ヶ原前哨戦】は西軍の勝利だった!家康&三成ガクブル

旧暦9月といえば関が原の戦い。

関ヶ原での戦い(15日)が、あまりにも早く決着が付いてしまったため、北は旧領回復を狙う伊達政宗、南では老いてなお壮んな黒田官兵衛が( ゚д゚)ポカーン状態になるわけですが、実はこの早期決着は他ならぬ徳川家康も驚いておりました。

何故かというと、関が原本戦の前日時点では三成のいる西軍が有利だったからです。

慶長五年(1600年)9月14日、関が原の戦いの前哨戦ともいえる「杭瀬川の戦い」がありました。
「くいせがわのたたかい」と読みます。

 

杭瀬川の戦い 2ヶ月前のこと

時計の針を同年の9月から7月へと戻しまして。

もともと家康は会津の上杉を叩き潰すつもりで東北へ進軍しており、その途上で石田三成が挙兵したものですから、「どうしよう、どうしよう」とパニックになります。

関ヶ原の戦いというと、とかく【家康の仕掛けた罠に三成が引っかかった】という風に描かれがちですが、それはあくまで結果ありきの話であって、西軍の蜂起に対し東軍・家康だって100%勝てるだなんて自信はありません。

力が拮抗しており負ける可能性だって十分ある。そうでなければ東と西で迷ったりする武将などいないでしょう。徳川が確実に勝てる状況だった【大坂の陣】とは違うのです。

そこで家康は7月25日、あわてて軍議を開きました。

有名な「小山の評定」です。

そこで、豊臣恩顧筆頭の福島正則
「三成みたいな茶坊主は許せん!俺たちはタヌキじいさんに付いていくぜ!」(超訳)
と言えば、山内一豊も
「俺なんか、家康さんにお城(掛川城)を提供します!」(超訳)
と応えます。

山内一豊については、西軍からもスカウトの手紙が来ていたのですが、正妻・千代の機転でその手紙を家康に最初に読ませて夫婦の忠誠心をアピールし、後に土佐20万石を得るに至った逸話【笠の緒文おぶみ】がよく知られておりますね。

かくして一致団結したはずの東軍。
なぜか家康は8月5日に自分の居城「江戸城」に戻ると、引きこもってしまいました。

 

家康動かず……ザワザワ……ザワザワ…

やる気満々の福島さんら豊臣系武将は東海道をズンズンと驀進して、愛知県の清洲城まで進撃します。

ところがいつまで経っても家康が来ません。
福島さんたちは不安になってきます。

「すぐにうちらのあとを追って清洲に来ると言っていたじゃないか!」

「もしかして、うちら捨て石?」

ザワザワ、ザワザワ……。

一緒に先発隊にいた家康の部下の本多忠勝さんは真っ青になって「まあ、まあ」と必死になだめます。

本多忠勝の生涯と5つの最強エピソード!年表付【徳川四天王 壱之太刀】

続きを見る

8月19日になって、ようやく家康の使者が来ます。
そして、こんなことが伝えられました。

「いやー、福島君たちが威勢がいいもんだからと見守っていたんだけど、全然、清洲城を打って出る気ないよね。もしかして、あれ? みなさんってチ・キ・ン?」(超訳)

おい!
おいおいおい!

思いもよらぬ家康の物言いに対して、忠勝だけでなく、井伊直政も、他の徳川家臣団もびっくり。
トクガワ、オワタ\(^o^)/と、ひっくり返りそうになります。

しかし……。

意気に感じた福島正則は、扇を広げると使者に向かって2~3度あおぎ、断言します。

「まことにごもっとも! さればただちに出陣して、成果をあげてみせよう!」

そして木曽川を挟んで対岸の岐阜城に攻めることになったのです。
うーん、愛しき猪武者よ……。

福島正則すったもんだの転封&改易劇〜終焉の地は意外や信州!

続きを見る

 

岐阜城を守っていた信長の孫って誰だ!?

かくして福島正則や池田輝政らの新参者たちの東軍は、2日後の21日に清洲城を出発して、岐阜城を攻撃します。

清州城から岐阜城までの距離をグーグルマップで確認しておきますと、

現代の距離で約29km、徒歩6~7時間とあります。

黄色→清州城
赤色→岐阜城
青色→大垣城

一方、西軍の将(岐阜城の主)は織田秀信でした。

この秀信さんってのが、また因縁めいておりまして。

名字からお察しの通り、織田信長の血縁者です。
孫です。
それも単なる孫ではなく清州会議で豊臣秀吉が担いだ、あの「三法師」なんですね。

つまりこの【岐阜城の戦い】は、ほぼ織田豊臣の重要人物で行われたものでした。

メンツ的にはオールスターって感じですが、戦い自体はあっさり3日で陥落。

【岐阜城の戦い】信長の孫と恒興の息子が対決した関ヶ原の前哨戦

続きを見る

東軍はその勢いで、三成たち西軍の主力が集結している大垣城のすぐそば、赤坂というところまで進撃します。

 

家康の着陣を信じたくない三成

江戸城に引きこもりを決めていた家康。
この一報を受け「あれ? もう勝っちゃったの」と出陣せざるをえなくなり、9月1日、ようやく重い腰をあげます。

3万の旗本を率いて強行軍かつコッソリと西へ。
通常は堂々と見せびらかすのぼりや旗をたてず、手にもって進みました。

イラスト・富永商太

9月14日、大垣城のそばを流れる杭瀬川近くの赤坂に布陣。
そこで、これまで隠していた【葵紋の旗7本】をはじめ、たくさんの旗や幟を一斉に立てたのです。

「うおー!」と盛り上がる東軍たち。

しかし、家康がいると報告を受けた三成は当初これを信じませんでした。

画・富永商太

「HAHAHA! 何言ってんだ、家康は今江戸にいるはずだからこんなところにいるわけないだろ? 金森長近が似た旗使ってるから、それと見間違えたんだろ?」

そんな風に強がりますが、足はガクガクブルブル。

金森長近85年の生涯をスッキリ解説!信長親衛隊 赤母衣衆から大名へ

続きを見る

家康の着陣を信じたくない三成は改めて偵察させますが、結果は「家康の側近がいました(キリッ」という全く嬉しくないもの。

「マジで、い、い、い、家康だああああああ!!」

 

三成の混乱を鎮めるため左近が奇襲が仕掛ける

大混乱に陥りそうな西軍。
なだめたのは三成の側近・島左近(清興)でした。

「殿、殿、これ以上ここでじっとしてても仕方ありません。向こうはまだ着いたばかりだろうから、今のうち軽く一戦して叩いておけば、こちらに勢いがつくはずです」

「さすがは左近!では先陣を任ずる!」

ここでやっと我に返ります。

もしも左近がいなかったら関が原じゃなくて杭瀬川の戦いで終了になってたんじゃね?と首を傾げたくなるほどの狼狽っぷりです。

左近は蒲生郷舎(元・蒲生氏郷の家臣)と共に500人の少数で、東軍へ奇襲を仕掛けました。

このときの戦法がカッコイイ。
川を渡って密かに東軍へ近付き、「お前のかーちゃんデベソー!」と罵声を浴びせ……目の前の田んぼを刈ったりして挑発しました。

敵がいる目の前でそんな余裕ぶっこいた真似をされては、さすがに東軍も黙っていられません。

「何しとんじゃゴラァ!」と叫んだかどうかはわかりませんが、東軍の将・中村一栄かずしげ隊が刈田をやめさせるために出てきます。

杭瀬川(岐阜県大垣市)/photo by Monami wikipediaより引用

もちろんこれは左近の予想通り。
多少の犠牲は出てしまったものの、少しずつ川のほうへ退却します。

渡河中の戦は困難なものです。
もちろん東軍諸将もそれを知っていますから、この機を逃すなとばかりに猛攻をかけます。

しかし左近も戦上手、そう簡単にはやられません。
そして川を渡りきり、さらに大垣城に向かって退却を続けます。

 

家康ブチ切れ!左近は意気揚々と本陣へ

追う中村隊が同じく川を渡り、対岸に着いたその時!周囲の草むらから西軍の兵がワラワラと湧き出てきました。

「かかったな!」

退路を絶たれた中村隊は囲まれてようやく計略であったことに気付きましたが、時既に遅し。

逃げていたはずの左近隊が挟み撃ちを仕掛けてきたため、大苦戦に陥り、家老だった野一色頼母のいっしきたのももこの混戦の中で死んでしまいました。

東軍もただ黙って見ていたわけではありません。
中村隊の苦戦を感じ取った有馬豊氏という大名が救援に向かいます。

しかし、これまた西軍・宇喜多隊の明石全登あかしたけのりに横っ腹から集中砲火を受けて撤退を余儀なくされてしまいました。

「勝手に出陣したあげく負けるとは、あのバカモノども!!」

この様子を山の上から見ていた家康は当然ブチ切れ、井伊直政と本多忠勝を戦地へ向かわせると強制的に兵を退かせました。

策を見事成功させた左近はこの結果に満足し、深追いすることなく引き上げます。

島左近/wikipediaより引用

戻ってみると、家康登場で混乱していたのが嘘のように西軍は大盛り上がり。

士気を上げるという当初の目的は無事果たされたのでした……が、そのテンションは翌日見事にひっくり返されることになります。

長月 七紀・記

関ヶ原【第二の裏切り者達】と戦った大谷吉継と平塚為広に涙がこぼれらぁ!

続きを見る

【参考】

『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon link
『関ヶ原合戦と大坂の陣 (戦争の日本史 17)』(→amazon link

 



-徳川家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.