絵・小久ヒロ

徳川家

浄光院(お静の方)と息子・保科正之が辿った数奇な生涯~信玄の娘に助けられ

更新日:

徳川家随一の善人こと保科正之さん。

本サイトにも何度か登場しておりますが、地味……いやいや堅実さ故に、その有能さが世間にあまり知られていない人物の一人ではないでしょうか。

有名人のお母さんというと賢母か男勝りかと相場が決まっているもの。
正之の母親はどんな人だったのでしょうか。

寛永十二年(1635年)9月17日は浄光院(お静の方)が亡くなった日ということで、本日は彼女の生涯を探ってみたいと思います。

俗名は静(しず)で”お静の方”とも呼ばれますね。

 

浄光院(お静の方)と秀忠は何時出会った?

案の定というかなんというか、お静の方は身分が低く、あまりハッキリした記録は残っておりません。
北条家の遺臣・神尾栄加の娘という説があり、彼女のタイプとしてはその名の通り物静かな人だったようです。

徳川秀忠に見初められたのは慶長年間(だいたい豊臣秀頼元服から豊臣家滅亡まで)だとされているので、まさに秀忠がピリピリしていた時期。
これは完全にワタクシの想像ですが、現在で言うところの”癒し系”だったのではないでしょうか。

秀忠の正室・お江与(江・ごう)は浅井三姉妹の中にあっても特に苛烈な性格。

仕事に目を向ければ、関が原の戦いに遅参したり、将軍職を継承したり、子供達とのアレコレなどがあってストレスてんこもりだったり。
「もうやめて!秀忠のMPはゼロよ!」状態な頃ですから、お静の方のように優しい女性にビビビと来てしまうのも無理はありません。

彼女は秀忠の乳母である大姥局(おおうばのつぼね)に仕えていたので、おそらく乳母に何か相談事でもしに行ったときに秀忠と出会ったと目されています。
乳母というと今では子守をする人のイメージしかありませんが、当時は教育係や相談役も兼ねておりましたので。

 

一度は堕胎の道を選ばされるも……

そして成るべくして成ったというか、お静の方は懐妊します。

が、当時は正室が認めなければ側室を増やせないことになっていましたので、正妻のお江与にとてもじゃないけど言い出せない秀忠は、お静の方を妻として迎えることができません。

一度は堕胎という道を選ばされ、秀忠とは離れ離れになってしまいます。

されど、大姥局の求めに応じて再び働き始めると、やっぱり秀忠に求められて再び身籠ります。

こうなるとさすがに子供を堕ろすことはできず、産むことになり……慶長16年(1611年)5月7日、無事に幼名・幸松(後の保科正之)は誕生しました。

ただし、そのまま静の下で育てていたら、お江与にいつバレるともわかりません。
大姥局が手を回して面倒を見てもらったのが、武田信玄の次女である見性院でした。

 

信玄の娘が家康の孫を育てるという不思議な縁

見性院は、信玄とその正室・三条夫人の間に生まれた次女で、武田御一門衆(親族)の穴山梅雪へ嫁いでおりました。

が、夫の梅雪が【神君伊賀越え】で殺されてしまい、その後は、徳川家康に保護され、江戸城で暮らしておりました。

更には、かつて織田信忠との遠距離恋愛を貫き、信忠の死後に出家していた松姫(信松院)も味方になってくれて、この子を育てます。

なんだか名君・保科正之が生まれる理由がわかるような気がしますよね。

こういう連係プレーができるあたり、お江与のアレっぷりは当時からかなりのものと思われていたんでしょうね。はっきりした史料はないそうですが。

ちなみに見性院の住まいは江戸城北の丸だったそうなので、いつバレてもおかしくない状況。それでも大丈夫だったって、どんだけキツイ緘口令やねん。

余談ですが、かつて三方ヶ原でボッコボコにやられた信玄の娘が自分の孫を育ててくれたと知ったら、家康はどんな顔をしたでしょう。ちょっと見てみたい。

 

高遠藩主を経て会津、将軍の後見役に

その後、正之を表向き信濃高遠藩主・保科正光の子として扱うことになったため、お静の方も一緒に高遠へ。

彼女は18年後に同地で亡くなったため一度長遠寺(現・長野県伊那市)に葬られたようですが、後に正之が会津藩主になった際、会津の浄光寺(現・福島県会津若松市)に改葬されます。母の戒名に合わせてお寺の名前を変えたそうで、それは親孝行なのかお寺への横暴なのかゲフンゲフン。

ややこしいことに本人の信仰が日蓮宗だったので、さらに久遠寺(現・山梨県身延町)でも改葬。つまり菩提寺が三つあるということになりますが、生前はともかく死後は身分ある扱いをされているんですね。

特に久遠寺の碑には「孝子会津従四位上左近衛権少将源朝臣正之奉仕」と書かれており、正之が母親を大切に思っていたこと、死後はきちんと扱いたいと考えたことがわかります。

正之がこの位についたのは、母親が亡くなってから十年以上後のことなので、多分「母上、私はこんなに重大なお役目を任せていただけるようになりましたよ」と伝えたかったのでしょう。

自ら”孝子”(=孝行息子)なんてつけるといかにもあざとい感じがしますが、正之の場合あまりそういう感じはしませんね。母子間のエピソードは特にないようですけども、目立ったトラブルが起きていないところを見ると、高遠では普通の親子として暮らせていたのでしょう。

そう考えると、将軍の側室としての身分は手に入らなくても、お静の方としては幸せだったかもしれません。

保科正之カンペキ人生唯一の汚点 嫉妬に狂った妻が毒を盛り、死亡したのは?

保 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
『物語 戦国を生きた女101人 (新人物文庫)』(→amazon link
井伊直虎と戦国の女傑たち (知恵の森文庫)』(→amazon link
浄光院(保科正之生母)/Wikipedia
浄光寺

 



-徳川家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.