天海/wikipediaより引用

徳川家

謎多き僧侶・南光坊天海の正体が「あの光秀だった!」諸説にツッコミ

更新日:

寛永二十年(1643年)10月2日、徳川家康の参謀役だった僧侶・天海が亡くなりました。

前半生に謎多い人物で、京都の南光坊で色々とやっていたので南光坊天海とも呼ばれます。
この人といえばやはりその正体について触れないわけには参りません。

一番有名なのは「明智光秀が(物理的に)化けてたんじゃね?」という説ですね。

生年不明な光秀ですが、おそらく信長より歳上であったと考えると、天海の享年は最低でも110歳オーバーとなります。

ハハハハハッ。
もう、ありえないですよね。

しかし、同説がそこそこ浸透したのには、やはりそれなりの根拠がありまして。
今回は、その根拠を眺めつつ、一人ツッコミ大会をしたいと思います。

 

日光東照宮の桔梗紋

日光東照宮に桔梗紋が使われているから、という発想からのものですね。

確かに光秀の家紋は”水色桔梗”です。
しかし、桔梗の家紋は他の人も使っています。

さも光秀オリジナルのようにいわれるのは、当時ほぼ黒一色の家紋しか存在しない中で、光秀の実家であるといわれている土岐氏他ごく一部だけが水色という有彩色を使っていたからです。

桔梗の紋自体は清和源氏系の家が多用していますので、(一応そういうことになっている)源氏の家康が使ったり、そのお墓である東照宮にあるのはおかしなことではありません。

 

首実検が甘い

山崎の戦いは旧暦6月=新暦7月。
そのため光秀の首は夏の暑さでかなり傷んでしまい、きちんとした本人確認ができていないのでは?とも言われています。

つまり、秀吉の前に出てきたのは別人(影武者)で、本人は生きており、頭を丸めて隠遁していたのでは?という説ですね。

源義経も似たような話がありますね。
それで義経=チンギス・ハーン説があるんですが、両者共に眉唾でしょう。

光秀の首を介錯したのは溝尾庄兵衛(溝尾茂朝)と言われているのですが、出典が『明智軍記』という軍記物だけに信憑性については判断しにくいところでもありますね。

まぁ、これを言い出したら、織田信長なんて遺体が発見されませんからね。

それに敗軍の将やトラブル時における追手の厳しさはハンパじゃありません。
関ヶ原後の石田三成にしても、本能寺の変後の穴山梅雪にしても、結局、捕まったり殺されたりしております。

稀代の謀反人に対して監視の目が緩むことはないでしょう。

 

比叡山に石碑を寄進

光秀生存説の根拠としては、
「山崎の戦い以後の日付で、光秀という人物が比叡山に石碑を寄進している」
という話もあります。

しかし、これは名前の妙ってやつで。
光も秀も縁起のいい字であり、他に「光秀」という人物がいてもおかしくはありません。

檀家に同名の人物がいた可能性もありますし、「光秀(みつひで)」ではなく「光秀(こうしゅう)」と読ませれば、お坊さんらしい名前にもなります。

光秀=明智だ!と思ってしまうのは現代人が他に同名の人物を知らないからであって、当時は極ありふれた名前だったのかもしれません。

謀反人と同名のままでいる人も少なそうですから、少しずれた時代の人ですかね。
というか、そもそもこの石碑の話になると現物の写真や具体的な寄進の日付が出てきません。

今も比叡山にあるんでしょうか?
もし詳細をご存知の方がいらしたらぜひお知らせいただければ幸いです。

 

日光高台の”明智平”は天海が名付けた

天海が明智という名前を残すためにやった――という説ですね。

しかし、そんなことしなくても明智の名前はどう考えたって残ります。

日本史上最大の謀反人として今なお著名な明智光秀は、江戸時代から有名でした。

家康が光秀の記録を抹消しようとしても、どだい無理な話でしょう。本能寺の変で死んだ織田信長と織田信忠について、彼等が急死した別の理由を捏造せねばなりません。

となれば豊臣秀吉関係の史料や、他家に伝わる日記なども全て修正せねばならず、どう考えたって不可能です。

そこまで手間をかけて明智の名を消したとして、徳川家康に何の得があるのか?
「家康が本能寺の変の黒幕だからいろいろマズイ」というならわかります。

本能寺の変真相 なぜ光秀は信長を殺したのか? 数ある諸説を検証!

日 ...

続きを見る

ついでにいえば、一字違いの”明知”という地名なら岐阜県にもありました。
明智川という川も流れています。

天海がこれらを知らなかった可能性は高いですが、どっちにしろ地名に人名をつけるというのはしっくり来ない気がします。逆はしょっちゅうありますけども。

完全に余談ですが、ググるマップで明智川を検索すると近隣に”明智の森”というところが出てきます。
「おいでよ光秀の森」とか想像するとホラーですね。むしろ森で殺されたのが光秀だろって話で……!

地元の方、もしご気分を害されましたらすみません。

 

筆跡鑑定では近親者の可能性高い?

筆跡鑑定からすると「近親者の可能性が高い」らしいです。

そんなことで判断できるのか?
という思いは拭えませんが、もし仮にそうだとすれば、”天海=光秀の子供か、親族の子供”では……なんて思ったり。

光秀が子沢山だったことはほぼ確定のようなのですが、人数や名前となるとこれが諸説入り乱れているのです。

仮に光秀が1520年代生まれだとして、その子供となるとだいたい1540~1550年代前半生まれくらいになりますから、1643年まで生きていたとしても”ちょっと長生き”くらいで済みます。
チートオブザ戦国の細川幽斎細川忠興親子もそのくらい生きてますから、長寿ではあってもありえなくはないレベルになります。

光秀が1530年代生まれであれば、さらに可能性は高まりますね。

そんなわけで、当コーナーとしては「天海=光秀の親戚説」を推して参りたいと思います。今のところは。

なお、史実での三成は、以下の記事にまとまっておりますので、よろしければ併せてご覧ください。

明智光秀の生涯55年をスッキリ解説!なぜ織田家No.1の出世頭が本能寺へ?

明 ...

続きを見る

明智光秀の妻・明智煕子(妻木煕子)のナゾ多き生涯~糟糠の妻は如何に生きた?

大 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
『天海・光秀の謎―会計と文化』(→amazon link
天海/wikipedia

 



-徳川家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.