徳川家

水野勝成が戦国最強武将!全国を流浪したリアル傾奇者は家康のいとこだった

更新日:

【人物概略】水野勝成とは?

永禄7年(1564年)、水野忠重の長男として三河国の刈谷に生まれる。徳川家康のイトコ(家康の母・於大の方が忠重の姉)。

1579年の高天神城攻めで初陣を果たすと、同年の第二次高天神城攻めで16歳ながら首級を挙げて織田信長から感状を与えられ、その後も「天正壬午の乱」や「小牧・長久手の戦い」で大活躍。

諸説あるものの鬼武蔵として恐れられた森長可を勝成配下の者が討ち取ったり、徳川家内での武勇は井伊直政と並び称された。

父・忠重の怒りを買って家を飛び出した後は、仙石秀久豊臣秀吉佐々成政立花宗茂黒田官兵衛小西行長など名だたる武将のもとで全国を渡り歩き、九州での合戦にも参加している。

秀吉の死後、家康の口添えによって父と和解すると、関が原の戦いでは、東軍に参戦。島津義弘による「島津の退き口」を抑えるよう井伊直政や本多忠勝から頼まれるほどだったとも伝わる。

老年になっても意気盛ん。
大坂の陣では家康から「先頭に立つな」と命令されながら、いざとなると前へ前へで一番槍、後藤又兵衛の部隊を撃破した。

しかし、単なる乱暴者でもなく、福山藩を担ってからは藺草いぐさの栽培や畳の生産、銀札銭札の発行などで同藩の経済基盤を確立するなど、地元では名君との評価が高い。

1651年福山で没。享年88だった。
跡取りは実子の水野勝俊。

※以下本文へ

 

徳川家康のイトコにしながら倫魁不羈の人物

戦国時代の「かぶき者」と言えば、何といっても「前田慶次」だろう。マンガ『花の慶次』で、広く知れ渡った人物である。
天下人の前でも己を曲げることなく、誰よりも優しく、そして強い。まさに男が惚れる男として描かれていた。

しかしながら、歴史上の「前田慶次郎利益」を調べると、どうもマンガのような人ではなかったらしい。

なにしろ、資料によって生没年が違うため、正確な年齢さえ不明なほどである。
武功としては長谷堂撤退戦が、記録に残るほぼ唯一のものだろう。あとはほとんどのことが、分からずじまいである。

だが、ここで「やっぱり、あんな男いるはずないよね」と思われるのは、まだ早い。
実在する戦国武将でも、まるでマンガのような活躍をした人物は、確かにいた。

その名も「水野勝成」という。

一般への知名度は低いが、その武功の数々は、驚くばかりである。

この男の人となりを、『名将言行録』という書物は「倫魁不羈(りんかいふき)」と記している。つまり、「あまりに凄すぎて、誰にも縛りつけることはできない」という意味である。

その通り、勝成は戦国の世で、我を貫き通した。

 

勝成を雇った家は水野家の敵である

水野勝成は三河刈谷の領主・水野重忠の長男として生まれた。
血筋としては、天下人・徳川家康の「いとこ」にあたる。

齢十六の時、勝成は高天神城での戦いで、幾つもの首級を上げ、織田信長から感状を受けた。同時に永楽銭の旗印まで貰っているほどなので、よほどの活躍ぶりだったのだろう。

続く天正壬午の乱でも、勝成は大暴れした。
徳川本軍の裏をかいて攻めてきた北条勢一万に対し、手駒数百名のみを引き連れ、抜け駆けで攻め込んだのである。

北条勢は大混乱に陥り、潰走――勝成は獲った首級三百を道に吊るし、敵の士気を完全に削いだという。

小牧長久手の戦いでは、目を怪我していたらしく、兜を外して出陣した。
それを見た父・忠重は、勝成を叱った。だが勝成は「うるせえ、黙って見てろ!」と言い残し、馬で駆け、一番首を獲って帰ってきた。
もう、メチャクチャである。

そして、ついに勝成はやらかしてしまう。

ある時、父親の部下といさかいを起こし、怒りにまかせてつい斬り殺してしまったのである。

当然、父・忠重は大激怒。勝成を「奉公構え」としてしまった。
「奉公構え」とは、「追放」プラス「他家への出仕禁止」という重い処分である。現代で言えば「破門状」に近い。「勝成を雇った家は、水野家の敵である」という宣言なので、徳川家康さえ庇うことはできなかった。結果、勝成は徳川方を出奔することとなった。

こうして、勝成の流浪人生が始まった。

 

成政から行長、清正、官兵衛と、大大名を流転し…

まず勝成は豊臣秀吉のもとに行ってみた。
ちょうど四国征伐中であったため、陣に潜りこみ、七百石の扶持を得た。

が、何をしでかしたのか、勝成は秀吉の勘気をこうむり、慌てて逃げ出した。

旅の途中、体の垢を丸めた物を「妙薬だ」と騙して子供に飲ませるなどしながら(ひどい逸話だが、本当に『名将言行録』に書いてある)、九州へと赴く。

その頃、肥後には佐々成政がいた。勝成はそこで千石の扶持を得る。
肥後は国人一揆の最中であり、勝成は大暴れ。当然、数々の武功をあげたが、成政は一揆の責任をとり切腹させられてしまった。そのため、手柄は全て無しになってしまう。

仕方なく勝成は、新領主の小西行長に仕えた。
そこでも一揆などを潰していたが、やがて加藤清正に仕えることとなった。

だが、すぐにそこも辞し、次に立花宗茂、そして黒田孝高に仕えた。
どこに行っても千石以上で雇ってもらえたようなので、やはり腕が立ったということだろう。

ところが、黒田孝高の長男・長政の大坂行きの船に随伴している最中、勝成は唐突に姿を消してしまう。
理由は不明。戦ばかりの生活に飽きたとも、大坂で待つ秀吉を恐れたものとも言われている。

行方をくらますこと約六年。
なぜか勝成は、備中の国人・三村親成の食客となった。

扶持はわずか十八石だったという。

もっとも、そこでも茶坊主を斬り殺すなどの事件を起こしている。
どこまでいっても、人間はそう簡単に変われぬものらしい。

そんな折、天下人・豊臣秀吉が薨去し、世は騒然とし始める。そして勝成は……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-徳川家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.