水野勝俊/wikipediaより引用

徳川家

水野勝俊は気遣い優等生? 戦国一暴れん坊の息子はどんな人生を送ったか

承応四年(1655年)2月21日は、福山藩二代藩主・水野勝俊(かつとし)が亡くなった日です。

藩主としてよりも、あの水野勝成の息子、といったほうがイメージしやすいでしょうか。

水野勝成が戦国最強武将!全国を流浪したリアル傾奇者は家康のいとこだった

続きを見る

トーチャン勝成は、徳川家康のイトコながら、エクストリームな出戻りかつ長命などなど、エピソードに事欠かない人物。

では、その息子・水野勝俊とはどういう人だったのでしょう。

 

父放浪中に生まれた息子

勝俊が生まれたのは、慶長三年(1598年)。父がまだ放浪中のときでした。

なんせトーチャンと来たら、大喧嘩の末に実家の水野家を追い出され、豊臣秀吉やら黒田官兵衛やら佐々成政やら、名だたる大名のもとをいくつも転々とし、暴れん坊の名を欲しいままにしていた御方です。

よくその立場で子供を作ろうと思ったものですが、勝俊の母の身分からすると「なるようになった」という経緯だったのでしょうか。

父が徳川秀忠に仕えはじめた頃、母とともに江戸に呼び寄せられ、武士として公式デビューを果たしています。

 

又兵衛と戦ったり幸村の攻撃を守ったり

大坂の役では冬・夏ともに参陣し、特に夏の陣では手柄を挙げました。

父の隊が後藤又兵衛隊と戦ったり、真田幸村が家康を急襲したときに背後を塞いだりしているので、おそらく勝俊もこのどちらか(あるいは両方)で御首の一つや二つ取ったのでしょう。

真田幸村(真田信繁)45年の生涯!史実はどんな武将だった?【戦国真田三代記】

続きを見る

ちなみに勝成は、家康に「前へ出るな!」と厳命されているにも関わらず、後藤又兵衛との戦いでは一番槍の功を挙げたりしてます。年取ってもKING OF 戦国武将みたいな人ですなw

幕藩体制が確立し、福山藩に封じられたときや、島原の乱に出陣したときなども、父に従って動いています。

親子間で目立ったエピソードはありませんが、一言でいえば「よくできた息子」という感じですね。

福山藩は、元は福島正則の領地だったところです。

父・水野勝成が建てた福山城

正則が広島城の無断で修築したことによって改易されたとき、領地がいくつかに分割され、そのうち福山藩が水野家の領地となりました。

父は放浪していた頃、福山周辺にいたため土地柄に詳しかったため、ぜひにと幕府にかけあって封じられたのだとか。
それだけにやる気も大きく、入封直後からさっそく城や町、灌漑設備などの整備に力を注いでいます。

福島正則が迎えた哀しき改易 清正盟友は豊臣を守りきれず【豊臣恩顧譚】

続きを見る

 

父ちゃん全然引退しない

勝成は74歳で島原の乱(1637年-1638年)に出陣するほど身体頑健だったため、勝俊への家督相続はかなり遅くなりました。

島原の乱を鎮圧した知恵伊豆がエグい! 板倉重昌は悲しい自爆【最後の戦国】

続きを見る

寛永十六年(1639年)にやっと代替わりしました。

が、それでも父はまだまだ元気だったため、息子に対し藩政にアレコレ口出しすることもあったようです。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-徳川家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.