鳥居強右衛門(長篠の戦い、影の主役的な一兵卒)/wikipediaより引用

徳川家

鳥居強右衛門(徳川方の足軽)が長篠城で見せたド根性が凄まじい!

天正三年(1575年)の5月21日、鉄砲の三段撃ちで有名な【長篠の戦いがありました。

【長篠の戦い】の本戦については以下の記事にお譲りして

長篠の戦いで信長の戦術眼が鬼当たり!真の勝因は土木工事? 信長公記121話

続きを見る

今回は「実は、長篠の戦いの結果を左右したのではないか?」という“一兵士”のマンガのような活躍と最期に注目します。

鳥居強右衛門(とりいすねえもん)という徳川方の足軽です。

話の内容が劇的なせいか。現在に伝わる鳥居強右衛門の話は、後世、色々と脚色された可能性を指摘されておりますが、よく知られた説に基づいて振り返ってみたいと思います。

まずは長篠の合戦前夜から見て参りましょう。

 

奥平信昌の守る長篠城

長篠の戦いは、長篠城という徳川家の城が武田勝頼に攻められたことから始まります。

武田勝頼37年の生涯をスッキリ解説!風林火山を使えぬ悲劇が武田家崩壊を招く

続きを見る

もともと大きな城ではありません。

城主として奥平信昌という武将が守っていましたが、精強で知られた武田軍を相手にするにはかなり分が悪い状態でした。

山と川に囲まれた、峻険な場所にあった長篠城

どうにか気力と根性で持ちこたえていたのですが、武田軍の攻撃がいよいよ激しくなり、長篠城はどんどん士気を落としていきます。

あるいは籠城戦で命となる兵糧が底を尽きかけたとも伝わっており、

「このままでは全員討死か餓死か……」

という状態に悩んだ信昌は、徳川家康への救援要請をすることにしました。

しかし、この時点で長篠城は武田軍にすっかり取り囲まれており、ただお使いに行くだけでも決死の覚悟が必要です。

生きて帰るどころか生きて家康の下にたどり着けるかどうかもわからないような難業に、数少ない部下を駆り立てるのか……と悩む信昌に、自ら名乗り出る者がありました。

それが鳥居強右衛門という名の足軽(一般兵)でした。

 

家康と信長に窮状を訴え、来た道をまた戻る

水泳が得意。百姓なのか武士なのか、身分の低さゆえに顔すら知られていない。

そんなことも考慮してか。信昌は鳥居強右衛門にこの任務を命じます。

強右衛門は、城から外に通じる水路と川を泳いで渡り、見事城の外へ脱出。

次の日には家康のいる岡崎城までたどり着き、長篠城の窮状を伝え援軍要請の旨を伝えたといいますから、かなり頑健な体の持ち主だったのでしょう。

運の良いことに、強右衛門が岡崎城についたときには既に家康と信長の連合軍が出発の支度を整えていました。

その数は武田軍の倍とも言われており、これを知った強右衛門は大いに喜びます。

信長も家康も「メシでも食ってちょっと休め。織田&徳川軍と共に行けばよかろう」(超訳)と言ったのですが、喜びすぎた強右衛門は「一分一秒でも早く皆に伝えないと!お先に失礼します!!」(超訳)と、来たばかりの道を猛ダッシュで戻っていってしまいます。

 

走破した実距離は60km以上とも

岡崎城と長篠城の間は、直線距離にして約30数km。

走るとなると実距離は60km以上とも計算されたりしており、普通の現代人が一日で移動できる距離を超えているレベルですね。時速5kmで12時間以上走り続けなければなりません。

まぁ、鍛え抜かれたマラソンランナーが42kmを2時間ちょいで走ることを考えれば、絶対無理とも言い切れない距離です。

ともかく強右衛門は走り抜けました。

そして再び長篠城の近くまで来ると、「無事援軍が来るぞ!」という知らせとして狼煙(のろし)を上げるのです。

「脱出に成功したとき、援軍要請に成功したときは狼煙をあげる」ことになっていたからです。

しかし、これが彼の命を縮めてしまったかもしれません。

完全に包囲しているとはいえ、戦の真っ最中ですから武田軍も気を張っています。

当然見張りもそこらじゅうにいたでしょう。城の中はともかく、外から援軍が来ないとは限りませんしね。

そこに日を置かず上げられた二回ののろし……怪しまないほうがおかしいというものです。

 

命を賭して叫ぶ強右衛門「援軍は来るぞ!頑張れ!」

武田軍は長篠城周辺の道や農村を調べ始め、強右衛門は捕まってしまいました。

取調べによって援軍が来ることは白状してしまいましたが、彼はもう助からないことを悟って最後の意地を見せます。

勝頼に「援軍は来ない、と城に向かって叫べ!そうしたら命を助けてやろう」と命令され、城の前に立たされるのです。

そこで強右衛門は、従順に勝頼に従うフリをしながら、こう叫びます。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-徳川家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.