鳥居強右衛門(長篠の戦い、影の主役的な一兵卒)/wikipediaより引用

徳川家

鳥居強右衛門(徳川方の足軽)が長篠城で見せたド根性が凄まじい!

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
鳥居強右衛門(とりいすねえもん)
をクリックお願いします。

 

「二、三日で信長様と家康様がいらっしゃるぞ! それまで皆頑張れ!!」

そうです。
実際は、武田軍に強要されたことと真逆のことを叫んだのです。

勝頼としては「援軍が来ないことを知れば、長篠城は降伏するか士気がガタ落ちするだろう」と考えてこのように命じたのですが、強右衛門が真逆のことを叫んだおかげで計画が台無し。

激昂して強右衛門をその場で磔刑に処したといいます。

しかし、強右衛門の勇気ある行動と死に様を見た長篠城士はかえって士気を上げてしまい、勝頼の目論見は大幅に外れ、城が落ちることはついにありませんでした。

そして織田・徳川連合軍が到着した後、ここから少し離れた設楽原というエリアで【長篠の戦い】が始まるのです。

 

ふんどしスタイルの絵になる

強右衛門の死は武田軍でも「あっぱれな忠義者」として語り伝えられました。

磔になる直前に話した落合佐平次道次という武士は、その死に様を絵に描かせて旗指物(「俺が◯◯だ!」と戦場で主張するための旗とか飾り)として用いたといいます。

趣味が悪いのか武士らしい思いやりなのか、微妙なところですが、当時の感覚ではきっと後者だったのでしょう。

それが記事のTOPに掲載されている磔の絵です。

実際は「逆さまではなく通常の立ち姿」と目されておりますが、その方が印象的なため、そう伝えられてきたのでしょう。

いずれにせよ鳥居強右衛門の働きは認められ、その子・鳥居信商には百石の石高を取り分を与えられております。

この信商、奥平信昌の四男である松平忠明(母が家康の娘・亀姫)に仕えるのですが、【関ヶ原の戦い】ではなんと、敵の安国寺恵瓊を捕えるという大きな戦功を挙げています。

亀姫(家康の長女)の激情生涯~母は殺され兄は自害で本人も毒姫に?

続きを見る

これによって二百石を加増され、その後も出世を重ねて最終的には1,200石にまで増えていたと言いますからもはや足軽ではなく立派な武士。

実際に、鳥居家の子孫たちは藩の重職に就いて、明治維新まで存続するばかりか、現在まで血が続いているそうです。

日本人で「ご先祖が武士」という家はけっこうあるでしょうが、確実に名前がわかる一兵卒の家が存続しているケースはそうそうないんじゃないでしょうか。

強右衛門本人の武名だけでなく、代々それに恥じないよう心がけていたのでしょうね。

長篠(愛知県新城市有海)にある鳥居強右衛門磔死之趾/photo by 立花左近 wikipediaより引用

 

さて、長篠の戦い本戦は?

さて、鳥居強右衛門の活躍によって長篠城が窮地から脱すると、この後、織田徳川連合軍と武田軍は「設楽原」で対峙します。

そこで両軍がぶつかるわけで、いわゆる【長篠の戦い】ですね。

地名からとって【設楽原の戦い】とも呼ばれたりします。

一般的な長篠の戦いとは、この設楽原の戦いのみに注目し、事前に起こっていた長篠城の攻防や鳥居強右衛門の一件は、世間ではあまり話題になりません。

結果は織田徳川連合軍の圧勝ということはよく知られ、あたかも武田勝頼が愚将のように印象付けられております。

が、そう単純にも言い切れませんので、よろしければ以下の記事を続けてご覧ください。

長篠の戦いで信長の戦術眼が鬼当たり!真の勝因は土木工事? 信長公記121話

続きを見る

なお、鳥居強右衛門の功績については、

『鳥居強右衛門 (中世から近世へ)』(→amazon

上記の書籍で細かな史実検証が行われています。

Kindle版でしたらすぐに読めますので、興味をお持ちの方は併せてご覧いただければと存じます。

あわせて読みたい関連記事

長篠の戦いで信長の戦術眼が鬼当たり!真の勝因は土木工事? 信長公記121話

続きを見る

武田勝頼(信玄の四男)風林火山を使えぬ悲劇が武田家の滅亡へ 37年の生涯

続きを見る

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

亀姫(家康の長女)の激情生涯~母は殺され兄は自害で本人も毒姫に?

続きを見る

築山殿/瀬名姫(家康の正室)は重たい女? 最後の手紙と殺された理由

続きを見る

長月七紀・記

【参考】
国史大辞典
金子拓『鳥居強右衛門 (中世から近世へ)』(→amazon
『戦国武将合戦事典』(→amazon
鳥居強右衛門/wikipedia
長篠の戦い/wikipedia

TOPページへ

 



-徳川家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.