絵・岡本亮聖

豊臣家

秀吉主催の北野大茶会 人がサッパリ集まらず1日で終了って……

「大ヒット満員御礼!」
という映画の宣伝。

「○○反対へのデモに◯◯万人!(主催者発表)」
という報道など。

現代にいたるまで誇大表示というのは後を絶たない。

歴史書でもそれは同じ。「A将軍の作戦大成功」と書かれていたとしても、果たして本当かどうか。

戦国の世を成り上がったスーパースター豊臣秀吉

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

庶民人気も絶大だったと言われているが、それはかなり怪しい。

人気があったのは、あくまで江戸時代以降のことで、自身が存命中はむしろ逆であったふしがある。

 

秀吉の庶民人気の証明とされた大茶会だが

秀吉が京都の北野天満宮で行った有名なイベントに、北野大茶会というのがある。

庶民から大名まで興味がある人なら身分の分けへだてなく、天下人・秀吉とお茶ができる――そんな画期的なイベントだった。

北野天満宮

メインは、もちろん秀吉の茶。とはいえ全員を相手にできるわけもない。

そこで当日、その場で抽選が行われ、

1等 秀吉
2等 千利休
3等 津田宗及
4等 今井宗久

へと振り分けられた。

利休をはじめとする2等以下は、当時最高峰の茶人である。

秀吉は、神社の拝殿に40点もの名物の茶器(一つで城持ちに相当するものばかり)をせっせと並べ、利休らは経堂という建物に茶席を設けた。

 

なぜ1日で終了したのか謎だったが

歴史の教科書では、大勢の人が押し寄せて大成功――そうなっている北野大茶会。

しかし、この大茶会には謎があった。当初の開催期間は10日の予定だったのに、わずか1日で終わっていたのである。なぜ、そんなことに……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-豊臣家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.