浅井三姉妹(絵・富永商太)

豊臣家

浅井三姉妹・江から生まれ淀殿に育てられた豊臣完子とは? 祖母は秀吉姉

更新日:

万治元年(1658年)8月18日は、豊臣完子(さだこ)が亡くなった日です。

苗字からすると、一瞬『豊臣秀吉に娘なんていたっけ?』と思ってしまいますが、彼女は秀吉の子供や養女ではありません。
ややこしいので、まずは系図から見ておきますと……。

父親は豊臣秀勝で、母親がお江与。

豊臣秀勝は、豊臣秀吉の姉・とも(日秀尼)の子ですから秀吉の甥っ子ですね。
一方、お江与とは、徳川秀忠の妻となるお江与であり、浅井三姉妹・ごうの表記で親しまれているかもしれません。

要は、
・豊臣(秀吉の姉)
・浅井(長政)
・織田(お市
の血が混ざった、なかなか複雑な立ち位置の女性ですね。

そんな彼女は一体どんな生涯を送ったのでしょうか。

 

豊臣完子にとっての「母」は淀殿だった?

完子は、文禄元年(1592年)生まれ。

三歳のときに江(お江与)が徳川秀忠に嫁いだため、以降、母とは離れて育ちます。
なんせ嫁ぎ先が徳川家のトップであり、そこへ豊臣の血を引く娘を連れていくわけにもいかず、結局、完子は伯母である淀殿に預けられました。

おそらく、完子にとっての「母」とは淀殿だったでしょう。

淀殿に娘がいないこともあってか。
姪っ子の完子は随分と可愛がられ、12歳で公家・九条幸家に嫁いだときも、京の人々が珍しがるほど盛大な支度を整えてやったといいます。

もちろん、お江与も娘のことを愛していました。

離ればなれになるとき、自分の侍女の1人である”いと”を完子につけていったとされています。
いとがどんな人物だったかは不明ですが、おそらく相当信頼され、場合によっては完子の母親・姉代わりになれるような女性だったのでしょう。

物心がつくかつかないかの娘を任せるのですから、実母としては辛い決断だったに違いありません。

 

夫の九条幸家は武家との繋がりを持てるように

九条家に嫁いだおかげで、慶長二十年(1615年)に豊臣家が滅亡したとき、完子にお咎めはありませんでした。

しかし、母代わりだった淀殿の最期を聞かされるワケですから、心労のキツさは極みだったでしょう……。

以降の完子は、母の三人目の夫・徳川秀忠の養女という立場になります。

そのおかげで、自らの夫・九条幸家は、朝廷の中で武家とのつながりを強く持てることになりました。
秀忠の娘であり、完子の義理の妹でもある和子が後陽成天皇に嫁いだときも、幸家が仲介役の一人になったとか。

2人は夫婦仲も良かったようで、四男三女にめぐまれています。
一人だけ19歳で亡くなった娘がいますが、他の子供は無事に成長。多産ぶりは母に似たという面もあるでしょうね。

完子自身は秀吉から直接の血こそ引いておりませんが、姉を通じて「豊臣家」の人間の血を女系で続いたことになります。

完子の子孫の一人が貞明皇后ですので、皇室にもその血は流れているといえますね。

 

67歳で亡くなるまでの後半生 平和では

完子は、祖母の秀吉姉・とも(日秀尼)とも交流を続け、完子の末娘・日怡が、ともの寺である瑞龍寺を継いでおります。

瑞龍寺は、ともが息子・秀次や孫達を弔うために作ったお寺でした。

秀次からすると、姪(完子)の子供、しかも豊臣家を滅ぼした徳川家の義理の家族(完子は徳川家光の異父姉にもあたる)が、自分の菩提を弔ってくれたことになります。
ややこしいですが、深イイ話……ですかね。

完子自身はそれ以降安泰に暮らしたようで、67歳で亡くなるまでの間は特に逸話が伝わっていません。

前半生はともかく、後半生は幸せだったとみていいのではないでしょうか。

「便りのないのは良い便り」
といいますし、記録がないのは幸せな証拠なんですよ、きっと……。

まぁ、豊臣家の中で一人くらいは安穏な一生を送った人がいてもいいというか、むしろもう少しいて欲しかったというか。

長月 七紀・記

【参考】
『物語 戦国を生きた女101人 (新人物文庫)』(→amazon link
豊臣完子/wikipedia
九条幸家/wikipedia

 



-豊臣家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.