片桐且元/wikipediaより引用

豊臣家

片桐且元(七本槍の一人)が豊臣と徳川の板挟み!大坂の陣での苦悶たるや……

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
片桐且元
をクリックお願いします。

 

方広寺鐘銘事件のとき家康はすでに71歳なワケで

方広寺鐘銘事件とは……。

「お寺の鐘に国”家”安”康”って刻んだそうですね? ワシの名前をぶった切るなんて呪詛ですか?」(超訳)

上記のように家康が豊臣家に迫ったとき、年齢は既に71歳でした。

現代であれば「もっと長生きしてね」という歳ですが、当時としては何時あちらの世界へ旅立ってもおかしくない年齢です。

方広寺鐘銘 「国家安康」「君臣豊楽」/photo by Fg2 wikipediaより引用

家康は自分が死んだ後、秀忠が豊臣家をうまく処分できるとは考えていなかったのでしょう。

そこに(苦しいながらも)豊臣家を咎め立てできるモノが見つかったので、つついてみた……というのが、方広寺鐘銘事件の実情ではないでしょうか。

このとき駿府へ弁明にやってきたのが片桐且元。

賤ヶ岳の七本槍に数えられる秀吉恩顧の武将でした。

【賤ヶ岳の七本槍(当時の年齢)】

加藤清正(22才)
福島正則(23才)
加藤嘉明(21才)
脇坂安治(30才)
片桐且元(28才)
平野長泰(25才)
糟屋武則(不明)

賤ヶ岳の七本槍って実は九本槍!? 戦場ではどんな活躍を? まんが戦国ブギウギ81話

続きを見る

片桐且元は、父が北近江の国衆・片桐直貞で、秀吉の長浜城時代に弟の片桐貞隆と共に傘下へ入りました。

このときの同僚が石田三成や大谷吉継、脇坂安治などですので、このときは生粋の豊臣メンズなわけですね。

彼等は主に「計数の才」を得意とし、兵糧や武器弾薬の手配や太閤検地など、槍働きよりも数字で政権を支える若手官僚のような存在でした。

しかし且元は、家康にとっても微妙な立場ながら重要な人材でありました。

彼は豊臣秀頼を支えるポジションであり、同時に家康とも通じてその意を豊臣に伝える役割もこなせたため、関ヶ原の戦い後に所領も与えられています。

他ならぬ方広寺大仏殿の普請奉行を務めたこともあり、適任と言えば適任でもありました。

※ついでに言うと片桐且元は出雲大社の造営奉行を務めたりもしています

 

片桐の意見として淀殿に譲歩案を提示するも

兎にも角にも、駿府へやってきた片桐且元。

家康は直接会わず、代わりに側近の僧侶が「呪いじゃないならそれなりの誠意を見せてよ^^」(※イメージです)という空気だけを匂わせました。

個人間だったら確実に嫌がられる対応ですが、政治的なやりとりでは定石というか、腹を探らせるやり方ですね。

家康の言わんとすることを察した且元は、あくまで私見として、秀頼と淀殿に対応策を提案しました。

具体的には以下の三案となります。

「秀頼が大坂城から出る」

「秀頼が江戸へ参勤する」

「淀殿を人質に出す」

戦国時代であれば珍しくない話です。

しかし且元は、淀殿という人間を理解しきれていませんでした。

淀殿/wikipediaより引用

秀吉存命中に「天下人の跡継ぎの母」として絶対的な地位になった淀殿には、今さら自分と息子が誰かの下になることなど考えられなかったのです。

淀殿は、織田信長の妹・お市の方の娘(浅井三姉妹の長女)であり、秀吉お気に入りの側室でしたから。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-豊臣家
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)