絵・富永商太

豊臣家

「秀吉は卑しい人間」と暴言吐いたのはあの清正? 豊臣恩顧の筆頭がなぜ?

豊臣恩顧の代表といえば?

お酒大好きの福島正則――あるいは加藤清正あたりを思い浮かべる方が多いでしょうか。

二人とも【賤ヶ岳の七本槍】に数えられたり、関ヶ原では三成と反目して東軍になったり、何かと共通点も多いイメージですが、人気でいえば清正に軍配が上がりそうです。

正則のような猪武者タイプではなく、築城技術に優れ、スマートなイメージもある。

そんな清正が「秀吉は卑しい人間だ」と発言していた、と知ったら驚きませんか?

中国は明の史料に残されていたというのです。

 

西日本を中心に組まれた文禄の役部隊

清正の問題発言が出たのは、秀吉の外交政策として悪名高い【文禄の役(1592-1593年)】のとき。

戦国時代を生き抜いた歴戦のツワモノたちも「すでに日本は統一したんだから戦はやめてよ……」と厭戦気分に落ち込み、豊臣政権崩壊のキッカケとしても知られます。

なんせ渡海しての慣れない合戦です。

毛利や島津、宇喜多など。

西国武将たちを中心に組まれた豊臣軍は多大な負担を強いられ、その中には当然、秀吉子飼いの加藤清正も含まれていました。

文禄の役『釜山鎮殉節図』(左側の船団が豊臣軍)/wikipediaより引用

以下にざっとメンツを記しておきますと……。

【文禄の役】

1番隊:小西行長・宗義智・松浦鎮信・有馬晴信(約19,000人)

2番隊:加藤清正・鍋島直茂・相良頼房(約23,000人)

3番隊:黒田長政・大友義統(約11,000人)

4番隊:毛利勝信(森吉成)・島津義弘・高橋元種・秋月種長(約14,000人)

5番隊:福島正則・長宗我部元親蜂須賀家政・生駒親正(約25,000人)

6番隊:小早川隆景・毛利秀包・立花宗茂(約16,000人)

7番隊:毛利輝元(約30,000人)

8番隊:宇喜多秀家(約10,000人)

9番隊:豊臣秀勝・細川忠興(約12,000人)

船手衆(水軍):九鬼嘉隆・藤堂高虎・加藤嘉明・来島通之

1番隊から9番隊まで、戦国期に残るスター武将たち。

ほぼほぼ西日本のメンバーですよね。

 

交渉担当は行長と三成

1万の兵を率いた清正は、破竹の勢いで進軍。

朝鮮の王子2人を捕虜にするなどの戦功をあげますが、そのうち明の援軍到来や兵粮の確保・戦線の維持が困難となり、結局、豊臣軍全体としては半島南端へ撤退せざるをえなくなります。

文禄の役における加藤軍の進路/wikipediaより引用

文禄の役における加藤軍(青)と小西軍(黄)の進路/wikipediaより引用

そこで朝鮮の宗主国・明と和解交渉を進めたのが、清正と同じく肥後半国を与えられた小西行長や石田三成です。

石田三成
石田三成 日本一の嫌われ者を史実から再評価!豊臣を支えた41年の生涯

続きを見る

二人とも、秀吉、側近中の側近。

同じく秀吉側近ながら加藤清正とは相性最悪な組み合わせでした。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-豊臣家

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)