宇喜多直家/wikipediaより引用

宇喜多家

宇喜多直家・戦国の謀殺王が裏切りを重ねた理由「お茶に呼ばれたらヤバいで」

更新日:

戦国時代には、今の常識が通用しないことが多々あります。

織田信長が、自分を裏切りそして滅ぼした義弟・浅井長政の頭蓋骨に金箔を貼った――というのも、実は死者に対する敬意を示すものだったなんて説もあります。
この話自体がフィクションの可能性も大ですが、それはさておき。

今回は、別の常識ハズレな方に注目です。

天正七年(1579年)10月30日、宇喜多直家が織田家に降伏しました。

この直家、松永久秀斎藤道三と並び「日本三大梟雄」の一人に数えられる人物です(息子は三大イケメンの宇喜多秀家さん)。

妻の実家や娘が嫁いだ相手まで謀殺の対象にしている直家の場合、二人と比べてもやってることがエゲツない。
ただ……直家にもそうする理由はありました。

 

祖父の代では没落していた宇喜多直家

宇喜多家は、直家の祖父・宇喜多能家うきたよしいえの代で没落。
島村盛実しまむらもりざねに攻められ砥石城(備前)で自害しております。

それが天文3年(1534年)のことで、以降、直家は、父の宇喜多興家と備後の鞆津とものつや備前の商人を頼るなどし、天文12年(1543年)頃に浦上宗景に仕えました。

それから程なくして砥石城を奪還するも、周囲の有力大名から板ばさみのような状態になり、なかなかお家安泰とはなりません。

力の弱い家が生き残っていくためには、謀略に頼るほかありません。
そこでよく用いたのが、謀殺。

「直家+お茶=謀殺」
ってなもんで、茶会に招かれたらこれはもうターゲッティングされていると思ってもいいほどです。

永禄2年(1559年)に同盟&婚姻関係を結んでいた中山信正を殺し、沼城へ移転。
さらには永禄4年(1561年)、宿敵・松田元輝配下の城主を滅ぼしたかと思ったら、今度はその元輝と手を組み、毛利氏配下にいた三村親家を暗殺するのです。

ただし、暗殺や謀殺などの策を張り巡らせるばかりだけでなく、当人は合戦も上手で【明禅寺合戦】で三村元親(家親の子)を撃破したかと思ったら、先の松田元輝も攻め滅ぼしたり、備中松山城の三村元親を滅亡させたりしています。

この間、敵対していた毛利家とは、足利義昭を通じて和睦するなど、外交における臨機応変さを見せています。

 

「兄上の呼び出し? 鎖帷子を用意せよ」

それでもやはり謀殺・暗殺はよく用いたので、実の弟ですら
「兄上の呼び出し? 鎖帷子を用意せよ((;゚Д゚))ガクブル」
という状態だったとか。

同盟と破棄を幾度も繰り返していたので、裏切りによる殺害も含めれば、その数は倍近くなるでしょうか。

よくこれで本人が刺客を放たれなかったものです。
それとも返り討ちにしたんでしょうか。

しかし見方を変えれば、「急に親しいフリをするようになった相手」は信用しなかったという面もあります。
なぜなら、暗殺をさせた古参の家臣を使い捨ててはいないからです。

ただ単に暗殺が好きな卑怯者であれば、情報が漏れるのを恐れて口封じまでしたでしょう。

ですが、城が餓えるようなことがあれば直家自ら食を断ったり工作に励んだり、苦しみを分かち合おうとする人でもあったのです。
そのためか、直家は恐れられてはいても家臣に背かれることはなかったようです。

 

毛利家と織田家の狭間に立たされ

直家は暗殺や謀略を繰り返し、主家・浦上家を追放して戦国大名となりました。
そこで今度は、毛利家と織田家の狭間に立たされることになります。

なんせ彼の本拠は備前(現・岡山県東南部)ですから、地理的に仕方のないこと。

この頃は豊臣秀吉が中国方面の攻略担当となり、対する毛利家は毛利元就は亡くなっていたものの、当主・毛利輝元の叔父である吉川元春小早川隆景の二人が脇をがっちり固めていました。

これでは暗殺など通用しません。

実は一度、毛利家の二人に対し、
「戦帰りにウチへ寄ってくださいよ(アナタ方の首を手土産にしたいんで)」
と誘いかけたのですが、あっさりバレてしまい失敗に終わっています。

そこでさすがの直家も諦め、潔く織田信長に投降する道を選びました。

それまで毛利寄りだった直家が降伏の意向を示したことで、秀吉はこれを手柄にしようと信長への仲介を引き受けます。
戦をせずに傘下が増えれば、それに越したことはないですからね。

かくして織田家についた直家は、秀吉に感謝したのか対毛利家攻略に力を注ぎます。
そのおかげもあってか、長男・秀家は後々秀吉から寵愛され養子にもなり、若いのに五大老にまでなりました。

暗殺上手と忠誠心、似ても似つかない単語のような気がしますが、人は見かけだけでなくやってることにもよらないということでしょうか。
直家の木像の写真見てると背筋が寒くなるなんてそんな気のせい気のせい。

なお、イケメン息子・宇喜多秀家の記事もございますので、よろしければ併せてご覧ください。

【戦国イケメン伝・宇喜多秀家】27歳の若さで五大老就任!しかし最後は八丈島へ

「 ...

続きを見る

豊臣秀吉62年の生涯をスッキリ解説【年表付き】多くの伝説はドコまで本当?

日 ...

続きを見る

長月 七紀・記

日本最凶クラスの謀将・宇喜多直家 その最期は畳の上で『尻はす死』

戦 ...

続きを見る

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon link
宇喜多直家/Wikipedia

 



-宇喜多家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.