手取川の戦い

鬼柴田と恐れられた柴田勝家(左)も軍神・上杉謙信には赤子のごとく?/wikipediaより引用

合戦・軍事

織田軍と上杉軍が大激突!手取川の戦いで上杉謙信が柴田勝家をフルボッコ

天正五年(1577年)9月23日。

上杉謙信と柴田勝家の間で手取川の戦いが勃発しました。

石川県にある同名の川付近が戦場であることからそう呼ばれています。


※松任城のすぐ南にある手取川が主戦場となる

この戦い、「織田家が上杉謙信に木っ端微塵にされた戦」(※多少の強調があります)として有名ですが、実は前後の経緯を含めた詳しい事情は、当時の史料にあまり記載されていません。

戦国ビッグネームの間で起きた戦としては不可解なほどです。

一応、定説とされるものは伝わっているので、そこをざっくり見るところから進めていきましょう。

 

長篠勝利のノリノリ状態で迎えた手取川の戦い

手取川の戦いが起きる数年前――織田信長は、足利義昭と対立。

武田信玄や石山本願寺らを敵に回し、四方八方が敵だらけという【信長包囲網】を敷かれて孤立しかけていました。

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

武田信玄
武田信玄 史実の人物像に迫る!父を追放し三方ヶ原後に没した53年の生涯

続きを見る

しかし、信玄が亡くなり、包囲網がユルくなった矢先に朝倉義景浅井長政を滅ぼし、さらには1575年【長篠の戦い】で武田勝頼に快勝すると、これまで溜まっていた鬱憤を晴らすかのように全国各地へ“方面軍”を展開しはじめます。

例えば、中国方面には羽柴秀吉

畿内や丹波方面には明智光秀

北陸方面、つまり上杉家対策もその一つで、ここは家中きっての勇将・柴田勝家が担当していました。

前哨戦として、大規模な一向一揆を起こして以来100年ほど自治国を作り上げていた加賀(現・石川県)を攻略し、勝家にここを与えて足がかりにします。

加賀一向一揆(北陸の戦国騒乱)は織田家の鬼柴田が平定!なぜ100年も続いた?

続きを見る

 

近畿から北上する勝家と新潟から南下の謙信

一方の謙信は、表向き、

「ウチは自国防衛とその周りの大名の救援はするけど、こっちから侵攻はしませーん」

というスタンス。

積極的に織田家とぶつかろうとはしていませんでした。

が、信長が本願寺と戦をおっぱじめた頃から反織田に態度を変えます。これに北陸の諸将が同調し、加賀以北は反信長同盟的なものができたのです。

もう一つ謙信にとって重要なのは、上洛するルートを確保することでした。

謙信の居城・春日山から京都に出るためには、北陸諸国を手中に収めていなければ安心できません。

そこで能登(現・石川県)にある七尾城という城を攻めました。

この時点で「他国へ侵攻してんじゃねーか……」とツッコミたくなってきますが、毘沙門天様だから(ry

七尾城は北陸有数の堅城だったため、一度は上杉軍を退けることに成功します。

しかし、自分の兵だけでは戦闘と領民保護を両立できないと考えた城主・長続連(ちょうつぐつら)は、「NOBUさんに相談だ!」(超訳)ということでかねてよりツテを作っていた織田家に救援を要請しました。

信長もドン引きした長連龍(北陸の戦国武将)一族殺戮の恨みを倍返しだ!

続きを見る

そして織田軍の先鋒としてやってきた柴田勝家が、上杉謙信とぶつかることになったのです。

信長は後日来ることになっていました。

 

手取川を越えた直後に撤退を決意

が、ここで二つの大問題が起きます。

一つは、勝家が着く前に七尾城が落ちてしまったこと。

もう一つは、勝家と共に謙信へ当たるはずだった羽柴秀吉(豊臣秀吉)が勝手に陣を離れてしまったことでした。

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

前者は内部分裂によるものだったので、勝家や織田家のせいではありませんが、後者の秀吉撤退は大問題。

作戦に関して意見の相違があったからといわれていますが、現代に置き換えれば「『部長と一緒に行け』と社長に言われたのに、部長とケンカしたから出張行きません(キリッ」と言って本当に実行したようなものです。

なんだか小物感が漂いますがホントにこうだから仕方がない。

残された勝家は自分だけでも謙信を阻もうとします。

柴田勝家
当初は信長と敵対していた柴田勝家 秀吉に敗れるまでの生涯62年まとめ

続きを見る

が、七尾城の陥落を知って撤退を決意。

その方針を決めた場所が最悪でした。

手取川を越えた直後だったのです。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-合戦・軍事
-