日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

本丸一文字門

スポンサーリンク

日本100名城・写真館

山形城(日本100名城No.10)最上一族の心血注いだ大城郭は東北No.1?(画像10枚)

更新日:

 

【山形城の基本データ】

名称:山形城(日本百名城10番)
別名:霞城・霞ヶ城・吉字城
成立:1356年(1357年)
城主:斯波兼頼(最上氏の祖)が築城・最上義光が改築・同家改易でその他大勢(鳥居氏以降11氏)
合戦:東北の関が原こと長谷堂城の戦い(慶長出羽合戦)
名物:芋煮&イナゴの佃煮
一言:全国的に有名な芋煮。そして意外と知られていないのがイナゴの佃煮でしょう。食わず嫌いでお試しになられない方も多いですが、WHO(世界保健機関)でも虫食は絶賛オススメ中であり、古くから親しまれてきた山形の味が世界に広がるかも!

ナビゲーター:石垣 鉄男&櫓 優子&お城野郎!


スポンサーリンク

一文字門だけでシロメシ3杯いけまっせ

櫓 優子(以下、優子)「実は私もまだ食べたことがないのよ」
石垣 鉄男(以下、鉄男)「そりゃ、オレもだよ。知り合いに、山形出身の女の子がいてさ。昔、その娘が言ってたんだ。イナゴの季節になるとペットボトル一杯に詰め込んで、おばあちゃんに持っていくんだ、って」
優子「あら。地元では子供の頃から親しみ深いのね」
鉄男「一瞬、引いちゃったんだけど、オレ、彼女に言ったんだ。地に足の着いた食生活ってのは、それこそ歴史なんだよな、今度、食べてみたいな、って」
優子「随分と殊勝な心がけね。一体どうしちゃったの?」
鉄男「いやぁ、その娘が可愛かったからさぁw」
優子「結局、そういうことかい!」
鉄男「では、最上義光さんの拠点でお馴染みの山形城へ!」

優子「存在感あるわね~」
鉄男「横から撮影したTOP画像も、もう一度あわせて見ておこうか」

優子「うわぁ。様式美、というのかしら。美しさすら感じるわ」
鉄男「天守はないけど、この本丸一文字門だけで城メシ、じゃなくて白飯が3杯食えるな」
優子「お城のどの辺に設置されているのかしら」

スポンサーリンク

一文字門は本丸の南東に位置している

鉄男「んじゃ、縄張りで見てみよっか」

山形城の縄張り図/国立国会図書館蔵

優子「門だらけでわからないわ。まぁ、でも、いかにもな場所があるわね」
鉄男「そうそう」

優子「やっぱりw」
鉄男「1996年からこの門の復元プログラムが始まったんだけど、残念なことに一文字櫓が手付かずでね」
優子「天守がなくても、立派な櫓があれば見どころになるのに、勿体無いわ」
鉄男「資料がなくて着手が出来ないらしい」
優子「それは純粋に見つかって欲しいわね……」
鉄男「まぁまぁ、他にも見どころはあるから」

優子「あら、櫓あるじゃない。ちっちゃいけどw」
鉄男「こらこら、鮭様に叱られますよ」
優子「鮭が大好きだった最上義光さんのコトね」
鉄男「愛くるしい鮭エピソードだけでなく、義光さんって大名としても優秀だったのに、未だ誤解されているよね」
優子「大河ドラマ・独眼竜政宗の影響でしょ。私は生まれてなかったからわからない♪」
鉄男「ウソこけ! と、思ったらあのドラマは30年前か……でも、生まれてないとかわざわざ言う人に限って、その直前だったりするから、やっぱり……アラサー?」
優子「さぁ、次の写真をお願い♪」

基本的には土塁&お堀の城だった

鉄男「んじゃ、門はいったん置いといて、石垣とお堀をば」

優子「カクカクしててサンシャインみたい」
鉄男「えっ? なにそれ?」
優子「知らないの? キン肉マンの超人よ」
鉄男「いやいや突然おかしいでしょ、何を言ってるの、アナタ」
優子「最初に一文字門を見たときから思ってたのよ。やっと言えたわ。私の兄がキン肉マンマニアで、家中キン消しだらけだったの」
鉄男「なんだ、そういうことか。だったらそれ演歌のステージで話してみたら?きっとウケるよ」
優子「じゃあ、ジェロニモと一緒に」
鉄男「いや、ここではもういいから」

優子「あれ? 石垣の向こうは……」
鉄男「土塁だね。基本的に山形城は土塁のお城なんだ」
優子「なんだか意外!」
鉄男「どうしても一文字門に目が集中しちゃうから、石垣造りと思っちゃうんだよね」

優子「ほんとね。当時は木が生えてなかったのよね」
鉄男「そうそう。土塁と水濠だけど、実はこのお城、とにかくデカイ! 本丸・二ノ丸・三ノ丸あわせて東北では一番の広さなんだ」
優子「さすが最上義光さん!」

最上騒動が元で改易となり、その後、数多の城主を迎え……

鉄男「でもね。最上さんのお孫さんの代で改易になってしまい(最上騒動)、藩の規模が縮小されるにつれて城の維持が難しくなったみたいでさ。途中から結構荒れてたらしいよ」
優子「そうなんだぁ。門ばかり見てたら、城全体の大きさがわからなくなっちゃうとこだった」
鉄男「最上家は、駒姫の悲劇もあるし、何かと興味深い。ちなみにコチラも三の丸土塁跡ね」

優子「手前の石垣が味わい深い」
鉄男「石に、アナタの売れないCDの名前とか書いたらダメだよ」
優子「失礼ね! 今はiTuneなの!」
鉄男「iPhoneで演歌聞く人おるんかーい」

優子「いきなり門が2発きたわね」
鉄男「二の丸東大手門高麗門(写真上)と、櫓門ね(写真下)」
優子「にしても、ゴツい……。江戸城とか駿府城みたいな雰囲気ね」
鉄男「城の規模が大きいから、必然的にそうなったのかも」
優子「あら、自信なさそうね」
鉄男「ここは熱き最上ファンに聞きたいところだ!」
優子「何を急に強気になってんのよ」
鉄男「いや、ほら、最近、武将ジャパンで最上義光さんや書評記事をチラホラ見かけて、勉強になったので」
人物叢書『最上義光』は迷わず買いだ! 発売直後にバカ売れ瞬殺で重版決定のナゾを解説
東北の名将・最上義光のオススメ書籍をピックアップ! ついでに「鮭様」の誤解を解いておきましょう
優子「そういえば上記の記事で、最上さんへの誤解が解けたって人もいたみたいよ」
鉄男「そうかー。これに加えて更にお城野郎さんのコラムが来れば、やっぱりイナゴ、100人乗っても大丈夫!」
優子「いや、ここでイナバからイナゴへ持ってくのは、無理があり過ぎるわ」
鉄男「…………」
優子「そもそもイナゴを獲っていた山形の女の子を『知り合い』と言ってたわよね?」
鉄男「……う、うん」
優子「つまり……好きだったけど、結ばれるコトはなかったということよね? 一度でも付き合ったりしていたら、【親しくしていた】とか【元カノ】って言うハズだし」
鉄男「……」
優子「キャハッ(・∀・)」
鉄男「んぐぅ><;」

コラム「お城野郎の百名城バンザイ!」

山形城の歴史は最上家の歴史そのものです。

最上家が山形城を築いたのは14世紀の南北朝時代。この頃の山形城は城というより館に近いものでした。京都の室町御所に似たような方形の屋敷です。現在でも山形城の本丸は無警戒な四角形をしており、戦闘力より格式の高さを感じる城です。

最上家は戦国時代に入ると現在の山形県全体に勢力を拡大して行きます。背景には最上川の水運を掌握し、日本海までの輸送ルートを押さえるためもありますが、陸奥の南部家同様に何百年も土着すると、本家同様の力を持った親戚筋が各地で暴れ出し、やがて骨肉のバトルロワイアルが始まるのです。

この終わりなき争いに終止符を打つべく最上義光は従わない者は徹底的に叩きのめし、時には暗殺も辞さない態度で山形を統一していきます。

このような環境で元々は館だった初期山形城では、戦闘力の低さは絶望的。城の西側に川が造った断崖はありますが、その他は絶望的な平城です。同じように館から発展した城で織田信長の初期清洲城がありますが、義光は信長のように本拠地を移すことはしませんでした。最上川や街道の要衝各地にいる同族と戦って城を奪ったり、新たに支城を構えることで、山形城の弱点を補強していったのです。

いわゆる「最上四十八楯」と呼ばれる支城群です。

実際は48以上あったと言われています。きわめつけは関ヶ原の戦いで東軍に味方し、西軍の上杉家の猛攻を長谷堂城などの四十八楯で凌ぎ切ったことです。

この功績により最上家は山形57万石を得て大大名の仲間入りを果たします。そして領土拡大に伴い、山形城自体も拡張していきました。

平城でこれといった天然の要害もない城は、本丸から十分な縦深を取ることで、防御力を高めることが可能です。山形城は広大な三の丸を城の外郭、特に平野が続く城の南東方面に築くことでそれを達成します。今やすっかり街に溶け込んでしまいましたが、山形城の三の丸まで含めるとその広さは姫路城の外郭より広い巨大な平城でした。

江戸時代になり、最上家が改易されると、57万石は細かく分けられてしまいます。

庄内藩、新庄藩、上山藩、本荘藩、そして山形藩。

それぞれ数万石程度の小藩に分けられ、残りの石高は幕府直轄領として吸い上げられてしまいます。

山形城は最終的に5万石級城主の城へ……。

5万石の藩に57万石級の巨大な山形城を運用する能力もカネもありません。その結果、江戸時代の早いうちに三の丸は放置されます。山形城は城主の石高に合わせるようにダウンサイジングされてしまい、小藩の城に落ち着いてしまったのです。

このように館から発展した山形城は城の造りそのものを楽しむにはやや平凡ですが、最上家と歩んできた歴史、また最上家亡き後の斜陽の歴史を知ることで山形城の栄枯盛衰と最上義光の偉大さを改めて城から実感することができるのです。

 

※以下のグーグルマップには、日本100名城がすべてマーキングされております
日本100名城ALLマーキング!

スポンサーリンク

【参考】
山形市観光協会
公益財団法人日本城郭協会
日本100名城/wikipedia
日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-日本100名城・写真館

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.