中学受験ブログ

塾の比較と選択 サピックスあわなきゃ転塾【偏差値20台から桜蔭へvol.38】

【編集部より】当記事は、2014年2月から2015年2にかけて連載をしていた【中学受験ブログ】を再構成したものです。

受験に挑んだのは、とある歴史研究者・MICHIZANE氏(仮名)と、その娘さん・KOMACHI。
小学4年生の夏休み後から塾に通い始め、当初は四谷大塚で偏差値20台を記録するなど、頭を抱えてのスタートでありました。

それが、最難関校の桜蔭に合格という快挙を成し遂げるのですから、いやはやわかりません。

特に、タメになるという内容ではございませんが、MICHIZANE氏が漠然と思ったり悩んだりすることを綴りましたので、同じ苦悩を抱えているお父様方々おりましたら、一息つくお時間にご覧いただければ幸いです(傍から見ていてMICHIZANE氏は、塾の付き添いとかはマメにしておりました)。

なお、ブログ開始時点では、当然のことながら合格するかもわかっておりませんし、数年前の内容だけに現在とはズレがあるかもしれません。その点、ご承知ください。

著者:MICHIZANE(父)
受験生:KOMACHI(娘)

※本記事の初出 2015年2月17日
→受験本番は2015年2月

2月は中学受験生にとっては「新学年スタート」の月です。

なぜ2月から?
というと、一にも、二にも、塾の経営のためです。

企業というのものは、年間を通じてバランスよく収入が入ってこないと、正社員を雇えません。
こういうビジネスの常識を頭に入れた上で、2月スタートに焦ることなく、適切な塾を選んでいただいたほうが吉だと思います。

先日、SAPIX、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚の4つの塾について合格者速報を表にしてみました。

合格者数まとめ2015~SAPIX、日能研、早稲アカ、四谷【偏差値20台から桜蔭へvol.34】

続きを見る

一部再掲します。
4つのうち、トップのところを赤字にしています。

【2015年の合格実績】

SAPIX 日能研 早稲アカ 四谷大塚
女子御三家
桜蔭 158 39 55 56
女子学院 185 57 86 81
雙葉 60 39 29 35
男子御三家
開成 216 58 57 81
麻布 169 81 54 57
武蔵 39 52 60 44
早慶附属
早実 52 31 63 45
早大学院 55 17 67 51
早稲田 68 49 137 154
慶応普通 110 31 44 31
慶応中等 138 24 53 39
慶応湘南 82 22 39 37
2月校
豊島岡 164 71 69 93
フェリス 54 60 26 32
浅野 145 32 36 63
桐朋 40 72 41 45
駒場東邦 156 49 29 39
国立
筑駒 89 13 16 17

早稲田アカデミーが早稲田の附属、日能研が横浜の学校に強い――という以外は、ほとんどサピックスだと分かります。

サピックスがずばぬけて生徒数が多いのか?
というとそうではなく、サピックスと早稲アカが4,000~5,000人。

日能研は公表していませんが、過去には1万人という数字がありましたから、4,000人を大きく下回ることはないと思います。四谷は校舎は少ないですけど、通信制がありますので、それを入れるとかなりの数になるでしょう。

御三家をはじめとする難関校を目指すというのが目的なら、とりあえずサピックスを選んでおくのが無難です。

ただ、サピックスはほかと比べて塾内競争が激しいようです。
毎週クラスでの順位が出て、毎月クラス替えがある。でもほかの塾も同様ですよね……?

サピックスが特殊なのは、上位のクラスである「アルファ1」や「アルファ2」から落ちると、親が勝手に「もうダメ」とか思って、余計なプレッシャーにさらされる――そう推測しております。

サピックスのメソッドはいまのところ、合格実績から見ても最強であることは間違いありません。

でも、ついていけない、空気が合わない、という場合は、転塾も視野に入れて良いのではないでしょうか。

わたくしのバイブルであった『中学受験BIBLE』や『受験手帳』著者の荘司雅彦さん(娘さんが雙葉合格)も、サピックスの競争に娘さんがプレッシャー負けして、早稲アカへ転塾しています。

人によって印象は違うのでしょうが、サピックスへの私の印象は「冷徹」。
四谷は「優しい」。
※この2つは体験したところなので主観

一方、早稲アカ(入ったことにないのでイメージ)は「熱い」。

サピックスは、
【サピックスメソッドにのっていければある程度、志望校群への合格を与えることができる。空気を含めてついてこれない人はしかたない】
という感じです。

早稲アカは、
【とにかく、全力で親も子もバックアップして、行きます!!!どーんと信じてついてきてください!】
みたいな松岡修造型。

四谷は、
【なんだか楽しいけど、ちょっと緩い】
NHK教育番組的ななにか。

日能研は、全然わかりません。

うちの場合は、空気的に体育会系の早稲アカではだめだったと思います。冷たいなぁと思いつつも、合理的なサピックスが向いていたのでしょう。

それに「息抜き」的(時間的にはメイン教材でした笑)に四谷の通信をやっていたのがベストマッチングで、非情なサピックスの上下移動に一喜一憂することもありませんでした。

KOMACHIも6年生になってようやくアルファ1になりましたが、サピックス入りした5年生ではEクラスでした。

ちなみにサピックスはクラスが上からアルファ1、アルファ2、F、E、D、C、B、Aと続きます。

『中学受験BIBLE 新版』(→amazon

転塾してもいいんだ、と心に余裕ができる1冊。
なにはともわれ、受験生親ならば荘司先生の本は読んでおいて損はないです。

読み終えたら下のボタンのポチをお願いいたします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 



-中学受験ブログ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.