日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まんが神詠み國詠み

苦難を乗り越えとうとう即位した神武天皇!ヤマトのはじまりです【マンガ古事記「神詠み國詠み」20回】

投稿日:

吉野の山をヤタノカラスの先導で抜けたイワレ彦(神武天皇)の一行は、のちに代々の都をおくことになる奈良盆地の入口にあたる宇陀へと進軍します。
イワレ彦は、宇陀を支配する豪族の兄弟、兄がエウカシ、弟がオトウカシのもとに臣従するように使いを出しました。
しかし、エウカシはこれを拒否して徹底抗戦しようとしますが、なかなか兵が集まりません。
そこで、策略を練って臣従するふりをして、あたらしい接待のための館を作り、そこにイワレ彦を招くと中にある罠で圧死するという仕掛けで待ちかまえました。
イワレ彦ピンチ!
しかし、この陰謀を弟のオトウカシが事前にイワレ彦軍に伝えたために、兄のエウカシは

「おい、お前!先になかにはいってみろよ」
「いや、わたしはご遠慮します」
「なにかやましいことでもあるのか!」
「そんなことないです」
「中に入らないとコロすぞ」
「ぐっ、えーいままよ!」グシャ

となってしまうお約束の展開でした。

ここでも弟が兄を倒すことが繰り返されるんですね。
マンガ古事記20回1Page

 

 

 

 

 

その後、イワレ彦一行は、地元の豪族たちを接待すると称しておいしく食事しているところを虐殺するなど、文字通り勝てば官軍な進軍をしていき、奈良盆地へと降りていきます。

そこに現れたのが、謎の神「饒速日(ニギハヤヒ)」。

彼の説明によると、どうやら先に天から天下った神だというのです。
ただ、天孫降臨してきた子孫のイワレ彦が来たので代わって譲るというのです。この饒速日の子孫が古代大和王権の重臣である物部氏となっていきます。

もともと物部氏がヤマト王権の王だったのが日向(九州)の王が王権を奪ったのではないかとも考えられるゆえんの一つです。
いわゆる邪馬台国の東遷説などですね。

ともかく、イワレ彦は無事に奈良盆地で即位して神武天皇となりました。

 

マンガ古事記20回2page

 

続く

恵美嘉樹・文

細田雪華・マンガ

恵美嘉樹さんの日本の神様と神社はキンドル版(648円)も発売中!

スポンサーリンク

恵美嘉樹さんの日本古代史紀行発売中





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-まんが神詠み國詠み

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.