歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まんが戦国ブギウギ

オレ、勝頼!甲斐武田家20代目の当主だから四天王も言うこと聞けよな!『戦国boogie-woogie』vol.30

更新日:

浅井・朝倉を滅ぼし、一息ついた織田家に対し、混乱を極めたのが甲斐の国。
偉大すぎる主君の信玄が西上の途中で病に倒れ、そのまま死亡すると跡を継いだのが武田勝頼である。
信州の名門・諏訪家の姫と信玄の間に生まれた勝頼は、もともとは諏訪家の当主となり、親族衆として武田家を盛り立てていくはずだった。
ところが・・・武田家嫡男・義信の反乱→自害により、急遽、跡取りの道へ。ゆえに、その求心力には疑問符がついて回っていたのである。
もとより甲斐は、信玄の代から家臣をまとめるのが難しいともされていた困難な土地柄だっただけに、一つ間違えれば国が瓦解されるリスクにさらされるところ。
勝頼は、いかにしてこの窮地を脱しようとしたのであろうか――。

 

名前に『信』がないからって何なんスか!?

20140920アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆諏訪家の跡取りとして育てられたため、どちらかと言うと他所者(よそもの)扱いの勝頼さん。そういう空気を感じながら育った子供って、やっぱりどこか性格が歪んじゃうんでしょうかねー。本家に気を遣って生きて、急に偉い当主になっても、周りの家臣は自分を慕ってくれない。だから、変にイキがっちゃう、みたいな

 

スポンサーリンク

他国にまで畏怖された戦争マニアな赤備え

20140920アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆義信謀反疑惑のとき連座で自刃したのが飯富虎昌さん。山県昌景さんは、その弟(甥っ子という説も)とされております。こんな可愛いナリして、いざ合戦になったら、凄まじい能力を発揮するんでしょうねー。でも、やっぱり勝頼さんのことは気に入っていないのね。可哀想

 

当主の言うこと聞いてください 聞いてください

20140920アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆勝頼クンは、信玄の死後、領土を拡大させていきます。そしてそれは武田家最大の版図となりました。が、意地悪目線で眺めてみれば「オレは信玄より凄いんだ!」とアピールしたかっただけとも思えますし、実力以上に戦線を広げても人的被害が増えるだけで、家臣は誰もついてこないでしょう。それでも、意地を押し通すとしたら・・・やっぱり、こうなっちゃいますよね・・・。

 

スポンサーリンク

高天神、陥落! されど信長サンは動じない・・・

20140920アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆信玄存命の頃には、必死にご機嫌を窺い、武田家への恐怖を色あらわにしていた信長さんですが、代替わりが上手く行ってないことは気づいていたんでしょうかねー。仮に城をいくつか取られたところで、「モーマンタイ!家ごと滅ぼせばいいんだから」みたいな。まぁ、実際にあっという間だったワケですが・・・

 

漫画・アニィたかはし




スポンサーリンク


書籍版『戦国ブギウギ』です!




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!


2位 意外と優しい!? 織田信長さん


3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


4位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.