歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まんが戦国ブギウギ

戦国最強の必殺技・信長の三段撃ち!難易度高い漢のロマンであり部下の苦痛なり 『戦国boogie-woogie』vol.31

更新日:

学校の授業で習う戦国時代最大のエポックメイキングは【長篠の戦い】かもしれない。
織田信長個人にスポットを当てれば、桶狭間の戦い本能寺の変など、他にも劇的な展開は多々あるが、【従来の弓矢・騎馬隊に代わって合戦の主人公になった鉄砲】が最初に大活躍したとされる戦いが長篠であるからだ。
ご存知、三段撃ちである――。

実は、信長が実践で用いたとされる【三段撃ち】は、その手法において疑問が呈されている。当時の種子島は発射直後に黒煙を上げ、また、凄まじい発射音を伴うため、「えい!おう!」というような掛け声で調子よく撃ち続けることなどは物理的に不可能だったからだ。
少しでも雨が降ったら使い物にならない当時の鉄砲は、基本的に屋根のある城内から敵を狙うのに最大の威力を発揮したと言われており、たとえば大坂の石山本願寺が10年にわたって織田軍を退けたのも、同城に入っていた鉄砲傭兵集団の雑賀衆が織田軍を恐怖のどん底に陥れていたからとも言われている。
そんな雑賀衆ですら、信長が長篠の戦いで用いたような三段撃ちは実践で使っていない。
ただ、三段撃ちは完全に無い!かと言ったらそれも事実とは違うようで、掛け声をかけずとも専門の部隊を組み、交互で撃つなどの作戦は実行されていたともいう。
いずれにせよ三段撃ちは戦国のロマン!史実がどうであれ、果たして戦国boogie-woogieのナガさん(織田信長)は、いかにして取り組むのか。第31回、スタート!

 

いいから撃て!お前もホトトギスになりてぇか?

20140927アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆鉄砲を愛する織田家の中でも特に明智隊はその腕前が素晴らしいという話をよく聞きます。だからといって、「光秀でもできない。んじゃ、止めとくか」と、ならないのが信長さんの怖いところ。組織の長たるもの、こういった要素も必要なんすなー

 

スポンサーリンク

光秀がいかに優秀であれ頓智じゃ猿には叶わない

20140927アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆優等生の光秀と、地べたから這い上がってきた秀吉をこれほどよく表した話もないっすねー。この勤勉さというか生真面目な性格が、本能寺の変に作用したと考えられなくもないっす
この逸話は、森蘭丸さんっす。

 

いいからやれ!オレは安土城を作るの!

20140927アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆言い訳、言い訳、言い訳・・・。そんなことばかり聞かされるとキレたくなるのもわかります。しかし一方で、こんな上司や先輩を持ったら、マジ、生きた心地がしませんねー。まぁ、光秀の空気を嫁てない感も半端ないのですが。この人、なかなかタフな性格してますよねw

 

スポンサーリンク

腹が立ったら敦盛を魔王

20140927アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆長篠の戦いに備えて織田軍は、鉄砲1500丁を用意したという記録が残っております。授業で習う3000丁とは、かなり開きがあるんすよね。そこら辺からも、三列に並んでバンバン撃ちまくっていく、ド派手な三段撃ちは不可能だったとも考えられてますが、さすがに1500丁を集めていたら、光秀さんも気づいてくださいよ~(´・ω・`)




スポンサーリンク


漫画・アニィたかはし

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.