歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まんが戦国ブギウギ

雷を斬り、稀代の戦上手にして武勇の誉れは全国レベル その名は立花道雪【戦国boogie-woogie vol.46】

更新日:

 

戦国時代の名勝負で、真っ先に挙げられるのは武田信玄と上杉謙信の北信濃をめぐる攻防であろう。
5回にわたって行われた『川中島の戦い』で、ついに決着がつかなかったのは、まさに力が拮抗していたから。特に両家の場合は、信玄と謙信という偉大なるカリスマがおり、現代においてもあまりに劇的な話のため知名度も比例して高い。
しかし、である。
当時、激しい戦いを繰り広げていたのは、甲斐の虎と越後の龍だけではない。
三本の矢、あるいは厳島の戦いで名を馳せた毛利元就。そして、雷神を斬ったという逸話の持ち主・立花道雪
両者もまた筑前国を舞台に何年も激しく合戦を繰り返し、最後は道雪に軍配が上がった。
あの毛利を追い返すとは、一体、道雪とは何者なのか?
今週は、雷切刀の持ち主・立花道雪が主役だ

※雷切については以下のエントリーもどうぞ
「切れすぎだろ!古今東西トンデモ名刀 伝説ベスト7!【画像あり】」

【毎週土曜日連載】 ほかの連載を読む

 

鉄扇でたたっ殺すゾぉおおお!

20150110アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆部下が猿にイタズラをされる姿を見て笑っていたという大友宗麟をたしなめたのが道雪さん。ただし、鉄扇で叩き殺す!という、なんとも戦国スパルタなやり方でした。
一方で道雪は、主君への忠義も厚く、戦もハチャメチャに上手いことから、当時は全国に名を馳せており、あの武田信玄が面会を望んだという逸話も残っているという。
かなり面白いお話であるが、おそらく作り話ですよね・・・(´・ω・`)
道雪さんの隣にいるのは、のちに秀吉の九州征伐の際に悲劇的な戦いを展開する高橋紹運さんですね。

 

スポンサーリンク

君主に恵まれてはいなかった、されど・・・

20150110アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆大友宗麟さんも、元は禅宗だったそうです。それがいつしかキリスト教へと傾倒。道雪の言うことを聞かずに島津へ攻め込み、フルボッコにされて一家衰退への道筋を作ったのも宗麟さんです。
今後、大友義統さんの出番があったら、さぞかしアホな一族で描かれてしまうんでしょうなぁ。でも、見てみたいw
NHK大河ドラマで『立花宗茂』という声も根強いようですが、実は、道雪さんの方がキャラもたってて面白いかもしれません(宗茂さんもキャラたってますが・・・)。

 

誾千代meets宗茂 それともcoupling?

20150110アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆関ヶ原で西軍に付きながら、後に大名へ復活した数少ない大名。
あるいは豊臣秀吉に東西無双の一人として知られた武将(もう一人は本多忠勝)。
それが立花宗茂さんです。
宗茂さんは高橋紹運の息子なのですが、道雪の婿どころか、嫡子なんじゃないの?と思うほどの武勇伝親子。戦国って、本当にすごい時代ですよねー
ようじょ城主(7歳で家督を譲られる)立花ぎん千代ちゃんの今後の活躍も期待ですね~

 

スポンサーリンク

信長の側近にして初の黒人サムライ THE・弥助

20150110アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆後に信長へ仕え、本能寺の変でも現場にいたとされる弥助の登場です!
おそらく彼が最初にして最後のリアル武士でしょう。今後、どのような活躍をしていくのか。
かなりキャラが濃いので、楽しみにしたいところっす!

 




スポンサーリンク


漫画・アニィたかはし




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!

2位 意外と優しい!? 織田信長さん

3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯

戦国最強・立花宗茂
本物の義、武人とは

5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー

6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉

7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念

8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯

9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!

10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力

注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?

注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!

-まんが戦国ブギウギ
-, , , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.