歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まんが戦国ブギウギ 徳川家 前田家

末森城の戦いとKAZUMASUの不穏 そして新たな軋轢が生まれた!? 【戦国boogie-woogie vol.94】

更新日:

家康との決戦を目論む秀吉は、滝川一益を小牧長久手の戦いに引きずり込み、大軍による雌雄を決しようとしていた。
しかし、家康の電光石火の行軍により、一益のいる蟹江城は陥落。戦線はまた停滞しはじめる。
次に戦局を動かすのは誰か?
尾張の戦場に倦怠感が漂う……というそのとき北陸では新たな衝突が今まさに起きようとしていた。

 

【毎週土曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

「このノリ、付いてけない!」不幸は古今東西同じ也

20151212アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆「付属上がり」という言葉をご存知でしょうか?
私立大学の付属高校から上がってきた大学生たちのことで、総じて遊び人が多く、受験で入ってきた「外部生」はそのノリに付いていけない――都内の名門大学でも度々そんな現象が見られます。
そういう意味で、三河の武士団はスタイリッシュではないけれど、外部の人たちが付き合いづらい泥臭さみたいなものを感じますよねー。松平、水野、本多、酒井、井伊あたりの一門以外は誰も入っていけない、みたいな。
それに違和感を覚えていたのが、後に秀吉の元へ出奔する石川数正さんでした……。

 

スポンサーリンク

KAZUMASA 本音を聞かせろや

20151212アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆三河で生まれた石川数正は家康の人質時代から仕えてきたと言います。
姉川の戦い、三方ヶ原の戦い長篠の戦い……と徳川家の主要な合戦にも参戦した、まさに古参中の古参。その信頼も並々ならぬものがあったハズです。
だからこそ、家康を盲信しない冷静さも持ちあわせていたのかもしれません。涙を流して長男・信康の介錯人を辞した服部半蔵とは、ちょっと質が違うといいましょうか……。
徳川家臣団、ほんと不思議ですw

 

その頃、北陸では佐々成政が蜂起!

20151212アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆家康と秀吉が尾張で地味~にジリジリしていた頃、北陸地方では大きな一戦が始まろうとしておりました。
原哲夫先生『花の慶次』で一躍有名になった「末森城の戦い」です。
秀吉方の前田利家に対抗すべく佐々成政が立ち上がり、城兵約1,500の末森城へ15,000の大軍で攻め込みました。

 

スポンサーリンク

前田慶次は2人いた説もあり……

20151212アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆実は、前田慶次には「2人いた」説があります。
文化・芸術に優れた経歴を残した慶次と、武芸に秀でた慶次。要は、初代・2代目が同じ名を名乗り、それならお墓が2つある不思議も解消するというワケですが、それでも慶次の功績って怪しいんですよね。原先生のイメージがデカすぎて。
ともかく末森城は守り切った利家でした。まつに叱られずにすみそうですw

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週土曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 




スポンサーリンク


戦国ブギウギの書籍版です!




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!

2位 意外と優しい!? 織田信長さん

3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯

戦国最強・立花宗茂
本物の義、武人とは

5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー

6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉

7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念

8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯

9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!

10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力

注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?

注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!

-まんが戦国ブギウギ, 徳川家, 前田家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.