歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まんが戦国ブギウギ 豊臣家

加藤清正vs小西行長 第1ラウンドは天草でファイッ!!!【戦国boogie-woogie vol.113】

更新日:

25万の豊臣軍による九州征伐の後、秀吉によって肥後の国統治を任された佐々成政。
秀吉の陰謀だったのか、読み通りだったのか。
成政が国人たちに一揆を起こされ、その責で自害をさせるや、肥後国統治の後任として遣わしたのが加藤清正と小西行長であった。
秀吉子飼いの中でも武闘派の筆頭として知られる清正と、もともとは商家の出で武力よりも外交力で知られる行長。
両者の衝突が、避けられるハズもなかったのである――。

 

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

武士と農民と商人は、水と油と酒みたいなもん?

戦国ブギウギ20160504-1
◆もしも肥後を加藤清正福島正則に治めさせていたら、豊臣政権はどうなっていたのだろう――。
そんな妄想を抱いてしまうほど、この配置はマズかったのでは……と考えさせられてしまう清正と行長の肥後統治でした。
バランス感覚に長けた秀吉が、両者の資質を見抜けないなんて考えにくいですし、それとも反りが合わないと知っていたからこそ、同じ場所で競わせたりさせたんでしょうかね、うーん。

 

スポンサーリンク

三成ひいては秀吉にまで、生まれる不信の種火

戦国ブギウギ20160504-2
◆九州を制圧し、このときには事実上、天下人となっていた秀吉さん。
太閤殿下という権力そのものが人の判断を狂わせてしまった――それが一つの答えで良さそうですね。
怖いです&不安です。黒い秀吉さん、嗚呼……。

 

切支丹退治に躊躇は要らない

戦国ブギウギ20160504-3
◆太閤となった秀吉のアキレス腱は、まさにこの切支丹だったかもしれません。
高山右近黒田官兵衛などなど。自身の有力配下に信者が多かったにもかかわらず、これを一方的に禁じてしまったのですから、そりゃまぁ反感を買うワケで。
加藤清正との対立構造を生みやすい要因になったのも痛かったですね。歴史の必然だったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

ゴリゴリの武闘派戦人に綺麗もクソもない!

戦国ブギウギ20160504-4
◆一騎打ちにはいくつかエピソードがありますが、そもそもこの話ってあまり世間に認知されてないですよね。
加藤清正については文禄・慶長の役(朝鮮出兵)での活躍が華々しくて、その直前に行われたこの鎮圧劇がかすんでしまうのでしょう。
普通、一騎打ちなんて大いに注目されているハズなんすけどね……。ともかく卑怯な手も躊躇なく使ってしまう、清正さんの戦国武人っぷりに惚れ惚れしますなぁ。

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 




スポンサーリンク


戦国ブギウギの書籍版です!




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-まんが戦国ブギウギ, 豊臣家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.