日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

飛鳥・奈良・平安時代 オモシロ歴史おじ散歩

聖徳太子建立の寺に外来種の亀……真夏の大阪・四天王寺へ歴史おじ散歩!

更新日:

 

【編集部より】
当連載は、全国各地でご活躍されているオモシロ歴史おじさんと一緒にスポットを巡る漫画紀行文です。
各地の城跡やお寺、人気武将の足跡など。
歴女の目線とおじさんの主張と絡めていささかカオスな世界をどうぞご堪能ください。
そして皆さんも機会がありましたら、ぜひとも歴史おじさんをお尋ねください。きっと、一筋縄ではいかない楽しい旅になること間違い無し。

本日は大阪天王寺の許(きょ)さん編、第5回をお送りいたします!

 

【本文ここから】
ユルユルと歴史おじさんと散歩しながら、歴史を知る「歴史おじ散歩」。
前回から案内いただいているのは、天王寺ボランティアガイドの許さんには、「真田丸を巡る歴史ツアー」を
敢行いただいています。

第1回目は旧黒田門、堀越神社
歴史おじ散歩旧黒田藩蔵屋敷長屋門

第2回目は統国寺、茶臼山
歴史おじ散歩ph2-7

第3回目は一心寺
歴史おじ散歩6

第4回目は安居神社
歴史おじ散歩4-3

を歩きました。

第5回目は四天王寺。宗教のテーマパークという点で見どころがいっぱい! なので真田幸村は今回一度も出てきません。ショートカットされていますのであしからずw

四天王寺は、聖徳太子が建立したお寺で、飛鳥時代から続く由緒あるお寺です。
ご存知の方も多いですよね。あらためて四天王寺のホームページによりますと、

四天王寺は、推古天皇元年(593)に建立されました。今から1400年以上も前のことです。『日本書紀』の伝えるところでは、物部守屋と蘇我馬子の合戦の折り、崇仏派の蘇我氏についた聖徳太子が形勢の不利を打開するために、自ら四天王像を彫りもし、この戦いに勝利したら、四天王を安置する寺院を建立しこの世の全ての人々を救済する」と誓願され、勝利の後その誓いを果すために、建立されました。

歴史おじ散歩5-11

四天王寺の鳥居は夕日がシュッと落ちる瞬間が見どころ。

歴史おじ散歩5-1

遠いシルクロードの東端がここ、四天王寺だなんてなんだかすごいですね。

歴史おじ散歩5-2

鳥居横の看板にその写真が掲載しています。
まるで見たかのような気持ちになりますね。

 

歴史おじ散歩5-3

鳥居の下にある轉法輪をとりあえず三人順番にぐるぐる回してみました!
そういうルールなのかはわかりませんが、真似しました。郷に入れば……。

しかし聖徳太子の歴史よりも、アトラクション(お寺や神社)の解説のほうが忙しい旅となりまして♪

歴史おじ散歩5-22

こちらはとにかく宗教がたくさん混在していて、お寺も神社もみんな一緒。
鳥居の近くには名門女子校の四天王寺中学校・高等学校があるというバラエティ豊かなエリアですね。

時刻はお昼近く。あまりの暑さに、四天王寺の売店で一休みした私たち。3人でおしゃべりしまくって、日陰のありがたさをしみじみと感じていました。
おかげで休憩はちょっと長くなり、また時間が押してしまいました。

「暑いからこのへんは、ササッとでええやろ!」
ということで、超ショートバージョンで四天王寺の解説を受けて、次の場所。昭和30年に再建されたお堂の「亀井堂」へ。
こちらの歴史は古く、聖徳太子の御誓願により創建されたものだそうで。
聖徳太子が姿を映し、楊枝で自画像を描いたと言われる楊枝の御影が安置されているそうです。

歴史おじ散歩5-4

亀井不動尊が隣にあります。

寺伝によれば、聖徳太子が尊いお声に呼び止められ、亀井の井戸を覗かれると、仏法の守護神である不動明王の姿が水面に映っていたため、ここに不動尊を祀られたのが起源とされる。

この井戸にここに経木を流して、ご先祖様を供養すると極楽浄土が叶うと言われています。

その近くには、本物の亀がいる池。

歴史おじ散歩5-5
時は真夏の炎天下。許さんに「何もこんな暑い日に……」と言われるような、大阪のうだるような気候ですから、亀も干上がりそうだったのではないでしょうか。

 

そしてお次は、飛鳥時代!から続く建築会社・金剛組の神社です。

歴史おじ散歩5-6
「大工さんを表す道具で南無阿弥陀仏を書いているのぼりなんやで!」と教えてくれました。右の手は許さんw

さらには徳川の葵の御紋が入った立派な唐門が。

歴史おじ散歩5-7

許さんいわく「ここに徳川の紋があるやろー!絶対なんか意味あると思うんやけどなあ」
まだ謎は解明されていませんが、堺市にある徳川家康の墓と何か関連があると予想しているそうです。

そして鯨鐘楼(げいしょうろう)。

歴史おじ散歩5-8

ここでなんだか立派な鐘つき体験をしました。
許さんから「ここには数万円で位牌供養してもらえるんやで!」と、いつ使うかわからないお得情報をいただきました、

ディープ!

さてさて駆け足で四天王寺を駆け巡りましたが、最後にこんな看板が。

歴史おじ散歩5-9

広いし、ポケスポットになりそうな物が多いですが境内でのポケモンGO!は禁止だそうです。

いよいよ次回は真田丸を巡る大阪の旅も最終回。三光神社まで歩きます。

今は気候が良いですが、真夏はみんなバテバテで歩き回り体力の限界に挑戦したことが、思い出されます。
炎天下の歴史ウォーキングは、ショートコースで行きましょう(笑)

 

◆てんのうじ観光ボランティアガイド申し込み(コチラをクリック
・案内コース例(コチラをクリック
・電話06-6771-9981
・FAX 06-6774-3002

 

漫画:小久ヒロ

関西在住、小心者の漫画家。別名義で女性向けストーリーものを描いてきたが、2015年、自分の性格をネタにしたコミックエッセイ「旅したら豆腐メンタルなおるかな?」(イースト・プレス)を出す。
同ジャンルでは、経済の専門家・神戸孝先生の話をわかりやすく漫画にした「気づいたら貧困層!? お金を武器に!月々3万円から2000万円作る方法教えます」(KADOKAWA)なども。
日本史学系の博物館学芸員資格を持つが、今はほとんど内容を忘れる。最近はドイツ近代史と日本美術史が好き。
一番よくやったアルバイトは発掘作業員(主に遺物整理~図面要員)。

 

文:北村美桂

スポンサーリンク

Uターン岐阜県民歴6年目。ゆるふわ戦国ブログ「カツイエ.com」の人。
初心者向け&参加型の『名古屋歴史ナイト』 は毎回満席になる人気イベントに成長する。

 

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-飛鳥・奈良・平安時代, オモシロ歴史おじ散歩

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.