歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

オモシロ歴史おじ散歩

有岡城は高低差で耳キーン!? 富永商太画伯と巡る、オモシロ歴史おじ散歩

更新日:

荒木村重の有岡城 今はガッカリ城?

黒田官兵衛が幽閉されていた有岡城へ、歴史おじ散歩――。
大河ドラマでも見どころの一つとなった歴史スポットを、富永商太画伯(武将ジャパンのメインイラストレーター)の案内で巡っているのですが、前回ご報告しました通り、にわかに風向きが怪しくなって参りまして……。

なんでも富永画伯によりますと、ここ有岡城跡で地元を訪れる観光客に
「黒田官兵衛が幽閉された有岡城って、どこにありますか?」
と何度か尋ねられ、
その都度、
「えっ、これが!?」
という残念リアクションをされ続けてきたのです。

そんな辛酸を舐めさせられながらも反論できない富永画伯。
事実、有岡城では、史跡にとっては無計画な都市開発が推し進められ、貴重な遺構が様々なカタチで破壊されてきた――と前回までにご報告させていただきました。

有岡城を一周ツアーvol.2 富永商太画伯と巡る、オモシロ歴史おじ散歩

しか~し! 残念な話ばかりじゃありません。

画伯は熱く語ります。
「有岡城跡は、総構え跡を見ることに意義がある!」

小田原城を全国クラスの堅城にしたことでも知られる総構え。
ご存知、城や城下町を囲み、長期にわたる籠城を可能にしたいわゆる要塞都市でありますが、そんな当時の大大名クラスしか作れなかったものを荒木村重はいかにして築いたのか。
しかもこの有岡城は、現代において最古の惣構えが残る城跡となっており、そこに一筋の光明があるそうなのです。

てなわけで自転車に乗ってレッツゴー!

 

スポンサーリンク

本物の高低差と猛ダッシュで耳キーンとなるわ

レンタサイクル屋さんに行くと、突然画伯が鬼教官モードに入ります。
ユルユルと歴史おじ散歩できるのかなと思いきや、ただのサイクリングではありません。
まさかの爆走&早口の説明。

私たちは画伯の自転車についていくのがやっとの有様で、ここから富永画伯のことを「猛ダッシュ画伯」と勝手に呼ぶことにしました。

爆走しながらもポイントになるところでは止まって説明をしてくださる画伯。
住宅街ですが、高低差が大きなところがチラホラでてきます。

低いところは昔の堀底とのことで、当時の遺構を感じることができます。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、地下1階か半地下のような形の家が多いエリアもあるのです。

現在、この伊丹市は、大阪のベッドタウンとして大人気のエリアです。
家が多く、遺構の高低差は住宅街の合間から見るしかありません。

路地に入って、パシャパシャと高低差を撮る私たち。
本当にブラタモリのような様子でありますが、いかんせんテレビの撮影クルーに見えるわけもなく、すれ違う人々に「アンタら、何してん?」とつっこまれそうな雰囲気たっぷりです。

 

国の指定史跡に階段ぶち抜き、なぜ、ホワイ?

爆走&STOP、アーンド、画伯の解説!
そんなことを繰り返すうちに止まったのが、なにやら大きな神社でした。
たくさんの神社の摂社が集まった猪名野神社です。有岡城の最北端にあり、当時は岸の砦でした。

その跡がわかる高低差はこちら。

おそらくここが昔の岸の断崖だったところです。
今でも土塁の跡が残っているということで案内していただきます。

更に……見せたいものがある――と画伯が指差すのは、社務所を囲む軒先でした。
「これ、作ったのオレやから!」
画伯は土木建築系の会社の経営もしていることから、建築関係のお仕事もされています。
その流れで「老朽化してきたから何とかして」と依頼され、画伯一人で立派な軒先を作ったそうです。

歴史関係ない説明ですが、ここは画伯の地元伊丹市。
伊丹に富永商太画伯ありなので、外せないスポットですね(無理やり)。

さて、猪名野神社の主祭はスサノオノミコト。
昔は猪名寺というお寺の支社としてできた神社で、明治の神仏分離令により仏教関係は金剛院へ移動、猪名野神社としてリニューアルというものです。

現在の本殿は貞享二年(1685)から翌年にかけて建立されている。 明治二年の神仏分離により、観音堂・地蔵堂および仏教関係の諸記録等を金剛院 (伊丹市)に移し、野宮から猪名野神社として改称された。
境内の御由緒略記によれば、創建は延喜4年(904年)の創建で、寛文元年(1661年)伊丹の近衛家の所領となった。
境内の石灯籠は97基あり、一番古いものは寛永二十年(1643)、狛犬の台座は明和5年(1768)につくられている(猪名野神社/wikipediaより引用)

一部は伊丹近衛家の所領でもあったんですね。

しかし目の前の建物には、何やら織田信長の木瓜紋が……。

もしかして織田信長もなにかゆかりが?と思いきや、「何であるのかはわからないんだよね……」と画伯。
単に作った人が織田信長好きで適当につけちゃったとか……、えーと、そんな理由ってあり?

そして猪名野神社には有岡城の土塁が残っているとのことで見に行きますと、階段が!
もしやこれって・・・。

私たちが訪れたときは、近所のお年寄りが階段を登ってお散歩していました。

土塁を調査なしに、改築して階段を作ってしまった場所なのです。
せっかくの有岡城の遺構をここでも台無しにされ、画伯の無念そうな表情が忘れられません。

ともかく神社が、有岡城の北を守る重要な場所だったことがわかりました。

次回へ続く

漫画:小久ヒロ
関西在住、小心者の漫画家。別名義で女性向けストーリーものを描いてきたが、2015年、自分の性格をネタにしたコミックエッセイ「旅したら豆腐メンタルなおるかな?」(イースト・プレス)を出す。
同ジャンルでは、経済の専門家・神戸孝先生の話をわかりやすく漫画にした「気づいたら貧困層!? お金を武器に!月々3万円から2000万円作る方法教えます」(KADOKAWA)なども。
日本史学系の博物館学芸員資格を持つが、今はほとんど内容を忘れる。最近はドイツ近代史と日本美術史が好き。
一番よくやったアルバイトは発掘作業員(主に遺物整理~図面要員)。

 

文:北村美桂
Uターン岐阜県民歴6年目。ゆるふわ戦国ブログ「カツイエ.com」の人。
初心者向け&参加型の『名古屋歴史ナイト』 は毎回満席になる人気イベントに成長する。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 




スポンサーリンク


※過去の歴史おじ散歩はコチラからどうぞー →歴史おじ散歩

 

 




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-オモシロ歴史おじ散歩

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.