日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

後藤勝兵衛次々ここにあり

石垣無く、土塁と空堀の水戸城 「弘道館鹿島神社」で撮影じゃ!【後藤勝兵衛次々ここにあり vol.17】

更新日:

 

皆の衆、ご機嫌いかがかな。

まだまだ光圀で御座る。今日は、大切な選挙の日で御座るな。

愛する祖国日本の大切な行く末を決める選挙。皆さんも、誰が本当に2600年以上続くこの素晴らしい日本の為に粉骨砕身、働いて下さるのか!? よぉく考えて投票致そうぞ!

さて水戸ロケ編の第三弾!を今週もお送りいたそう。

後藤勝兵衛次々20141214-1

さぁ、今週も水戸黄門Zが始まるよ!

 

ワシの水戸城に天守や石垣は不要なり 

今週のロケ地は、わが水戸城内に位置する「弘道館鹿島神社」で御座る。

まずは水戸城跡に建てられた、茨城県三の丸庁舎へ。

後藤勝兵衛次々20141214-2

後藤勝兵衛次々20141214-3

後藤勝兵衛次々20141214-4

さすがに、城跡と言うだけあって現在もこのように堀が残っているので御座る。

この水戸城には、もともと石垣が無く、土塁と空堀しかなかったので御座るよ。

わしの父である頼房様が入城されてからも、ずっとこの調子。ま、すでに徳川の世でもあったし、水戸藩特有の質朴を愛する気風も相まって、幕府からも石垣を作れだの、天守を作れだのと言われたものじゃが、決してそんな豪華なものは作らなかったんじゃよ。

あと、水戸藩自体あんまお金無かっ・・・ゲフンゲフン!

 

さ!ほれ!庁舎の周りには、自然も豊富!

後藤勝兵衛次々20141214-5

大きなクモがお出迎え!で御座る。

 

本日は、何とこの庁舎の一室をお借りして準備させていただくので御座る。

後藤勝兵衛次々20141214-6

まさに、水戸の全面バックアップ!によって成り立っておるので御座るなぁ。

有難いことじゃ。

 

スポンサーリンク

撮影場所はフィルムコミッションさんにコーディネート していただき

皆の衆は何でこんなに、先々週から豪華な水戸関係(鷹見泉石記念館は古河藩で御座るが、一応茨城県下で御座る。)でロケが出来るんだろう…と不思議に思ってらっしゃる事で御座ろうが、これも全て、第二代水戸藩主であるわしの威光でどこでも顔パスなんで御座るよ。

かーっかっかっか!!

と言うのは、半分はお得意のトクガワンジョークで、実はこの功績の陰には、この作品の陰の立役者とでも呼ぶべき御仁がいらっしゃるので御座る。

実は、全ての映像のロケのこーでぃねいとを全国フィルムコミッション連絡協議会という非営利団体が御座ってじゃな、たいていの映像作品は、この団体を通してスムーズにロケ場所をこーでぃねいとして頂けるので御座候。

各地の、商工会議所や観光協会がこのフィルムコミッション業務を行っていることも多く、今回も「いばらきフィルムコミッション」の矢田部さんが「黄門さまをやるなら、是非茨城県下で!いいところを探します!」と、ものすんごい頑張ってくださったのじゃよ。

いばらきフィルムコミッションのHPにも、錚々たる映像作品の撮影履歴が掲載されておる。そのうち、「水戸黄門Z」も掲載されるじゃろう。

 

半分はトクガワンジョークと言ったのは、やはりこの作品がこの光圀を扱った作品であると言う事も、大きな理由であるんじゃな。

現在でも、水戸の人々に愛され続けているわし。う~ん、水戸の民草が愛しいぞ、わしは!

 

さて、本日のシーンは、ヒロインのお鶴と助さんのシーン。

お鶴は着付け中でも、斯様に器量よしじゃ。

後藤勝兵衛次々20141214-7

さて、本日は日本髪がどのようにして出来上がって行くのか

メイクのyomiさんのマジックハンドの企業秘密を、ちょこっとだけお見せしちゃうゼーット!!

 

後藤勝兵衛次々20141214-8

この様に前髪をとり・・・

 

後藤勝兵衛次々20141214-9

横も分けます・・・

 

おーっと!!これ以上は企業秘密でい!!!

そう、何を隠そう劇団歴史新大陸は、自分の髪の毛を利用して髷を作るんで御座るよ!

 

スポンサーリンク

徳川斉昭が造営した「弘道館鹿島神宮」!

さて、ロケ現場を見て参ろうかのう。

後藤勝兵衛次々20141214-10

「弘道館鹿島神宮」!

「弘道館鹿島神宮」!!

「弘道館鹿島神宮」!!!

歴史好きなら、「弘道館」と「鹿島神宮」が二つ並ぶなんて、ファンタスティックすぎる組み合わせじゃのう!!!

立派なお社が御座る。

 

後藤勝兵衛次々20141214-11

この「弘道館鹿島神社」は、また出ました!わしの7代後の斉昭が造営したものであり、御祭神はもちろん武甕槌大神で御座る。

大東亜戦争時に、水戸城と一緒に焼けてしまったんじゃが(まったくあいつ等、本当見境なく何でもかんでも燃やしくさって・・・)その後、特別に伊勢神宮式年遷宮の折に、別宮の「風日祈宮(かざひのみのみや)」の一式を、有難くもそっくりそのまま頂戴仕ったという物で御座る。

 

後藤勝兵衛次々20141214-12

よって伊勢神宮だけにしか使用されていない「唯一神明造り」と言う建築様式が、ここ水戸で見られるわけで御座るな。有難いことじゃ。

 

後藤勝兵衛次々20141214-13

そして、境内には斉昭が手づから植えた梅の木が戦火を免れて、今も残っておるんじゃよ。

 

後藤勝兵衛次々20141214-14

後藤勝兵衛次々20141214-15

わしは通称「義公」、斉昭は通称「烈公」と言われ、「義烈」と並び称されることが多いのじゃ。

大東亜戦争時にも、実に勇敢なる義烈空挺隊と言うのが御座ったが、わしらの名前から取ったのかのう。

 

その他、敷地内には「八卦堂」と言って、「弘道館記碑」がおさめられている御堂が御座る。

後藤勝兵衛次々20141214-16

後藤勝兵衛次々20141214-17

「弘道館記碑」とは、斉昭が弘道館を建てたときに、その水戸学の精神を漢文で表し刻んだ石碑で「弘道(こうどう)とは何ぞ。人、よく道を弘(ひろ)むるなり。道とは何ぞ。天地の大経(たいけい)にして、生民(せいみん)の須臾(しゅゆ)も離るべからざるものなり。」の有名な一文から始まるもので御座る。

 

先の震災で、弘道館記碑は損壊してしまったのじゃが、現在では修復を終えこの八卦堂に収まっておるんじゃよ。

残念ながら中は暗くて、老眼のわしには見えなんだよ。

 

しかし、斉昭は本当すごいのう。我が子孫ながら、あっぱれな奴じゃ。

そして、こんなものも。

後藤勝兵衛次々20141214-18

これを、当時の弘道館の学生たちがチャイム代わりに聞いていたかと思うと、胸アツ・・・。

この鐘にも、斉昭自筆の和歌などが刻まれておる。

 

黄門様に要石をほじくり返した罰当たりなエピソードが 

さて、いよいよ今日のロケ現場はこちら!

後藤勝兵衛次々20141214-19

この立派な樹のたもとで繰り広げられる、恋のシーン。ディズニー映画と見まごうばかりの、ロマンティックタイム。

の、前に。

しっかりとこの樹の横の、素晴らしい石碑のご紹介をば。決して、なんでわしが若いもんの恋のレポートせにゃならんのだ!と思って引き延ばしているわけでは御座らぬぞ!

 

もう、素通りするには素晴らしすぎる場所で御座るによって、ついつい熱く語ってしまうので御座る。

後藤勝兵衛次々20141214-20

この格子の向こうに或るのは!?

 

後藤勝兵衛次々20141214-21

また石碑かーい!!

石碑すっきゃなー!!!

 

しかし、この石碑さすがに鹿島神社と言われる場所にデーンと存在するだけあって、要石について読まれた歌で御座る。

ちなみに要石とは、常陸国一ノ宮である鹿島神宮と、下総国一ノ宮である香取神宮をつなぐと言われている伝説の石で、この地方を地震で悩ませていたオオナマズをタケミカヅチノオオカミがこの要石で貫き、鎮めたと言われておるんじゃ。

 

実際に、鹿島神宮と香取神宮に要石の端っこどうしがあり、なんとこのわし! 家来に銘じて鹿島神宮の要石を七日七晩ほじくり返させたと言う、罰当たりなエピソードがあるんじゃよww

でも、一向に掘り出せなかったんで、あきらめたんじゃ。

本当にオオナマズを抑えておられるんじゃろうなぁ。バチが当たるのが怖くて、大日本史を編纂したわけではない、こともない、ことも・・・。

 

さて、この石碑には何と書かれておるんじゃろう。

後藤勝兵衛次々20141214-22

「行末毛 富美奈太賀弊曾 蜻島 大和乃道存 要那里家流」

(ゆくすへも ふみなたかへそ あきつしま

やまとのみちぞ かなめなりける)

【訳】   行く末もわが国古来の道徳「大和の道」を,踏み違えてはならない

ふむふむ、立派な言葉じゃのう・・。

・・・って!また斉昭かーい!!! 出て来過ぎだろがーーーい!!!!

どんだけ、すごいんだよ!!

むしろ、わしの方こそ憧れるわーーーい!!

 

・・・・はぁはぁ。さてこれらの位置関係は斯様になって御座る。

後藤勝兵衛次々20141214-23

一番下にちっちゃく書いてあるのが「三の丸庁舎」。ちょうど三の丸庁舎の裏手側にあたるので御座るな。

 

 

さてさて、なんとロケ場所が素晴らしすぎて、ロケ場所紹介でこんなに原稿を使ってしまったので

撮影の模様は来週に回そうw

 

皆さんお待ちかね、お鶴ちゃんの写真満載でお送りいたす。

後藤勝兵衛次々20141214-24

ではでは、また来週!

達者でな!

 

 

◆ 後藤勝兵衛次々 プロフィール
後藤氏プロフ画像

普段は【劇団歴史新大陸】で局長・後藤勝徳として活動。生まれる時代をうっかり450年程間違えた役者でもあり、演出家でもある。
日本の誇りある歴史、文化、伝統芸能などを国内の若者、ひいては世界に発信し、その素晴らしさを広める為の場として、劇団活動を活発に行っている。

自称日本一の尊王俳優(あるいは日本一の快男児)。

劇団歴史新大陸HP  http://rekishin.com/

フェイスブック https://www.facebook.com/Katsunori.Goto.0113

 

スポンサーリンク

編集部注※戦国武将・後藤又兵衛さんのご子孫でもある

後藤又兵衛(Wikipediaより)

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-後藤勝兵衛次々ここにあり
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.