歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

後藤勝兵衛次々ここにあり

水戸黄門の水蜜は入浴シーンで決まりじゃろう!かーっかっかっか!【後藤勝兵衛次々ここにあり vol.21】

更新日:

 

かーっかっかっか!!

皆の衆!明けましておめでとう!二週間ぶりの水戸光圀で御座る!!

劇団歴史新大陸20141102-6

さて、この「水戸黄門Z」レポートシリーズもいよいよ佳境に入っておるのじゃが、今回は、ある意味シリーズ最高のエキサイティングシーンと言っても過言では無い!

男子諸君お待ちかねのザ・「入浴シーン」レポで御座る!

 

自分の持てる力を全て発揮して・・・入浴する

まずは気合を入れる、お源。

「今日も頑張るゼーット!」

後藤勝兵衛次々20150111-1

 

「求める人が居るならば・・・

そこに、役があるならば・・・

自分の持てる力を全て発揮して・・・

入浴する。

ただ、入浴する・・・。

それがあたいの生き様。」

とつぶやく、お源の背中に宿るロック魂!

後藤勝兵衛次々20150111-2

お源!さすがだゼーット!!

 

後藤勝兵衛次々20150111-3

颯爽と、スリムなジーンズを脱ぎ捨て、腰にバスタオルと言う名のロック魂を纏うお源!

そして、ここに来るまで散々、助監督の松井さんで実験してたので、胸やけでテンション下がり目だった撮影班にも、にわかに、やる気と緊張感が!!

後藤勝兵衛次々20150111-4

そ、そして・・・いよいよ・・・お源が全てを脱ぎ捨て・・・

 

後藤勝兵衛次々20150111-5

※これは本物のお源さんで御座るよ。ご心配なく。

 

チャポン・・・。

後藤勝兵衛次々20150111-6

は、は、入ったぁぁっぁぁぁぁぁ~!!!!

 

ロスコもいつもより多めに噴射しておりますゼェェェェェーット!!!

後藤勝兵衛次々20150111-7

 

スポンサーリンク

入浴シーンの連打をご覧ください

ささ、ここからはお源さんのセクシーショットのみを只々食入る様に見つめるが良う御座ろう。

んどーぞっ!!!

後藤勝兵衛次々20150111-8

 

これぞ、水戸黄門の代名詞!?入浴シーン!

後藤勝兵衛次々20150111-9.5

あぁ、いい湯だわ・・・。

 

後藤勝兵衛次々20150111-9

おいでませ・・・ビューフォレスト喜連川へ・・・。

 

あ、そうそう言っておきますがな。

もちろんこれらの写真に関しては、お源本人にちゃんと許可を取っておりますからな!!

さすがに無許可で載せるほどわしもボケてはおらぬわいw

 

ドテラの下は水着か、だって?

ささ、ずーっとお湯につかっておりますと、これ、さすがに天然温泉だけありましてな、身体がぽかぽかし過ぎてしまうんで御座る。

じゃによって、温度は体温よりも若干低めに設定するのが本家由美かおるさんの時からのセオリーなので御座るよ。

 

とは言え、真冬の栃木の山奥。外気温は低く、ぬるめのお湯につかった状態から外に出ると一気に体温を奪われてしまうのじゃな。

後藤勝兵衛次々20150111-10

じゃから、休憩中はこの様にドテラを着込んで寒さ対策。後ろのメイクのyomiさんの格好を見れば、現場の寒さは一目瞭然じゃろう。

 

さて、皆さんに於かれましては、このドテラの下のお源さん・・・

ど、ど、ど、どうなってるの??

水着・・・着てるの??

そ、それとも・・・デュフススススス・・・・。

 

と色々と想像を膨らませておいでの事と存じまするがこればっかりは、皆様の夢は夢のままで、正解はロスコの湯気の向こう側に置いておく事と致そう。

もしかしたら、本編でその辺の秘密も明らかにされるかも知れませぬぞ!!

目を凝らしてご覧下されよ!

 

それでは最後にもう一枚サービスカットで今回の、全く内容が無いわりにテンションと写真の価値だけが高いレポートを終わりに致そうかww

後藤勝兵衛次々20150111-11

「今年の春公開予定よ。絶対観に来てね。待っ・て・る・・・♡」

 

満月に向かって男どもの遠吠えは、栃木の山奥に響き続けるのであった・・。

後藤勝兵衛次々20150111-12

ちなみに!!

 

来週!! 大発表が御座る!!

すわ!将軍の一大事か!?島津の反乱か!?

果たして、その内容とは!!??来週の連載をご期待くだされ!!!

 

では来週!

 

◆ 後藤勝兵衛次々 プロフィール
後藤氏プロフ画像

普段は【劇団歴史新大陸】で局長・後藤勝徳として活動。生まれる時代をうっかり450年程間違えた役者でもあり、演出家でもある。
日本の誇りある歴史、文化、伝統芸能などを国内の若者、ひいては世界に発信し、その素晴らしさを広める為の場として、劇団活動を活発に行っている。

自称日本一の尊王俳優(あるいは日本一の快男児)。

劇団歴史新大陸HP  http://rekishin.com/

フェイスブック https://www.facebook.com/Katsunori.Goto.0113

 




スポンサーリンク


編集部注※戦国武将・後藤又兵衛さんのご子孫でもある

後藤又兵衛/Wikipediaより引用

 

 




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-後藤勝兵衛次々ここにあり
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.