日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

後藤勝兵衛次々ここにあり

仮面女子が乱舞!幕末の聖地水戸弘道館でのロケ完了!【後藤勝兵衛次々ここにあり vol.23】

更新日:

 

皆の衆、ぐっどあふたぬーん。

徳川光圀で御座る。

 

何と言っても前回の、地下最強のアイドル「グラップラー刃」・・・じゃなかった。

「仮面女子」軍の将であり、わしの三人の孫娘、のどか、あんな、虹花の記事は秋葉原の軍勢を、この武将ジャパン軍へグッと近づけることに成功したのではないかな?

 

かーっかっかっか! 戦ばかりが戦国武将の常ではないぞ!

後藤勝兵衛次々20150125-1

今週も『水戸黄門Z』始まるぞな。

 

弘道館の武道所の「風呂」はシャワー室的な

さて、先週はあまり弘道館内部をお見せ致さなかったので、少し弘道館をわしと見て回ろうでは御座らぬか。

 

後藤勝兵衛次々20150125-2

こちらの広いスペースは、武道場で御座るな。

この時代の学校というものは、文武両道が当然の時代で御座った。

ここで、志士たちが毎日汗を流していたのかと思うと熱いものが胸に迫ってくるのう。

 

後藤勝兵衛次々20150125-3

さぁ、稽古の後は!こちらで汗を流すのじゃ!

この右側のお風呂には真ん中に溝があって、流した汗水はそこを伝って排水される仕組みなのじゃよ。

風呂桶という物はなく、ま、皆で入るシャワー室と言うか、かけ湯室の様なものじゃのう。

 

後藤勝兵衛次々20150125-4

この長い廊下を進むと左側に至善堂があるのじゃ。

 

後藤勝兵衛次々20150125-5

至善堂からの眺め。正面奥に見ゆるのが、先ほどの湯殿じゃな。

 

後藤勝兵衛次々20150125-6

この巨大な行李はじゃな、これでもかと目立つ葵の御紋で分かると思うが最後の将軍慶喜が故郷の水戸へ帰って来た時に、身の回りの物を入れて運んだものなのじゃよ。

ま、つまり慶喜のブリーフやら靴下やらが入っていたわけじゃ。(おそらく)

 

後藤勝兵衛次々20150125-7

ハーイ!アイアムウォータードアーイエローゲイト!

至善堂の外廊下。わしが顔を出しているあたりが至善堂じゃ。

 

スポンサーリンク

幕末の銃弾跡が見せる光のイリュージョン!! 

さて、この弘道館。

幕末の水戸大騒動、天狗党vs諸生党のドンパチ、すなわち「弘道館戦争」の舞台となったことでも知られて居ってじゃな。

 

なんとなんと、当時の名残がそのまままだ残っておるのじゃよ!

それはこれじゃ!

 

後藤勝兵衛次々20150125-9

よぉ~く見てくだされ。

真ん中の方に何か所か、室内の光が漏れておるじゃろう?

 

これは、実は弘道館に立て籠もる諸生党に向けて、天狗党がぶっ放した銃弾の跡なのじゃよ!

 

裏から見るとこんな感じ。

後藤勝兵衛次々20150125-10

実はじゃのう、この光景と言うのは普段は見られないんじゃよ。

 

と言うのも、開館中は先週の写真の様に正面口の戸は収納されているからなのじゃ。

つまり、閉館後に正面口が閉まって初めて現れる貴重な痕跡であり閉館後も撮影させて頂いた、弘道館管理の皆さま、いばらきフィルムコミッションの谷田部さんのお陰なので御座る。

 

ちなみに、これをわしに教えてくれたのも谷田部さんなのじゃ。

有難いのう・・・。

 

スポンサーリンク

江戸時代に舞い降りた仮面少女のだんすを見よ!

さて、その頃。

 

孫娘たちは本番に向けて最終確認。

 

後藤勝兵衛次々20150125-11

さて、ここからはアイドルたちの可憐な写真を存分に見るが良い!

あぁ、見るが良い!

 

もう、ただで見るがよい!!

 

後藤勝兵衛次々20150125-12

定位置について、大川監督の直し!

 

後藤勝兵衛次々20150125-13

虹花は動きが音速なので、なかなか捉えるのが難しいのじゃよ。

 

後藤勝兵衛次々20150125-14

仮面女子の本領発揮じゃい!

 

後藤勝兵衛次々20150125-15

ファンなら分かる「仮面女子」ポイントがふんだんに盛り込まれた振り付けじゃい!

 

後藤勝兵衛次々20150125-16

一方、誰にも注目されず可哀想な越前屋じゃい!

 

後藤勝兵衛次々20150125-17

悪代官も一生の思い出じゃい!

 

後藤勝兵衛次々20150125-18

おや?この中央のふくさは?もしや例の?

 

後藤勝兵衛次々20150125-19

仮面女子を最高に可愛く撮るためなら、こんな無理な体勢でレフ板も持つんじゃい!!

 

後藤勝兵衛次々20150125-20

カメラ目線でメロイックサインを決めるあんな!さすがはセンター孫娘じゃい!

 

後藤勝兵衛次々20150125-21

悪代官の肩をやさしくほぐす、リーダー孫娘のどか!優しい子じゃい!

 

さ、存分にお楽しみいただけたかな?

 

最後は、いつの間にかオールアップしてて、お着替えしたらただのガラの悪いおっさんに戻ったわしと「Zサイン」で記念撮影!

後藤勝兵衛次々20150125-22

 

こうして、弘道館に最強の地下アイドルが来るという

何か分からんが、とにかく最強にすごい組み合わせのロケは無事に終了したのじゃよ。

 

 超レア情報!水戸に行ったら必見!

さて、今週はちとオマケ。

弘道館前にはこう言う道路標識があるんじゃがの。

後藤勝兵衛次々20150125-23

ちと変わった形の標識じゃと思ったのでは御座らんか?

 

実は変わっておるのは形だけではなくてじゃな。

こちらをご覧くだされ。

後藤勝兵衛次々20150125-24

なんと、裏側には歴代の水戸藩主の系譜がこの様に刻まれておるのじゃ!

これは、観光に来た人もほとんど気づかないものなんじゃよ!

 

これをこっそりわしだけに教えてくれたのも、谷田部さんなんじゃよ。

 

わしと谷田部さんのキャッキャウフフと言う声が、夜の水戸城下に響き渡った事は言うまでもあるまい。

 

ちなみに、三人の可愛い孫娘たちは、帰り際にわしにプレゼントをくれたんじゃ。

 

後藤勝兵衛次々20150125-25

「アキバサンダル」と言うらしいのじゃが、本人たちからもらうのは貴重なんではないかの?

わしも、印籠あげればよかった…。

 

これ、けっこうクッション性に優れていて暖かく、わしの隠居住まい通称「局長ヒルズ」の冷たい大理石の床で大活躍してくれておるんじゃ。

 

しかも、ピヨピヨサンダル仕様になっていて、歩くとピヨピヨ音が鳴るのじゃが、摺り足が癖になっておるわしは普段は鳴らずとも、腰痛時に庇っている方の足がピヨピヨ鳴るので、武士の身体のバランスのばろめーたーとしても、大活躍してくれるのじゃよ。

 

さぁ!

全世界初の上映「夕張国際ファンタスティック映画祭」に向けて

すでにワールドワイドな活躍の仮面女子と力を合わせ、世界に羽ばたくのじゃぁぁぁ!!

 

水戸黄門~ゼェェェェット!!!!

画像クリックで公式サイトへジャンプじゃ!

画像クリックで公式サイトへジャンプじゃ!

 

 

◆ 後藤勝兵衛次々 プロフィール
後藤氏プロフ画像

普段は【劇団歴史新大陸】で局長・後藤勝徳として活動。生まれる時代をうっかり450年程間違えた役者でもあり、演出家でもある。
日本の誇りある歴史、文化、伝統芸能などを国内の若者、ひいては世界に発信し、その素晴らしさを広める為の場として、劇団活動を活発に行っている。

自称日本一の尊王俳優(あるいは日本一の快男児)。

劇団歴史新大陸HP  http://rekishin.com/

フェイスブック https://www.facebook.com/Katsunori.Goto.0113

 

スポンサーリンク

編集部注※戦国武将・後藤又兵衛さんのご子孫でもある

後藤又兵衛/Wikipediaより引用

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-後藤勝兵衛次々ここにあり

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.