日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

後藤勝兵衛次々ここにあり

歴史新大陸的「歴史エンターテイメント」の作り方!【後藤勝兵衛次々ここにあり vol.27】

更新日:

 

皆々様、ご機嫌麗しゅう。

後藤勝兵衛次々で御座る。

 

先週お知らせ致した通り

今週はゆうばりに居るはずで御座ったが

水戸のご老公より江戸居留守役を仰せつかって御座るによって

二日酔いのお江戸日本晴れで御座る。

【水戸黄門Z上映情報】

画像クリックで公式サイトへジャンプじゃ!

 

 

さて、来月からいよいよ

それがしの劇団歴史新大陸の第九回本公演「新撰組哀歌‐約束の懐中時計‐」の

稽古が始まるので御座るが、そのレポートなんぞもちょくちょく始めて参ろうと存ずる。

 

まず、皆さまに於かれましては

物語ってそもそもどうやって作るの?

と漠然となされているかと存ずるが

この度は劇団歴史新大陸的歴史エンタメの作り方(物語編)を

ご披露致そうと存ずる。

※あくまで歴史新大陸独自のものなので、一例としてお考えくだされ。

では!

 

其の一 「歴史上に実際に起こった出来事(設定)を描く!」

これぞ、歴史新大陸の真骨頂!とも言うべきもので御座るが、あくまでファンタジーでは無く、歴史エンタメとして歴史上に実際にあった出来事を主軸にして描くので御座る。

これは縛りと言うものではなく、寧ろここにこそ、明確なる劇団の進むべき道が示されて御座る。

後藤勝兵衛次々20150223-1

 

 

其の二 「やりたい内容(やるべき内容)はインスピレーション!」

こちらは、むしろやりたい事が多すぎて劇団が一つじゃ足りないよ!と言うほど、日本の歴史にはたくさんの題材が存在するので御座るが、何をやるかはその時にひらめいたもの!としか言いようがないのもまた事実w

が、そこはやはりこのご時世に社会のお役に立てるような何か大切なことをお伝えできるのかどうか、そこに判断基準があったりするので御座る。

単なるオリジナルのコメディやファンタジーなら

それこそ世の中に腐るほど存在するので御座るが

やはり先人たちの歩まれた軌跡を、物語としてこの平成の世に再び顕在させるのは

身の引き締まる思いがするもので御座るよ。

後藤勝兵衛次々20150223-2

 

 

其の三 「歴史の流れを変えない!」

歴史にIFは無いと言う事で御座るが

寧ろ先人たちの歩みに敬意を表しているからこそ

その功績を広く世にお伝えしたい、かつその結果を充分尊重したいので御座る。

たまに、演出意図で変える事も無きにしも非ずで御座るが

決して本筋の歴史の流れに手を加えるような事は無いので御座る。

後藤勝兵衛次々20150223-3

 

 

其の四 「あくまで、王道エンターテイメントにこだわる!」

お客様に楽しんでもらってなんぼ!ド派手に、笑いあり、涙あり、感情のジェットコースター!こんなに楽しんでチケット代が安い!と言っていただける時が一番の喜びです!

と言うわけで、歴新の芝居はいつも王道エンタメ!

後藤勝兵衛次々20150223-4

 

 

其の五 「エンタメのためのオリジナルな展開」

これは、その三を活かしつつも、エンターテイメントに徹するために

あっと驚く様な要素、登場人物、設定などを盛り込むので御座る。

それでいて、歴史が変わってしまわない様に綺麗に決着をつける!

その決着点にどうやってつなげるのかが、歴新のイケメン脚本家・天沢彰のプロの技なので御座るな!

後藤勝兵衛次々20150223-5

 

 

其の六 「オープニングは大事!」

これは、以前書いたかも知れませぬが

オープニングというのはクライマックスと同じくらい

重要なパートで御座って

オープニングでガッチリハートを掴めるかどうか!?と言うのは

かなり重要なので御座る!

なので、毎回オープニングは凝った演出をつけたり、ド派手にしたり

めちゃめちゃキメキメにかっこよくしたり、都度アイデアが必要なので御座るな。

後藤勝兵衛次々20150223-6

 

 

其の七 「主軸&主題をどこに(誰に)置くかはっきりさせる!」

当然と言えば当然で御座るが、じつはここが定まっていなかったり

ハッキリと伝わらなかったりするお芝居と言うのは意外と御座って

観終わったあとの「結局何が言いたかったんだろう…」

と言う最悪の感想はよく「芸術を追い求める系」にありがちなもので御座る。

伝えたい事、伝えたい思い、これはいつも明確になっているかどうか

反芻しながら作るので御座る。

後藤勝兵衛次々20150223-7

 

 

其の八 「必ずお墓参りに行く!」

物語で取り上げさせて頂く方々のお墓には必ず行く!

または関連する神社仏閣に必ずご挨拶に参る!

ま、これは言うまでもなく歴史エンタメを名乗るものとして当然の道理で御座る。

後藤勝兵衛次々20150223-8

 

 

其の九 「資料は小説と歴史的資料と分け隔てなく読む!」

まず、実際の歴史ではどう言うことだったのか

時系列で何が起こり、どの様な背景でその出来事が生まれたのか

を整理するとともに、今度は歴代のストーリーテラーたちは

どんな風にかっこよく物語を紡いだのかを見て

自分のいんすぴれーしょんを刺激するので御座るな。

ただ、それらを差し置いて誰も今まで描いたことが無いような物語が生まれるのは

歴新がいかに天才職人集団であるかとい(ry

後藤勝兵衛次々20150223-9

 

 

其の十 「今、この時代だからこそやるべき理由を見つめる!」

これは、歴史を紡ぐものとしての使命と申しますかな。

エンタメの持つ力という物は実はとても大きなもので御座ってな

正しい使い方をせねば誤った形で人に影響を与えてしまう物でもあるので御座る。

じゃによって、それがしはいつも「何をどう描けば正しく日本社会のお役に立てるのか。」

を目をそらさずに見つめるので御座る!

後藤勝兵衛次々20150223-10

 

と、行ったところが概要としては主なところで御座るが

この他にも書ききれないほどのポイントが御座りまする。

 

全てを話すと細かすぎるので、この様にざっと「ここは外さないぜ!」と言った

ポイントをお伝えするのみで御座る。

 

これぞ「歴新的物語十か条」で御座る!

 

さ、今回もどんな猛者が、歴新の歴史エンタメに力を発揮してくれるのであろうか

今から楽しみで仕方ない!

 

ではではまた!!

 

 

◆ 後藤勝兵衛次々 プロフィール
後藤氏プロフ画像

普段は【劇団歴史新大陸】で局長・後藤勝徳として活動。生まれる時代をうっかり450年程間違えた役者でもあり、演出家でもある。
日本の誇りある歴史、文化、伝統芸能などを国内の若者、ひいては世界に発信し、その素晴らしさを広める為の場として、劇団活動を活発に行っている。

自称日本一の尊王俳優(あるいは日本一の快男児)。

劇団歴史新大陸HP  http://rekishin.com/

フェイスブック https://www.facebook.com/Katsunori.Goto.0113

 

スポンサーリンク

編集部注※戦国武将・後藤又兵衛さんのご子孫でもある

後藤又兵衛/Wikipediaより引用

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-後藤勝兵衛次々ここにあり

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.