この歴史漫画が熱い!

漫画『山風短』はクセも強いが病み付きにもなる! 山田風太郎&せがわまさき

「どうしてこうなった……」

正統派の大河ファンや戦国マニアが絶句しそうではあるけれど、実は奥深いテーマで人間を描く歴史作家・山田風太郎――。

彼の原作作品を、艶っぽくも物悲しく描かせたら右に出る者はいないのが漫画家せがわまさきです。

漫画『Y十M~柳生忍法帖~』で「十兵衛流#HeForShe」を学ぼうぞ!

続きを見る

その作風は地味なようで非常に中身が濃く、また読み手を選ぶクセの強さもあります。

が、独特な風味の食べ物がクセになるように、山田風太郎&せがわまさき作品も非常に魅力に富んでいて、戦国&歴史ファンの皆様にぜひともオススメしておきたい。

今回、注目するのは、巻ごとに話の異なる短編集『山風短(やまふうたん)』。

1~4巻まで順に解説して参りますので、ネタバレ注意のうえ読み進めてください。

(文中敬称略)

 

お好きな項目に飛べる目次

1巻『くノ一紅騎兵』

『山風短』1巻(→amazon

ときは出羽の関ヶ原前夜。ところは会津上杉家。

徳川家康との決戦を前にして『どうすれば豊臣側につく勢力が増えるかな……』と、どこかの策士が悩んでいる。

「そうだ! 上杉家といえば男色だよね!」

男色につけこまれて西軍につく上杉景勝。

直江状】の背景にはボーイズラブがあった――。

いい加減にフザけるのをやめろっ! お前は何を言ってるんだ?

そう叱られるかもしれませんが、そういう話です。

上杉謙信と直江兼続のカップリングは有名で憧れられていて、上杉景勝もそのあたりを知っている。

もちろん、どういう美少年が好みか。把握済みです。

そういうカップリング妄想をしつつ「そのふさわしさ、美しさに心も痺れるようではないか」とか言い出す。

しかも、上杉家のカップリング事情を、とある一族が全部把握していたあたりも闇が深い。

関ヶ原西軍が全部BLで繋がっている――。

トンデモナイ世界がそこにはあります。しかし……。

荒唐無稽なようでも、著者が

原作・山田風太郎
漫画・せがわまさき

というゴールデンコンビなので、戦国モノとしてそつがありません。

ざっと一例を挙げていきましょう。

◆前田咄念斎(前田慶次)、千坂対馬守景親、上泉主水泰綱、岡野左内、車丹波守猛虎が出てくるぞ!

→上杉家ファンならおなじみ、出羽の関ヶ原を彩る面々が登場。前田慶次は『花の慶次』のように若返らせていないので、史実に近い造形と言えます。彼らは伊達政宗最上義光らと激闘を繰り広げた面々です! 山風なら彼らが活躍する『叛旗兵 妖説・直江兼続』もあります。

◆せがわまさき画のあの武将が!

→上杉謙信、真田昌幸真田幸村、まだ黒髪が残っている頃の徳川家康、結城秀康もチラリと出てくるぞ!

◆しかも元ネタがあるんですね……

→このとんでもないボーイズラブ、実は元ネタがあるんですね。読んで驚いてください。なにこの無駄に高度な設定は!

戦国時代好きならば、チェックしておきたい豪華な要素がある。

無茶苦茶をかましておきながら、悲しさと美しさという読後感も残る不思議。

タイトルの『くノ一紅騎兵』の意味がわかり、それをせがわまさきの絵で再現されると、謎の涙を誘われます。

日本が【男色・衆道】に寛容だった説は本当か?平安~江戸時代を振り返る

続きを見る

慶長出羽合戦(北の関ヶ原)で上杉・最上・伊達が激突! 戦術戦略【詳細編】

続きを見る

上杉家vs最上家に伊達家も参戦で激アツ! 慶長出羽合戦とは【入門編】

続きを見る

Theかぶきもの前田慶次は二人いた?だがそれがいい!

続きを見る

原作はちくま文庫『山田風太郎忍法帖短篇全集10 忍者六道銭』に収録されております。

 

2巻『剣鬼喇嘛仏』

『山風短』2巻(→amazon

麒麟がくる』視聴者が悶絶しそうなストーリーがこの2巻。

長谷川博己さん扮する明智光秀と、真島秀和さん扮する細川藤孝の孫が主人公をつとめております。

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友!しかし本能寺後は……

続きを見る

名は長岡与五郎興秋――。

父・細川忠興と、母・明智たま(細川ガラシャ)の間に生まれた次男でした。

興秋が、その血から受け継いでいたのは、父方の祖父と父譲りの剣術の才能と情熱、そして母方の祖父と母ゆずりの美貌と生真面目さでした。

とにかく剣術を極めたくて仕方がない!

あの宮本武蔵にだって勝つのだ!

大名の次男としてあってはならない情熱に燃えたぎる次男に手を焼いた父は、こう思います。

「そうだ、ここは忍法に頼ろう!」

おいおい、なんでも忍者で解決するんじゃないよ――そうツッコミたくなるでしょうが、さらに術の名前と中身を聞いたら頭がクラクラしてぶっ倒れてしまうかもしれません。

喇嘛仏(らまぶつ)、またの名を歓喜仏――。

要は男女が正面向いてくっついた仏像です。

よろしければ画像検索をしてみてください。

光秀と藤孝の孫が、女忍者を相手にして「リアル喇嘛仏」になる。そして、あろうことか男女が正面むいてくっついたまま「旅」に出るのです。

脳みそパンクするかもしれませんが、これがいい話でラブストーリーとして感動できてしまうのが凄い。

何を言ってるのか、って?
いや、嘘じゃないんだ!

武蔵を倒したい一心で剣術だけに生きてきた与五郎が、真実の愛にめざめ、己の愚かさを悔やむラスト。

そんな二人を救う若き千姫

こんなわけわからん話であるにもかかわらず、よい場面が怒涛のように描かれます。

そしてこれが、せがわまさきの魔法なのですが……本作は原作の結末をガラリと変えています。ほんの少しの要素を加えて、ものの見事に変えています。

改悪どころか、これでよかったとしみじみ思えるところが素晴らしい。

原作を漫画化し、さらに良くしたという奇跡のような作品です。

若き千姫が登場すること。『十 〜忍法魔界転生〜』に本作の人物がカメオ出演することも特徴です。

こんな無茶苦茶な設定なのに、感動的なのが驚異的。

あと、こんなとんでもない世界観において、読者のツッコミを体現する宮本武蔵がよい味を出しています。

あの武蔵が困り果てる顔が最高です。

細川忠興(藤孝の長男)は文武両道のキテレツ武将!? 83年の生涯まとめ

続きを見る

究極のヤンデレ・忠興は星4つ 愛する妻に何かあれば処分の嵐が吹き荒ぶ

続きを見る

漫画『Y十M~柳生忍法帖~』で「十兵衛流#HeForShe」を学ぼうぞ!

続きを見る

原作はちくま文庫『山田風太郎忍法帖短篇全集12 剣鬼喇嘛仏』に収録されております。

この表紙と漫画版の比較もまた一興。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-この歴史漫画が熱い!
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.