緋村剣心

『るろうに剣心―明治剣客浪漫譚― カラー版 1』/amazonより引用

この歴史漫画が熱い!

『るろうに剣心』主人公・緋村剣心が背負った「人斬りの業」にモヤモヤ

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
緋村剣心
をクリックお願いします。

 

逆刃刀の殺傷力

剣心の改心を示すシンボルが「逆刃刀」でしょう。

人を斬らない――とてもわかりやすい構図ですが、鉄製の棒で殴る時点で殺傷可能です。

というか歴史的に見ると、刃こぼれしない鈍器こそが実践的な武器でもありました。

代表例が中国の狼牙棒です。

むしろ打撲や骨折をもたらし、即死できないぶん、刀で斬られるより残虐かもしれません。

鉄の棒で思いっきり殴られ、死なない方がおかしいのでは?と思えますが、まぁそこは達人の手加減ということなのでしょう。

そこは踏まえましても、やはり剣心は危険です。

 

逆刃刀は撲殺兵器になりかねないうえに、そもそも廃刀令を無視しています。

しかも、です。

明治人にとって日本刀は、幕末惨劇のトラウマを誘発しかねないものであり、非常に「ダサいもの」という感覚でした。

「まだ武士の魂とか言ってんのかよ……」

そんな白い目で見られかねないものだったんですね。

“日本刀”は非常にシンボル的で、不兵士族反乱の引き金とされたりもするから、ある種のロマン漂う存在になっています。

しかし、そういう単純なことでもありませんでした。

廃刀令――明治の人々は嘆くどころか「まだ帯刀で消耗しているの?」

続きを見る

 

明治に人を活かす剣術を実践するには?

剣心とは、元人斬りでありながら明治を生きていられるだけで、かなり幸運な人物です。

ただし決定的に欠如しているものがあります。

思想です。

幕末という時代へ向かう中、日本に生きる人々は国家や政治への渇望を味わうこととなりました。

幕末の海外事情
誤解されがちな幕末の海外事情~江戸幕府の対策は十分にイケていた?

続きを見る

渡辺華山らの投獄。

蛮社の獄と渡辺崋山~ほぼ冤罪で自害させるには余りに惜しい人材だった

続きを見る

水戸から沸騰した国学。

藤田東湖
藤田東湖(青天を衝け 渡辺いっけい)史実はどんな人? 水戸藩を過激化?

続きを見る

尊王攘夷。

ナポレオンへの憧れ。

那波列翁伝初編
幕末ナポレオンブーム!『那波列翁伝初編』を耽読した西郷や松陰

続きを見る

そうした思想は、明治以降も続きます。

攘夷思想を捨てきれない人は、外国を見習う政府の方針に怒り。

戊辰戦争で苦労した東北地方の人々は、政府のやり方や県令に怒る。

剣心が生きている時代は、不兵士族、自由民権運動、ありとあらゆる思想が沸騰していました。

日本史上でも極めて政治的な熱気が高まっている状態です。

それが前述の通り、

「政治的思想を抜きたいから、幕末から明治で」

と編集部の方針で誘導した結果、おかしな点がいろいろと出てしまったのです。

少年漫画フォーマットとして読み解けばすんなりと納得できたのに、なまじ近現代史知識がつくと、どうにも引っかかる点が増えてしまう。

そういう宿命がある作品。

だからこそ、和月先生も再筆というリファインを繰り返し、メディア化でも変更されるのでしょう。

和月先生は、SNKや司馬遼太郎のみならず、アメコミもこよなく愛する作家として知られています。

アメコミは、第二次世界大戦のような史実を反映したキャラクターも多い。キャプテンアメリカが代表例で、日本人ヴィランには戦時中の日本兵のイメージが投影されました。

けれども、時代が変わればそんなヒーロー、ヒロイン、そしてヴィランは合わないからとデザインから設定まで変更されてきています。

『るろうに剣心』も、何度でもリファインされてよい作品に思えるのです。

「北海道編」への期待をこめつつ、今後もこの作品を考察していければと思います。

みんなが読んでる関連記事

『るろうに剣心』倭刀術を徹底考察! ルーツは倭寇の日本刀だった?

続きを見る

『るろうに剣心』雪代巴&雪代緑を徹底考察~間者やリベンジは妥当か?

続きを見る

『るろうに剣心』志々雄真実を考察!魅惑の悪役に漂う90年代ラスボス感

続きを見る

『るろうに剣心』の新選組が複雑だ 司馬遼太郎の影響強くてややこしや

続きを見る

『るろうに剣心』相楽左之助が我々の歴史観を変えた!快男児の快挙

続きを見る

『るろうに剣心』高荷恵~色っぽい大人の女設定は会津女性としてどう?

続きを見る

『るろうに剣心』に登場する斎藤一を考察「牙突」の元ネタは真サムか

続きを見る

るろうに剣心SNK問題
『るろうに剣心』オマージュとパクリの境界線にあるSNK問題とは?

続きを見る

『ジョジョの奇妙な冒険 第1~7部』の歴史背景から見る荒木飛呂彦の凄さよ

続きを見る

不平士族の反乱
不平士族の反乱まとめ(佐賀の乱・神風連の乱・秋月の乱・萩の乱・西南戦争)

続きを見る

明治時代って実は過酷「通俗道徳=自己責任論」が広まりノスタルジーは危険

続きを見る

文:小檜山青

【参考】
コミック『るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―カラー版』(→amazon
コミック『るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編―』(→amazon
映画『るろうに剣心』(→amazonプライム
映画『るろうに剣心 京都大火編』(→amazonプライム

TOPページへ

 



-この歴史漫画が熱い!
-