日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史で遊ぼう♪

安倍改造内閣に女王・卑弥呼が降臨とは?!【ネタ記事・御免】

更新日:

 

有村治子女性活躍大臣がかつて中絶を反対する市民団体での講演で、
「 国政の決断で迷いのある時など、一人で靖国神社にお詣りして、英霊にお尋ねする。国難の時に生命を捧げられた英霊が、「最後に守るべき価値観とは何か」をお教え下さるのだと思う。」と述べたとして、「卑弥呼かよ」などとネットでざわざわしています。(参考団体のHP)。

歴史ファン、とくに神社好きな人にとっては有村氏の選挙ポスターは、全国各地の神社で見ていると思いますので、おなじみですが、神道系の団体などの推薦候補として参議院比例代表に選出されています。 そういうバックグラウンドを知っていれば、この程度のことは言いそうだなとは思いますが、ここのところの朝日新聞の慰安婦と東電福島原発事故での吉田W誤報疑惑により左派のみなさんのストレスが爆発寸前です。かっこうの(叩ける)アイドルが出てきたというところでしょうか。

arimura-haruko-1

さて、どこらへんが卑弥呼なのかというと、 魏志倭人伝で、卑弥呼は

その國、本また男子を以て王となし、住まること七、八十年。倭國乱れ、相攻伐すること歴年、乃ち共に一女子を立てて王となす。名付けて卑弥呼という。鬼道に事(つか)え、能く衆を惑わす。年已に長大なるも、夫婿なく、男弟あり、佐けて國を治む。王となりしより以来、見るある者少なく、婢千人を以て自ら侍せしむ。ただ男子一人あり、飲食を給し、辞を伝え居処に出入す。

とあり、「鬼道につかえ」が先祖からの声を聞くシャーマンである=先祖である英霊の声を聞くと解釈されたからだとおもわれます。

国史大辞典によると、「鬼道」は、シベリア地方のシャーマニズムと通じるので卑弥呼はシャーマン系の巫女であるとしているのですが、現代のシベリアのシャーマンと弥生時代の卑弥呼が同じであるとする根拠はイマイチ分かりません笑

鬼道についてはやっぱりよくわかっておらず、例えば「鬼道をよくするにあたっては、鏡を使った可能性がある。鹿の骨の占いも使っただろうけれど、彼女自身が行ったかどうか。という次第で、残念ながら考古学的に彼女についていえることは無いに等しい」と考古学者の故・佐原真氏はおっしゃっていました(歴博ブックレット『魏志倭人伝の考古学』より)

 

たんに先祖の声を聞くだけでなく、大臣室に引きこもり、連絡はイケメン男子の秘書官を通じてのみ、という風に卑弥呼化が進んだらおもしろいなと思います。

スポンサーリンク

以上は個人の感想であり、武将ジャパンとしては、有村大臣におかれましては全国の神社の文化財修復なども推し進めてほしいなと期待しております。
編集部・T
関係ないけど上のツイートの近くに流れていたかっこいい歴史っぽい絵





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-歴史で遊ぼう♪

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.