日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

毎日クジの戦国IXA攻略ブログ

藤堂高虎さんはじめ銅銭スキル武将ならびに銅銭獲得方法について個人的に思うこと

更新日:

 

私の所属していた41-44鯖は、先日の刷新統合で33-48鯖へ一気に拡大。

ブログを読んでいただいているプレイヤーさんとの遭遇が増えまして、ちょいちょい陣・出城名でメッセージをいただき恐悦至極にございます。

戦国IXA攻略ブログ第二回合戦尼子防衛戦

「とても参考になる。あり」という嬉しいメッセージから(と言いつつ凸させていただきましたがw)

戦国IXA攻略ブログ空耳アワー

クジを引くときの私の空耳を気にかけてくださるお言葉まで、本当に嬉しい限りです!※もしも別の方へのメッセージだったらごめんなさい

そろそろ空耳の新作も考えねば><;

と、その前にブログをさっさと更新しろと怒られ気味ですので、先へ進ませていただきます。

 

物事はすべてバランス 極論言っても仕方ない

さて、本日は銅銭武将(というかスキル)につきまして。

以前からコメント欄に「どのようにお考えか?」というお言葉を幾度かいただき、それについてお答えさせていただきます。

この手の記事内容となりますと、「持ってない者の僻み乙」という定番のお叱りも頂戴しますが、それも併呑するカタチで進めさせていただきます。

 

まず、是非につきましては「YES」です。

特に、藤堂高虎さんや蒲生氏郷さんのような全員に銅銭が行き渡るものは相場の価格維持に役立ち、何より合戦が活性化するでしょう。

参加者が多ければ多いほど、このゲームは楽しくなるものですから、銅銭スキルがあってワイワイやれるのが理想だと思います。

また、それによって相場が適切に保たれていれば、課金者がカードを引く動機にもなりえましょう。

課金者おらずして営利目的のゲームは成立しません。

お金をかけた分、有利になる。そんな状況は当然のことと思います(ただし、無課金・微課金の方でも努力すれば報われるシステムも同時に必要でしょうが、これは後述いたします)。

 

要は、物事はすべてバランスが肝要ということで、その点については現状、かなり疑問もございます。

問題なのは、何と言っても以前当ブログでも取り上げさせていただいた【談合行為】でしょう。

事前に打ち合わせた上で戦場からかけ離れた遠方に陣を張り、藤堂合流で初級兵を大量に倒すことにより、10万、100万の銅銭が移動する――。

これ、どう考えたって異常です。

元々は、合戦の活性化や相場維持に導入されたハズのスキルが、このように使われることは運営さんも不本意……であると思いたいです。

同行為を律する公式発表があっても良いのではないでしょうか。

 

こういうと、中には「銅銭スキルを入手するのに要した努力があり、それをどう使おうが個人の自由じゃないか」という反論を寄せられる方もおりますが、それならそれで運営さんが公式に発表していただければ良いと思います。

「談合は自由! 以上!」

万が一、このような姿勢でしたら、多くのプレイヤーが離れていくのは明白でしょうし、私もさすがにヤメますw

バランスとはつまり極論ではなく、あくまで多くのプレイヤーと運営さんの良識に伴って調整・設定されるものだと思います。

それを「ルール上は問題ない! バレなきゃOK!」と主張するのは、もう反論する気もおきず、現状はもう淘汰されるのを待つしかありません。

何より問題なのは、運営さんがバランスをどう考えているか?ということに尽きるのではないでしょうか。

その公式見解が発表されれば、簡単に解決しそうなんすけどね。

あまり大きな問題と捉えていないのであれば、悲しきことではあります。

 

銅銭スキルについて、もう一つの問題は、「他の銅銭獲得方法が、あまりに非効率」という状況であることだと思います。

たしかに攻撃サイドで上位5つの盟主城を陥落させれば、それに伴って天下の片鱗や銅銭をいただけるようにはなりました。

が、藤堂合流とのバランスを考えたら、あまりに効率が違い過ぎます。

現状、盟主城を倒すということ自体に面白味があり、そこに報酬が発生するというシステム自体は好意的に受け入れられている気はしますが、スキルから得られる報酬と比べたら段違いでしょう。

 

敵を倒したら、それに伴って銅銭が貰える。

そんなシステムがあればよいのになぁと激しく思います。

たとえば夜に2~3時間しか参戦できない会社員さんがいるとします。

帰宅途中にスマホから、家に帰ってPCに向かい、ポチポチと合戦に参加して、

「やったー! 銅銭が8,000も稼げた! これで大好きな政宗さんを強くしよう♪」

という、超シンプルなことが、現状のシステムではままなりません。

努力は正当に報われず、藤堂合流に乗れるか否かという一点だけが重視され、非常にバランスを欠いた展開になる恐れがございます。

こう言うと、「藤堂持ちの同盟に参加すればいいこと、ハイ終わり」という定番の反論を頂戴しますが、それも極論の域を出ないでしょう。

仮に運営さんが「当ゲームは銅銭スキルを持ったプレイヤーが有利にできており、もし入手したいなら課金クジを回すか、藤堂持ちの同盟に参加して、なんとか稼いでください」なんて言ったら、引退者続出なのは明白ではありませんか?

『いっそのこと、そう言ってくれたらキッパリ辞められるのに』と考えている方もおりそうで、正直、恐ろしいです。

私はこのゲームが大好きなので、本当に長く続くことを欲しているからです。

 

また、石川五右衛門さんと岡左内さんにつきまして、しょっちゅう聞かれるのが「他の同盟員さんに気兼ねして使いにくい^^;」というお言葉です。

これが勿体無い。

そもそもこういう意見を取り上げることが、気兼ねなく使うことを邪魔している――とのご指摘も受けますが、実際に言われてしまうんですから仕方ない。

本当は、私も入手して、ブログで「今回はこんだけ稼げました」という報告をしたかったのです。

そうして銅銭スキルの現状が広く知れ渡ることになって、他のプレイヤーさんから声が上がれば、運営さんも【スキル以外にも合戦できちんと銅銭を稼げるシステムを導入】せざるを得なくなるのでは?と考えておりました。

が、実際は入手できませんでした、ごめんなさいw

 

ともかく私は、合戦によって銅銭が得られ、しかも戦いが活性化するシステムについては大いに賛成です。ゲームが楽しくなります。

しかし、その入手手段が銅銭スキルに偏重しているということが問題だと思うワケです。

ですから銅銭スキルを否定する気は毛頭ありません。談合でなければ、大いにやりあって欲しいです。

日々のリアルの仕事だって、誰も無給では働きませんよね。

IXAの合戦で大事に育てた武将と兵士を送るという設定であれば、当然ながら何か成果を得に行くということであり、それが銅銭だとしたらなぜスキルに限定されねばならないのでしょうか。

敵を倒したら貰える。そんな仕組みがあってもいいじゃないの(´・ω・`)

実際の戦国時代も、多数を占めた下級兵は国取りなんかにゃ興味はなく、乱取りに夢中だったと言います。そして、十分に敵国から報酬を得たら戦場を勝手に離れて帰国し、そして大事な城を取れなかった――なんて史料も残っているほどです。

さすがに、IXAでこのような行為に走ったら顰蹙を買うかもしれませんが、現状のシステムは、あまりに根本的な欲求に応えていない気がするのです。

 

仮に、システム改変があって、銅銭の流通手段・量が増えた場合、課金クジの売上が下がる――というデメリットも当然あると思います。

そこは、金銀クジ限定の武将を増やせばよいのではないでしょうか?

一定の枚数、変わったスキルの武将などが散りばめられていたら、ゲーム経営に必要な利益は十分にあげられる気がします。

たしかにそれに該当する武将として現在は覇武将が用意されておりますが、これではあまりに出現率が悪く、本気で引きにいって実際に引ける方はごく一部でしょう。

常に課金クジを引く動機にはなりえてない気がします。

私も半ば御屋形様を諦めております(´・ω・`)

 

すみません、文字ばかりで少々疲れました。

ここらあたりで、今期、私が貯めてきた売却用素材を公開しておきましょう。

戦国IXA攻略ブログ売却用素材

戦国IXA攻略ブログ売却用素材2

戦国IXA攻略ブログ売却用素材3

戦国IXA攻略ブログ売却用素材4

戦国IXA攻略ブログ売却用素材5

これ以外に手元にあるのは、ダブリ天様と速度極のダブリ数枚。

33-48鯖で合戦が進み、市場に銅銭が出回ってきたら放出して、銅銭を作る予定です。

目的は、もう言うまでもないでしょう。藤堂さんです♪

現在、市場には5枚ほどの藤堂さんが出品されておりますが、万が一、入手することができたら、合戦毎に報告したいところです。

その後、運営さんが他に銅銭獲得システムを導入されても一切後悔はござーせん。むしろそれが望ましいっす。

 

あらためて私が言いたいことを3つまとめておきます。

①銅銭スキルはアリでしょう(五右衛門・岡含む)
②しかしソレ以外の銅銭入手方法が少なすぎです
③銅銭入手方法を導入して売上が下がるなら、課金クジ限定武将を増やしたらどうすか?
④STAP細胞はありまーす♪

反論は謹んでお受けいたしますm(_ _)m

 

 

てなわけで今回は金クジ1枚・戦クジ2枚をご報告いたします。

BGMはNirvanaの『Smells Like Teen Spirit』私の空耳で!

ミュージック、スタート!( ^ω^)

 

ドバーン……

ドバーン……

ドバーン……

ドバーン……

 

続きは次ページへ

 

 

スポンサーリンク

スキルLV10にするまでに必要な経験値は?

スキル強化表2

 

スポンサーリンク

影討伐に超便利♪ 砦中心からの時間が一目瞭然なやつ

戦国IXA攻略ブログ影討伐の時間早見表1赤備え&電光付き比較

戦国IXA攻略ブログ影討伐の時間早見表騎馬鉄砲電光比較付き

 

 

S1合わせ主要な組み合わせ2パターン

スロット1【◯◯襲撃】←スロット2【◯◯進撃&◯◯堅守】
スロット1【◯◯堅守】←スロット2【◯◯備え&◯◯襲撃】

※【槍隊◯◯】だけで狙うのが結局は得だと思います

 

捨てスキルの生贄武将が一目でわかる♪

◆槍隊進撃・槍隊堅守・槍隊備え・槍隊襲撃
戦国IXA攻略ブログ捨てスキル早見表槍20160304

◆弓隊進撃・弓隊堅守・弓隊備え・弓隊襲撃
戦国IXA攻略ブログ捨てスキル早見表弓20160304

◆騎馬隊進撃・騎馬隊堅守・騎馬隊備え・騎馬隊襲撃
戦国IXA攻略ブログ捨てスキル早見表馬20160304

スポンサーリンク

「早見表、意外と使えんじゃん」と思われましたら、下記のブログランキングボタンをポチッとよろしくお願いします(*´Д`)

戦国IXA・攻略ブログ


戦国IXA(イクサ) ブログランキングへ

 

 

 

次のページへ >





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-毎日クジの戦国IXA攻略ブログ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.