歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

実は財政赤字でカツカツだった薩摩藩!? 武士も農民も生活苦だった事情とは

投稿日:

山海の珍味をたらふく食べ、脇には綺麗どころを侍らせる――。
江戸時代の殿様といえば、いかにもノンキでお金持ちなイメージかもしれません。

しかし、こんな贅沢バカ殿はテレビだけの世界。

江戸時代の特に中期以降、全国で江戸300藩(実際には変動している)と言われてましたが、参勤交代でかさばる経費や、貨幣経済の浸透、飢饉による収入の減少などにより、どの藩でもお財布事情は厳しくなっておりました。

そんな中でも、特に東のキングボンビー代表が米沢藩です。

【米沢藩の関連記事】
地獄の大減封を食らった米沢藩 二代目藩主・上杉定勝から八代目・重定までの過酷を振り返る
江戸の改革王・上杉鷹山に学ぶ 巨額の財政赤字を立て直す渾身の経営術

米沢藩についてはご存知の方も多いでしょう。
関が原の戦いで敗れた上杉家が、かろうじて改易(取り潰し)を免れながら大減封に処され、苦しくなったというものです。

では西は?
と言うと、これが意外かもしれませんが、ただいまドラマ『西郷どん』で湧く薩摩藩なのです。

「米沢藩はわかるけど、なぜ薩摩が? 全国二位の大大名でしょ!」
この疑問、ごもっともでありましょう。

なぜ薩摩が貧乏だったのか? 振り返ってみたいと思います。

 

薩摩藩と米沢藩の共通点「武士が多すぎ」

まず米沢藩の困窮について振り返ってみますと、構造的な問題に突き当たります。

関ヶ原の敗北により大減封されたのに、藩士の数を据え置きにした。
つまり武士の数が多すぎたました。

実はこれ、薩摩藩にもあてはまるのです。

薩摩藩領内の人口のうち、25パーセント、つまり4人に1人が武士(琉球国はのぞく)であり、それだけ農業生産性が低かった。
全国平均で見ますと、各藩の武士比率は5~6%ですから、薩摩が飛び抜けて高いことがわかりましょう。

藩士の禄を確保するだけで、財政が圧迫される状態なのです。

ゆえに下級武士も畑を耕したり、農民のような生活をしたりしなければ、生きていけないワケで。

ドラマ『西郷どん』では、農民や下級武士が苦しいのは
島津斉興調所広郷の悪政のせいだ!島津斉彬様なら劇的に改善してくれるに違いない!」
と、西郷隆盛が訴えておりましたが、そもそも最初から厳しい話なのです。

こんなこと、史実の西郷隆盛がわからないハズもなく、少々ミスリードな場面だったかなぁと思います。

 

スポンサーリンク

72万石の大大名実質は36万石だと!?

薩摩藩の石高は、72万石とも77万石ともいわれておりました。
加賀百万石の金沢藩102万石に次ぐ大藩です。

しかし、これにはトリックがあります。

他藩が米高(玄米にした状態)で計算しているのに対して、薩摩藩は籾高(籾のついた状態)で算出しているのです。

他藩と同じ米高で計算すると、実質は36万石程度に激減。
長州藩、佐賀藩と同程度になります。

しかも、薩摩の領内は、火山灰土壌で稲作に適していません。
火山噴火、台風、土砂崩れといった災害も発生しやすく、農業生産性はかなり貧弱なのです。

にもかかわらず、前述の通り、武士が多く、石高の大半が藩士の禄として消えてしまうんですね。
これはかなりキツい。

藩の実質的な収入となる蔵入高は13万石程度。もはや運営するだけで赤字が嵩むという破綻企業と同じ状態でした。

 

それでも格式は全国第二位の大大名なわけで

現代人ならば、身の丈に合った生活レベルに落とすという倹約方法があります。
しかし、大名がそうするわけにはいきません。

「金がかかるので、大名行列を質素にします」
というようなことは言えないわけです。

参勤交代(園部藩・南丹市文化博物館蔵)/wikipediaより引用

ばかりか、太平の世が続くと、だんだんと生活も華美なものへと変貌を遂げます。
時代がくだるほどに、大大名にふさわしい装い、贈答品といった生活費用もかかるようになり……ますます財政は逼迫。

享保14年(1729年)には、徳川吉宗の養女・竹姫(浄岸院)と、第22代島津家当主・継豊の縁談が持ち上がります。
島津家としては莫大な輿入れ費用のこともあり、尻込みするのですが、相手は大奥をも味方に付けていまして、断りきれません。

これ以来、島津家と将軍家には婚姻関係が生まれました。
非常に名誉なことではありますが、相手が将軍家ともなれば毎回莫大な費用が嵩むわけです。

名誉や格式とは、金銭面からするとありがたくない一面もあるのでした。

 

スポンサーリンク

度重なる大火も追い打ちをかけた

さらに火災も赤字を悪化させます。

度重なる江戸の火災で、藩邸が焼け落ち復興費用がかかります。鹿児島城下でも、大火が発生しました。

江戸の大火
明暦の大火(1657年)
・元禄の大火(1688年−1704年)

明暦の大火を描いた戸火事図巻/wikipediaより引用

鹿児島の大火
・延宝8年(1680年)
・元禄9年(1696年)鹿児島城本丸焼失
・元禄10年(1697年)
・元禄12年(1699年)
・元禄16年(1703年)

ほぼ毎年大火災が発生しているのではないか――という状況に加えて、薩摩では台風およびその影響による水害、土砂災害も発生するわけです。

明暦の大火では、他藩が藩邸を再建していく中、薩摩藩は着工すらできなかったそうです。
辛い、辛すぎる……。

もちろん、薩摩藩も手をこまねいていたわけではありません。様々な財政再建策を行いました。

しかし……。

・海外貿易→鎖国で打撃を受ける
・琉球との進貢貿易→幕府の長崎貿易が成立すると、制約を受ける
・寛永17年(1640年)山ヶ野山に大金山発見!→万治2年(1659年)がピークに減少、財政には貢献できず……

このように、いずれも財政を好転させるまでは繋がらない。

 

悪夢の「宝暦治水事件」

まさに踏んだり蹴ったり状態の薩摩藩。
しかし、幕府はそんなこと知ったこっちゃありません。

「大大名の島津家ならば、御手伝普請をバッチリとしてもらわねばなりませんなあ」
と常にプレッシャーもかけられます。

「御手伝普請」とは、幕府のすべき工事を他藩に任せることです。
江戸城、大坂城といった城普請をはじめ、江戸時代は様々な土木工事が諸藩に命じられました。参勤交代とセットで、大名の力を削ぐ手段としても利用されていたのです。

そんな中でも最大にして最悪のものであったのが、宝暦3年(1753年)に着工した「木曽川治水工事」です。

木曽三川で起きた悲しき「宝暦治水事件」 そして薩摩義士と家老の平田靱負(ゆきえ)は腹を切った

詳細は記事に譲りますが宝暦治水事件の要点をつまんで説明しますと……。

・工事そのものに無理がある
・憤激のあまり切腹者も出る
・責任者である家老の平田靱負は切腹
・しかも工事費用はなんと40万両

と、めちゃくちゃです。
しかも家老の切腹にとどまらず、参勤交代の折、視察に立ち寄った藩主・島津重年もストレスがたまったのか、27才の若さで病死。藩の財政に大きな影響を与えます。

蘭癖(西洋文化オタク)で知られる島津重豪が跡を継いだのでした。

 

スポンサーリンク

重豪の代で極まる借金地獄

重豪の生育過程において影響を与えたのは、前述の島津継豊の継室となった竹姫でした。

公家の姫君として京都で生まれ、将軍の養女として江戸で育った竹姫。
そんな彼女の影響を受けた重豪は贅沢を好むように。

重豪は贅沢趣味の殿様というだけではありません。
将軍家との縁談を進めることで存在感を増し、藩政改革にも取り組みました。

そして島津家の存在感が大きく増すと同時に、問題は膨らんでいきました。

借金です。
総額で500万両。
現代への金額換算は難しいながら5000億円とも言われるほどにデカいものです。

ぶっちゃけ、こんな借金を抱えたままで薩摩が幕末の雄藩として活躍できるワケがない。
にもかかわらず、現実的には先頭切ってリードした。
借金は一体どうしたの?

と、それを改革し、薩摩に希望の光を灯したのは調所広郷(ずしょひろさと)です。

ドラマ『西郷どん』では竜雷太さんが演じ、幕府の阿部正弘(藤木直人さん)と島津斉彬(渡辺謙さん)に詰められて、服毒自殺をした人物ですね。

史実における彼の話は以下の記事に譲らせていただくとして……。

調所広郷がいたからこそ薩摩も西郷隆盛も躍進できた! しかし一族は不遇の目に遭い一家離散

確かに調所のやり方はかなり強引な手法で賛否両論ありますが、ほとんど自己破産でアウトだった藩財政を立て直したのは彼の偉業であります。

※ただし彼の一族は迫害され、哀れな生き様を強いられます……

ここで最初に戻りますと……大河ドラマ『西郷どん』では、主人公の西郷隆盛が重税に対して憤りを見せていました。
悪いのは島津斉興でも由羅でも調所広郷でもなく、実は藩が成立した頃から続く、苦難の歩みだったのです(もちろん島津重豪の影響もあります)。

そのことを想像してみると、ドラマもまた違った見方ができるかもしれません。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】

 



-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.