歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

鶏飯

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

奄美大島での西郷隆盛はどんな食生活だった?西郷どんにも登場している!?

投稿日:

西郷隆盛の出身地である薩摩は、日本でありながら独特の食文化が発達していました。

例えば、戦国時代から「歩く野菜」と呼ばれ、好まれていた豚肉。
安価であり、西郷のような下級藩士であっても、頻繁に食べられる食材でした。

幕末の日本では珍しい肉食文化が広まっていたせいか。
西郷はじめ薩摩の藩士たちは体格がよくなり、大柄な人物が多かったとされています。

薩英戦争の後、イギリス大使ハリー・パークスらが薩摩を訪れた際には、豪華な西洋風肉料理が提供され、彼らを多いに喜ばせています。

藩主の食膳には、中国や遠く東南アジアからの食材も並んだほど。
肉、海産物、サツマイモ、甘い味付け……故郷の味は、西郷らに活力を与えました。

そんな薩摩本土と、異なる食文化を持っていたのが、西郷の流刑地となった奄美大島です。

本稿では、奄美大島で西郷がどんな食物を食べたのか?
その一部を紹介させていただきます。

 

生命線はサツマイモやソテツ(蘇鉄)

薩摩藩本土の鹿児島は、火山灰の影響で稲作が向いていない土地が多く、反面、サツマイモ(現地ではカライモ)の栽培が盛んでした。

それは奄美大島も同様。
サツマイモが主食としての生命線でした。

サツマイモというと、ふかしたり茹でたりする食べ方が現在では一般的です。

奄美大島には、「ネンヤノ(ネンキヤナまだはダゴ)」という調理法がありました。
砂で揉み、よく洗って蒸し、生煮えのうちにすりこぎで崩してお椀によそって食べるのです。

もうひとつの生命線が、ソテツ(蘇鉄)です。

意外かもしれませんし、実際、食用にするにはなかなか難しい植物です。
発がん性があり、しかも有毒である、サイカシンという物質を含んでいます。

幕末に行われていた、無毒化してデンプンを取り出す過程は以下の手順でした。

1. 薄切りにする
2. 数日間乾燥させる
3. 数日間水につける
4. 再度乾燥させる
5. 俵に入れて発酵させる
6. 水洗いする
7. 臼でひいて粉にする

この過程がおざなりにされると、中毒になってしまうのですから、これはもう大変です。
手抜きは一切許されません。

こうしてできた粉は、焼酎の材料、お菓子の材料、味噌に入れるといった用途がありました。
ソテツやユリからとったデンプンを溶かして、間食にすることもあったそうです。

まさにソテツは島民の生命線です。

ただ、選べるのであれば有毒植物を好んで食べるはずもないわけでして。
もともとソテツは救荒食物(飢饉や災害といった非常時に利用される代用食物)でした

奄美大島の耕作地は大半がサトウキビ栽培に用いられるようになったため、本来食用に向かないソテツを食べねばならないほど、島民の生活は厳しい状況に置かれていたのです。

また、ソテツは食べる以外にも使えました。
葉を屋根や壁の材料にしたり、肥料や燃料にしたり、様々なかたちで利用したのです。

奄美大島で作られる蘇鉄味噌/photo by Hhaithait wikipediaより引用

島ではわずかながら稲作も行われていました。
が、白米が一般的な島民の口に入ることはあまりありません。かなりの貴重品です。

ドラマ『西郷どん』で主人公の西郷隆盛が島民に白米の握り飯を配って、村の長老から「やめてくれ」と頼まれていたのには、こういう背景があったのですね。

他の野菜については、幕末の奄美大島では以下の品目が食べられていました。

麦(貴重品)
島瓜(島キュウリとも参考
ラッキョウ
カブ
カボチャ
ニンニク
キノコ類
海藻類(アオサ、モズク等)
などなど

 

スポンサーリンク

様々な肉と魚

日本では見られない肉食文化が薩摩にありましたが、奄美大島もそうでした。

というより薩摩以上に多種多様。
幕末当時、奄美大島では以下の肉や魚が食されていました。

豚肉
猪肉
鶏肉と鶏卵
山羊


ウサギ
海亀
ワニ
カタツムリ
サワラ
ヒユ(シイラ)
シュク(アイゴ)
貝類
ウナギ

ヤギの肉は、体をあたためるため、婦人病や冷え性の人に特に効果的とされました。
スタミナがつく食材として、現在でも人気があるそうです。

カタツムリまで食べたのか?とはチョット驚かれるかもしれません。

が、その食習慣は、他国にもありますよね。
フランス料理のエスカルゴは有名ですし、イベリア半島、東南アジアでも食されているようです。

カタツムリは作物を食べてしまうため、食用にして駆除するのは理にかなっています。

 

嗜好品・お菓子

奄美大島では、茶や酒、菓子といった嗜好品も当然のことながらありました。

島にもお茶の木はあったようですが生産量が少なく、交易で茶葉を得ていたようです。
この交換レートはあまり公正と言えず、西郷はのちに、その是正を提案しています。

酒は前述の通り、ソテツ焼酎がありました。
現在は奄美大島といえば黒糖焼酎が主流で、姿を消しているようですが。

奄美地方のソウルドリンクに「ミキ」というものがあります。
神酒や造酒が語源で、製造方法は以下の通り。

1. 米を粉にして、練る
2. サツマイモと砂糖を加える
3. 発酵させて完成

味は甘酒に似ているとか。
特に夏場は、疲労回復に効くスタミナドリンクとして人気があるそうです(参考)。

ちなみに幕末は、塩で丁寧に歯を磨いた乙女が、米を噛んで作っていたそうです。
映画『君の名は。』に出てきたいわゆる「口噛み酒」ですね。

菓子類は特産品で黒糖、命綱ともいえたソテツを用いたもの等がありました。
小豆を用いた餡子菓子等は、悪くなりやすいためあまり食べられなかったようです。

型菓子(米を炒った粉と黒糖を混ぜて水を加えて練り、型に入れて焼いたもの)
煎粉餅(米を炒った粉と黒糖を混ぜて水を加えて練り、成形したもの)
船焼き(はったい粉と黒糖を混ぜて生地をつくったクレープ状の菓子)
シイ(椎)の実入り蒸し餅
一口香(小麦粉・水飴・水・黒糖等を混ぜ、原料にした焼き菓子。焼き上げると中が空っぽになる)
ぼうろ(丸ぼうろ、花ぼうろ)
葛の菓子(葛きり、葛ねり、葛そうめん)
ヒキャゲ(鹿児島・宮崎のねったぼ、サツマイモの餅と同じもの)

九州本土と共通のものもありますね。

 

スポンサーリンク

奄美名物といえば何といっても「鶏飯」です!

奄美名物の料理といえば、なんといっても「鶏飯」でしょう!

元々は薩摩藩の役人を接待するための、豪華な料理として考案されたものです。
西郷が口にした可能性も高いでしょう。

現在のレシピは、米飯に鶏のだし汁をひたひたになるまでかけ、裂いた鶏肉、錦糸卵、シイタケ、パパイヤの漬け物や沢庵を載せた豪華なお料理です。
奄美大島に来たら絶対に食べてみたいメニューですね。

鶏飯

江戸時代以前の古いレシピでは、鶏肉からとっただし汁で飯を炊いていたようです。

この作り方は、九州の「かしわめし」にも似ていますが、中国語圏から東南アジアの料理「海南鶏飯」(カオマンガイ、シンガポールチキンライス等とも)とも共通しています。
外国からの影響もあったのもしれません。

炊き込みご飯とは違い、だし汁をかけて食べることがポイント。

奄美大島のみならず、鹿児島県を代表する味として、現在では大人気なのだとか。一度は食べてみたいものですね。

厳しい島の歴史や、環境が反映された奄美大島の食文化。
西郷も、愛加那の作る豚骨料理を喜んで食べていたそうです。

流刑は辛いことですが、愛妻の料理で西郷も元気が出たのかな、なんて想像してしまいますね。
『西郷どん』ではどんな料理が出てくるのか、今から楽しみです。




スポンサーリンク


文:小檜山青

【参考文献】
増補改訂版 かごしま検定―鹿児島観光・文化検定 公式テキストブック―
名越左源太の見た 幕末奄美の食と菓子』今村規子

 



-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.