歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

岩倉使節団の頃の木戸孝允(左)。ほかは左から山口尚芳、岩倉具視、伊藤博文、大久保利通)/wikipediaより引用

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

岩倉使節団はトホホでお粗末~だから明治六年政変の西郷下野につながった?

投稿日:

笑福亭鶴瓶さんが演じ、大河ドラマ『西郷どん』で注目の岩倉具視
維新の立役者という人物評だけではなく、明治新政府の中枢が参加した彼の使節団も有名ですよね。

ご存知「岩倉使節団」。

岩倉のほかに大久保利通木戸孝允といった新政府の要人が欧米諸国を見聞するというもので、概要はざっと以下の通りです。

・総勢107名
・1年10ヶ月(1871年12月~1873年9月)
・欧米12カ国(米・英・仏・ベルギー・蘭・独・露・デンマーク・スウェーデン・伊・オーストリア・スイス)

【著名なメンバー】
・木戸孝允
・大久保利通
伊藤博文
村田新八
・由利公正
・武者小路実世(武者小路実篤の父)
・中江兆民
津田梅子
・山川捨松
・牧野伸顕(大久保利通の息子)

滞在期間もハンパじゃなければ、参加メンバーも名だたる人たちばかり。

彼らの見聞が文明開化に大きな影響を与えたのは言うまでもありませんが、その一方で実はこの使節団、かなりトホホな現実もありました。

ザッと挙げてみますと……。

・いくら何でも期間が長すぎた(国政停滞)
・やるはずがなかった条約改正のようなことに手を出し、アメリカからその手続きのために一時帰国する羽目に陥る
・銀行詐欺に騙され、大金をだまし取られる
西南戦争はじめ、政権を揺るがす事件に繋がった側面を持つ
・「西洋を真似したらいいってもんじゃねえだろ」派が反発
・同行していた女子留学生、結局、政府からフォローされず、後に詰みそうになる

とまぁ、当時から、
「政権中枢まで海外でお使いとか非常識でしょ」
と散々叩かれておりました。

今回は、そんなトホホな部分にスポットを当ててみましょう。

 

「アラビア馬」調子に乗る

明治維新政府は一枚岩ではない――。
幕末ファンにとっては当たり前なことですが、一般的にはあまり知られていません。

ただ、ちょっと考えればわかると思います。

主力になった薩長土肥は、風土が異なりゃ育ちも違う。
さらにここに異界の公卿(貴族)も含まれるのですから、出身階級でもバラバラなわけです。

それでも大きく分ければ次のような2通りになりました。

「東洋型道徳心(儒教精神等)」と「西洋の文明や技術」を組み合わせるべきだよ派(西郷隆盛・大久保利通たち)
東洋的な道徳とか別にいらんから、西洋を真似すればいいんだよ派(大隈重信・井上馨たち)

岩倉使節団のメンバーでも
「西洋式に従うなんてやってられん」
と、西洋流マナーを無視して、船内で食事をわしづかみにする人もいたというぐらいです。

さて、この両者ですが、生活様式も異なりました。

前者が質素な生活を心がけたのに対し、後者は調子に乗っていたといいますか。かなり贅沢をしていました。
こうした西洋を真似て贅沢三昧するイケイケの者は、「アラビア馬」と陰口を叩かれたほどです。

後の世の勝敗を書きますと、前者はだいたい非命に倒れ、志半ばで死去。
後者のルールが、明治の世を支配します。

だからこそ、西洋からは「日本ってただの猿真似だ」と馬鹿にされ、日本国内でも「軽薄だ」と批判され、アジア諸国からは「なんで東洋的な道徳捨てるの? ガッカリだよ」と突っ込まれることになるのです。

この「アラビア馬」勝利に、岩倉使節団が関わっていないこともありません。

一応、開明派の領袖は木戸孝允であり、彼ですら若手の「アラビア馬」官僚には危機感を抱いていたほどです。
実はこの使節団、リーダーこそ岩倉ですが、そもそもの発案は「アラビア馬」トップの大隈重信だったとか。

アカデミックドレスを着用した大隈重信/wikipediaより引用

西郷隆盛のように東洋的「尭舜の仁政」(中国古代の伝説的名君の統治)を目指す政治家から見ると、この使節団自体が胡散臭いことこの上ない存在。
ゆえに使節団の権限を縛って派遣したのですが、その気遣いすら後になって裏切られます。

そんな対立構造が、使節団の背景にありました。

 

スポンサーリンク

アメリカでトンボ返り!? ヘタすりゃ切腹だった?

問題を含んでいた使節団の歩みを見ていきましょう。

まずは、アメリカに上陸します。
やはりこの使節団、惜しいところはありまして、日本人と同じアジア系であるアメリカ先住民への扱いに、憤りを感じていたようです。

先にこの国に住んでいた人々を、武力で追いやり迫害するやり方に、憤りを感じた者もいたようです。

ただ、そのことを自国の先住民に発揮していません。
北海道や沖縄の人々は、原住民を一段下のものとみなす政策に苦しめられています。
どうやら使節団は「弱肉強食」ということを学んだようです。

そして熱烈歓迎を受けたワシントンで、やらかしてしまいます。

その背後にいたのが、駐米日本代表の森有礼(もり ありのり)と、駐日公使のデ・ロングでした。
優秀な森とはいえ、当時まだ26歳。
野心家のデ・ロングからすれば、若い日本人留学生など、掌で操れたことでしょう。

森有礼(1871年)/wikipediaより引用

一発当てて、中央政界にドカンと進出したい――そんなデ・ロングの考えた案が、今、アメリカまでやって来た岩倉使節団と条約改正をすることでした。

使節団も脇が甘いもので、
「大歓迎されたし、それもいいかも」
と思ってしまうのです。

しかし、それは大いなる間違い。
使節団は派遣前に「十二ヵ条の約定」を結んでいます。要するに、政府を無視して政治を動かしてはいけないという約束です。

これには困りました。
条約交渉ができないということで、一旦帰国する羽目に陥ったのです。

日本国内では、
「勝手なことをするな!」
「トンボ返りってありえんだろ!」
「また滞在が長引くんじゃねーか!」
と使節団への反発が強まります。
ついには岩倉と木戸が切腹するしかないところまできたとか。

これを聞いた外務卿の副島種臣言葉が、スゴイです。

「切腹の儀は、ご勝手になさるべし。あえてお進めもお留めもいたさず」

勝手に切腹すればエエやろ、進めないし止めないぜ……って、これが政府の見解かーい!

【流石にあの二人を切腹させたらいかんでしょ】
となり、政府からも助っ人が派遣されてはおりますが、岩倉も木戸も「アラビア馬のせいで最悪の事態に」と愚痴るほど追い詰められております。

副島種臣/wikipediaより引用

 

イギリスで大金紛失「世間に対してなんといわくら」

その後、一行は、アメリカからイギリスへ渡りました。
ここでも無駄に長引く部分があり、もっと計画的にできなかったのかとツッコミたくなります。

例えば、ヴィクトリア女王に面会しようにも、女王はスコットランドで休暇中で全然会えない。
って、彼ら王族がスコットランドで長いこと休暇を取るのは、英王室の慣習なんです。

このイギリス滞在中に大久保利通が、財務の大切さを痛感したというのも驚きです。

実は明治政府、廃藩置県くらいまでしかビジョンがなかったのです。
軍事や警察のように【武士好みの改革】は薩長も前のめりでしたが、財務については
「そんな商人みたいなことやってられるか!」
と言わんばかり。

福井藩出身の由利公正に任せきりのうえ、彼が失敗するとすぐクビにするという無責任ぶりでした。

やっとそれで財務に目覚めたのかーい!

しかも、金銭についてはもっと差し迫った危機が迫ります。

使節団が預金していたブールス銀行が破綻。
2万5千ドル、千両箱にすれば25箱が消えてしまったのです。

伊藤博文のように宵越しの金は持たない系の遊んでばかりの者は、被害なし。
生真面目に預金していた者ほど、被害甚大でした。

この事件、長州藩出身、高杉晋作の従弟にあたる南貞助が大きく絡んでいました。
日本人の西洋人との国際結婚第一号(のちに離婚)でも名を知られた人物です。

ロンドン留学後、ブールスという銀行マンに協力を要請されたのですが、その内容とは、
「きみの母国の使節団のお金、是非預からせてくれんか」
というものでした。

日本人留学生の南に頼まれ「欧米では現金を持ち歩きません」という言葉にコロッと騙されたのです。
しかも、このブールス、どうも怪しげな男で、はなかっら金を奪う気マンマンだったようで……。

日本国内は、薩長政府への怒りが滾るようになります。

薩長中心の使節団が、長州藩出身留学生の口車に騙され、大金をドブに捨て。
アメリカで条約にミソをつけられた話に続き、イギリスではこの始末。

しまいにはこんな強烈な狂歌が詠まれました。

【狂歌】条約は 結び損ない 金とられ 世間に対して なんといわくら

留守政府では、ただでさえ不平士族の鎮圧に頭を抱えているのに、使節団がこの調子ですからね。
後に明治政府と対立する西郷隆盛、江藤新平らの台頭や不満も、ジワジワと募っていくのでした。

このあと使節団は帰国どころか、ヨーロッパやアジアを歴訪。
帰国後の明治政府は、かなり大変な状況に追い込まれます。

確かに使節団は、実りはありました。
しかし、それだけではありません。

 

スポンサーリンク

西郷の征韓論、そして明治政府は

使節団の派遣期間は、明治4年11月12日(1871年12月23日)から明治6年(1873年9月13日)。
政府を揺るがす「明治六年政変」は、使節団の帰国直後に発生します。

実は、留守を守っていた西郷隆盛は、このころストレスで精神がかなり傷ついておりました。

西郷隆盛は英雄というより中間管理職的な?板挟みストレスに悩まされた後半生

迷走する使節団に、世論は激昂。
それを受け止めて、精神がガタガタでも、おかしくはありません。

この西郷が、板垣退助とともに練り上げたものが、「征韓論」でした。

征韓論を描いた錦絵/wikipediaより引用

帰国した使節団は、征韓論を却下。
派遣中は国家の大事を決めぬようにしていた「十二ヵ条の約定」を持ち出します。

確かに西郷の「征韓論」は、おかしなところがあります。
西郷が、朝鮮半島で死ぬことを覚悟していたとしか思えない点が、最大のものです。

自ら決意を示すことで道を切り開いていた西郷。朝鮮側に殺害されることで、攻め込む口実を探していたと思われても、仕方ない部分があります。

実は西郷は、使節団とは異なる危機感に焦っていました。
旧幕府が滅びたのは西洋に阿(おもね)り、東洋としての自覚や誇りを捨てたと信じていたのです。その西郷からすれば、使節団の派遣だけでなく、西洋にあまりに媚びる明治政府が、東洋の美徳を捨てようとしてるように見えたのです。

このまま西洋に阿るならば、国は滅びてしまう――そんな危機感が西郷を突き動かし、西南戦争での滅亡にまで駆り立てたのでしょう。

薩摩の二大英雄、西郷隆盛と大久保利通。
この二人は、使節団の派遣前から「アラビア馬」の台頭に危機感を抱いていました。

西郷は、彼らと別れ国に残りました。
一方で大久保は、アラビア馬が引っ張る使節団という馬車を制圧することで、国を動かす手綱を握ろうとしました。

【関連記事】西郷隆盛

西郷と同じ年には、長州の英傑であった木戸孝允も死去します。

【関連記事】木戸孝允

使節団という馬車に乗ることを選んだ大久保こそ正しかった――そんな結論が出たかのように思えますが、その大久保も、西郷の死の翌年(1878年)、暗殺者の凶刃に斃れます。

【関連記事】大久保利通

岩倉具視は、使節団のリーダーでありながら、西洋こそがよいとは流されませんでした。
刺客に襲われても斃れなかったほどの運もありました。

が、癌には勝てず、明治16年(1883年)に死去してしまいます。

【関連記事】岩倉具視(いわくらともみ)

東洋的な仁政と、西洋の技術を両立させる――「和魂洋才」の政治的な対立は、彼らの死後、キレイに失われたかのように思えます。
かつて西郷、大久保、木戸、岩倉らが目を光らせていた「アラビア馬」こそが、政府の中心となったのです。

結果、失ったものもあるかもしれません。

西洋に従うだけがやり方ではないという、反抗心。
先住民を武力で追いやったアメリカ政府への、軽蔑。

西洋文明に驚嘆しつつも、日本は別のやり方があるという意識は、明治が深まるにつれ失われたかのようで。

確かに明治政府は、西洋流を真似て、文明国になったとされています。
それでも、西郷隆盛や岩倉具視が目指したような、東洋の仁政と西洋の技術がかみ合った国がもし成立していたら? 日本史のみならず、世界史も変わっていたのではないかという思いも、どうしても生まれてしまいます。
岩倉使節団は、成功もしましたし、苦い失敗もし、未だにそんな問いかけを投げかける、そんな派遣であったのです。




スポンサーリンク


文:小檜山青

【参考文献】
岩倉使節団という冒険 (文春新書)』泉三郎
西郷隆盛:人を相手にせず、天を相手にせよ (ミネルヴァ日本評伝選)』家近良樹
国史大辞典

 



-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.